夫が定年退職したら? 夫原病や熟年離婚について 【夫婦問題お悩み相談室 #23】 | 大人のワタシを楽しむメディア
夫が定年退職したら? 夫原病や熟年離婚について 【夫婦問題お悩み相談室 #23】

夫が定年退職したら? 夫原病や熟年離婚について 【夫婦問題お悩み相談室 #23】

人生50年時代から人生100年時代へ。人生が長くなり、子育てが終わったあとも結婚生活は続きます。夫婦二人きりの生活となる熟年世代ならではの悩みが生じ、とくに妻からの愚痴や不満の声が多く聞かれます。今回は、夫が定年退職後の暮らしに不安を感じている妻からの相談です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】友達が少なく趣味もない夫。定年退職後に夫が一日中家にいる生活は絶えられそうにありません。熟年離婚まで考えてしまいます。どうしたらいいでしょうか。

13歳年上の夫は現在、54歳です。私は友人と食事したり、旅行に行ったり、一人でヨガなどを楽しんでいますが、夫は友達はいないし、まったくの無趣味…。今は仕事で忙しく、土日も不在がちなので気になりませんが、このまま定年を迎えて一日中家にいるかと思うとゾッとします。その時に向けて熟年離婚の準備をすべきか、はたまた夫を変えることはできるのでしょうか…。(Kさん・41歳)

夫がストレス!「夫原病」で体調を崩す妻

Getty logo

今年3月、タレント・上沼恵美子さん(62歳)が、自身がMCを務める番組「怪傑えみちゃんねる」で、「夫源病」を発症していたことを明らかにしました。

「夫源病」とは、夫が原因となって、妻の体や心が不調になる病気のこと。医学的な病名ではありませんが、夫の存在や言動によって妻がストレスを生じ、自律神経やホルモンのバランスを崩し、めまい、動悸、頭痛、不眠などの症状が現れるそうです。

あるサイトでは、「夫源病」の原因となる夫の特徴を以下のように紹介していました。

●人前では愛想がいいが、家では不機嫌
●上から目線で話をする
●家事に手は出さないが口は出す
●妻や子どもを養ってきたという自負が強い
●ありがとうやごめんなさいのセリフはほとんどない
●妻の予定や行動をよくチェックする
●仕事関係以外の交友や趣味が少ない
●妻が一人で外出するのを嫌がる
●家事の手伝いや子育てを自慢する
●車のハンドルを握ると性格が一変する

(出典:石蔵医師監修 eo健康『体調不良は夫のせい?夫が妻を病気にする「夫源病」』)

そして「夫原病」になるタイプの妻は、几帳面で責任感が強い。世間体を気にする。我慢強く弱音を吐かない。よい妻であろうとする。といった特徴があるそうです。

上沼さんのご主人も退職後は家にいることが多く、妻の外出先についてきたり、細かいことにダメ出しするなど、夫の言動にストレスを感じていたそうです。

Kさんも、夫が定年退職後、「夫原病」になるのではないかと、今から心配しているような内容だと感じました。

女性は敏感で勘のいい生き物

夫婦問題カウンセリングを行う私のところにも、「夫の行動」「夫の仕草」「夫の言動」が気になって仕方がないと話す熟年女性からの相談が少なくありません。
子育て期を終えた熟年世代になると、相手の行動が気になったり目障りに感じたり、不快に感じることが多いようです。

女性は「敏感」で「勘」のいい生き物です。
これは、子どもを産み育てるために必要な女性特有の特徴で、子どもの顔色や体温の変化にいち早く気付くように私たち女性はできています。確かに、妻の容姿や周囲の変化にいち早く気づく男性は、女性ほど多くありませんよね。一般的に妻の言動に対しても寛容な気がします。

私は、常々「熟年世代の女性は、むしろ鈍感でいい」と思っているのですが、せっかくの勘の良さと敏感さがプラスの方向に活かされないのが困ったところです。

Kさんは、趣味もなく友人もいない夫のことを今から心配しています。

夫の食事の用意をしなければならない。
自分の時間がなくなる。
夫に干渉される。拘束される。


など、夫の退職後、それまでの自由な生活ができなくなるのではないかと不安に感じているのだと思います。
ですが、定年後の生活はまだ始まってもいません。何年も先の話ですし、ちょっぴり心配し過ぎなのではないでしょうか?
いずれにしても、「熟年離婚に向けての準備」について考えるのは時期尚早です。

将来をあれこれ心配するより、どうすれば、Kさんの不安が減少するのか、一緒に考えてみましょう。

結婚の形態に「決まり」はない

人は往々にして思い込むところがありますが、夫のことを「こんな人」「こうなるに違いない」と決めつけているところはありませんか。

将来は未知数ですから、ご主人が無趣味かどうか、まだわかりません。もしかしたら、現役のいまは時間がなくてできないだけかもしれませんよ。

また、ひと昔前、当たり前とされていた「結婚の形」はいまや当たり前でなくなり、「別居婚」「通い婚」「事実婚」「同性婚」など、婚姻形態も多様化しました。
夫婦二人にとって心地いい生活を選択していい時代なのです。パートナーが病気だったり介護が必要でない限り、「食事の支度をしなければならない」「一緒にいなくてはならない」ということはありません。

よほど危険で生活に支障が出るなら問題ですが、そうでなければ、夫婦が互いに依存しすぎず、それぞれが自立した暮らしを目指してもいいのではないでしょうか。誰も咎める人はいないと思います。

互いに自立し、支え合える関係を目指す

私の周囲は、定年後も異業種交流会や趣味の場で新たな出会いを楽しみ、仲間づくりをしながら、交友を広げている方が多いのですが、皆さん刺激を受けて見た目も心も若々しく前向きな方が多いという印象を受けています。

ご主人任せにするのではなく、Kさんもアンテナをはって、さまざまな情報を収集してみてください。情報通の知り合いや先輩主婦に聞いてみるのもお勧めです。

具体的に話さないと気づかないのが男性です。Kさんが不安に感じていることを気負いなく正直に話し、情報を共有して、ご主人と一緒に将来について考えてみるのもいいかもしれませんね。

まだまだ時間があるのがKさんの強みです。人生100年時代。将来を決めつける必要はありませんし、ご主人の交友関係は今からでも作れますよ。
お互いのいいところは尊重し、足りないところは補い合いながら、夫婦で応援し支え合える関係を目指してくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

結婚はゴールではなく、パートナーとともに人生を歩み始めるスタート地点。自分の問題だけでなく相手のあることだからこそ、あれこれ考え、悩みも生じます。あなたにとっての「結婚」とはなんですか。改めて「結婚」について振り返ってみました。


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google