冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】 | 大人のワタシを楽しむメディア
冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

足先が冷えて眠れない。いつも履いている靴がパンパンになってきつい。足の冷えやむくみに悩む女性はとても多いです。今回は、自分でできるふくらはぎマッサージで、女性の悩みに多い冷えとむくみを予防し、むくんでしまった状態を改善する方法をお伝えします。ぜひ試してみてください。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

更年期に冷えやむくみに悩む女性が多いのはなぜ?

更年期に冷えたりむくみやすかったりする原因は大きく分けると2つあります。1つは、女性ホルモンが急激に減ることによって、自律神経が乱れます。そうすると、血管の収縮や拡張がうまくコントロールできなくなってしまうのです。そのため、血行が悪くなり、足先まで血液が巡らなくなり、冷えやすく、むくみやすくなってしまいます。

もう一つの原因は、筋力の低下です。筋力が低下したり運動不足な状態が続くと、リンパの流れが悪くなります。そうすると細胞と細胞の間に水分と老廃物が溜まりやすくなり、むくみとなって現れてしまうのです。

ふくらはぎマッサージをすることの効果

足先が冷えて眠れない。いつも履いている靴がパンパンになってきつい。このように、足の冷えやむくみに悩む女性は少なくありません。

ふくらはぎをマッサージすることで、心臓に戻る血液の流れをよくすることができます。そのため、むくみの予防や解消にふくらはぎをマッサージすることはとてもオススメです。また血流が良くなるので冷え症の改善や代謝を上げるなどの効果も期待できます。

ふくらはぎクルクルマッサージの方法

1.床に座り、片方の脚を立てる。両方の手をグーにして、指の第2関節部分で、アキレス腱付近に当てます。

2.アキレス腱付近から膝裏にかけて指の第2関節部分を滑らせるようにして、ふくらはぎを刺激をします。

3,次に脚の内側と外側を挟むようにして、足首から太ももにかけてくルクルと円を描くように刺激をします。

少し痛いけれど気持ちいい程度の強さで優しく刺激してみてください。足のむくみや疲れがずいぶん楽になります。1〜3を3セット繰り返してみてください。
ふくらはぎクルクルマッサージは、寝る前に行うのがオススメです。血流が良くなるので、手足の冷えも改善され心地よく眠ることができます。

むくみを予防するために普段の生活からできること

例えば仕事柄ずっとその場に立ちっぱなしであったり、一方で長時間のデスクワークで座りっぱなしという方は要注意です。同じ姿勢を続けていると、血液の循環が悪くなり、むくみやすくなります。

外出中や仕事中など、その場でふくらはぎをマッサージすることが難しい場合は動かしてみてください。

例えば、立っている場合は、その場で足首を回したり、つま先立ちをするようにかかとをアップダウンさせます。座っている場合は、足首を上下に動かすなどです。
どちらも、ふくらはぎの筋肉を動かしているのですが、筋肉を動かすと血流が良くなります。

だるいむくみ・不快な冷えに、さようなら!

足がむくんでいる状態は、感覚としても「だるい」と感じてしまいます。また冷えている状態は決して心地いいものではありません。

ふくらはぎクルクルマッサージと合わせて、普段から、よく歩いたり、階段を登ったり降りたり、ストレッチをしたりというように、筋肉を使うように生活をするとむくみにくくなります。また、むくみにくいカラダは冷えにくいのです。

その日の疲れはその日のうちにケアしましょう。そして、だるいむくみや不快な冷えを予防・改善していきましょう!

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google