Rikacoさんが恋・食・ライフスタイルについて語る!『食べる女』公開記念イベント | 大人のワタシを楽しむメディア
Rikacoさんが恋・食・ライフスタイルについて語る!『食べる女』公開記念イベント

Rikacoさんが恋・食・ライフスタイルについて語る!『食べる女』公開記念イベント

9月21日の公開を控え、映画『食べる女』の記念イベントが開催されました。イベントには主題歌を歌うLeolaさん、原作者で脚本家、プロデューサーも務めた筒井ともみさん、タレントのRikacoさんが登場し、ミニライブや大人の女性のライフスタイルや食に関するトークショーが繰り広げられました。


憧れの大人の女性Rikacoさんが『食べる女』トークイベントに登場!

左から/主題歌を歌うLeolaさん、Rikacoさん、企画&原作・脚本の筒井ともみさん

映画『食べる女』が9月22日に公開するのを記念して、主題歌を歌うLeolaさん、企画&原作・脚本の筒井ともみさん、タレントのRikacoさんが登場し、女性のライフスタイルや恋愛、食に関するトーク&ミニライブイベントが開催されました。

Rikacoさんは映画には登場していませんが、主演の小泉今日子さんと同世代であり、母として働く女性として、生活や食を大切にしている立場からトークショーに参加されました。

主題歌「Kissing」Leolaさんの圧倒的な歌唱力に観客もうっとり

細いカラダのどこからそんなパワフルな歌声が!と驚くほどの歌唱力で『食べる女』主題歌「kissing」を歌い上げたLeolaさん。歌い終わると、原作者であり脚本も書いた筒井ともみさんと主題歌ができた経緯などを話されました。

当初、打ち合わせの席に予定があり出席できなかったというLeolaさん。ですが、筒井さんは

「レコード会社の男性たちに話をしたってしょうがない、私は彼女に直接、話がしたかった」

と言い、その日の夜にセッティングしなおしてLeolaさんに想いを語ったそう。

「この映画は20代、30代、40代、50代と様々な年代の女性が出てきています。なので、若い女性向けではなくて大人っぽい曲にして欲しいと頼みました。映画の最後にね、まん丸い月が出てきて、井戸の水があって、なんだか地球を感じるところに女たちが卵を割ってたまごかけご飯をたべているシーンがあるのね。そこにLeolaさんの音楽が流れてきて、すごくいい感じでしたよ。合ってると思いました」

大人な雰囲気の曲を書くのも歌うのも初挑戦だったというLeolaさん。若い人から大人の女性までが魅了される歌声と曲になっていました。

Rikacoさん登場!映画と食と恋についてたっぷり語る

Leolaさんと筒井ともみさんとの対談が終わるとRikacoさんが登場!抜群のスタイルと美しさは昔と何も変わりません。映画の感想を聞かれると

「たんたんと何気ない日常が描かれる作品なんですけど、なんだか昭和の香りがする映画だなって思いました。安心してみていられるというか(笑)主役の小泉今日子さんが住んでいる家も、私が小さい頃に隣近所にあったような家で庭に井戸があって、なんとなく懐かしいなーって。そうやって映画を観ていると、どんどん引き込まれて知らない間に涙が出て笑って…。女性の生きる力、私たちが大事にしなきゃいけないもの、今まで女性たちが地に足をつけて頑張ってきた姿、なくしちゃいけないものが詰まってます。色んな年代の女性たちが出ているのでぜひ色んな年代の女性に見てもらいたいなと思いました」

映画の軸にもなっている“食”について聞かれると

「最近は食べる悦びを表に出さない女性たちが増えていると思う。食べる悦び、作る喜び。そんな忘れていた食べる・作る悦びとエネルギーをこの映画は思い出させてくれます。昭和の時代って自分たちで作って食べるのが当たり前だったんですよね。だからこそ、”食べることの大切さ”を知ってた。最近失われつつあるそういう感覚をこの映画を観てぜひ知って欲しいと思います」

筒井ともみさんは食について

「私は小さい頃からもう大がつく食いしん坊で11歳の時に、これから先、一食たりともまずいものは食べたくない!って思って、まずいものは食べないって決めたの。献立を考えるのが大好きで、今でも文章を書かない日はあっても献立は絶対考えてるの。“いま自分が何を食べたいか”が分かる人でいるということはとても大切なことで、いろんなことに通じてるの。例えば“どんなセックスがしたいか”とかね。美味しい食事って言ってもね、贅沢なものや手の込んだものじゃないのよ、自分で漬けたぬか床に自分で削った鰹節で出汁をとったお味噌汁とかね。ぬか床なんて毎日やってたら簡単なんですよ」

というとRikacoさんが

「ほんと。ぬか床なんてカンタンカンタン。あのさ、自分だけのために料理するなんてめんどくさいって言って料理をしない若い独身の子いるでしょう。そういう子はさ、もし彼氏ができなかったら一生料理しないの? って思う。誰かに向ける愛情も、もちろん大事だけど、まず自分に愛情を注いであげないと。自分に愛をあげるの。大切な自分の体と心を満たすために料理を作ってあげるの。料理をするきっかけはもちろん他人でもいいかもしれないよ。でも、早いうちから自分のために料理をつくって自分に愛をあげると、どんどんイイ女になって彼氏もできて、今度は彼にも料理を作ってあげられるんだから」

幸せだけじゃつまんない。寂しさ悲しみがあるから女は美しくなる

次に恋愛について聞かれると筒井さんは

「幸せだけじゃ人生つまんないわね。女は寂しいとか悲しいとかそういう感情を持っている時こそ、美しくなるのよ。男ってね、『こいつといると面白い』って思う女のところに結局いくのよ。だから面白い!って思わせること。それは笑わせるってことじゃないわよ。生き生き人生を楽しんでいて、自立していること。“こうあって欲しい”なんて男に思ってもね、男なんて変えられないのよ」

それを聞いて

「本当にそう!男なんて女に変えられない!」

とRikacoさん。

「私の周りにね、若い子ですごくきれいなのに『彼氏ができない』ってずっと彼がいない子とかたくさんいるの。なんでなんだろうなーって見てるとね、情報バッカリとってて頭でっかちで恋をすることを怖がってるのよね。傷つくのが嫌なんでしょうね。あと相手を選んでるの。選り好みしてさ。そんなんじゃいつまでたったっておんなじ。怖がらないで飛び込め!人生を楽しめ!と言いたい。100%理想の人なんていないのよ。嫁になりたい、とかさ、愛が欲しい、とか言ってるけど、そうじゃなくてさ『自分が守ってやる!』くらいの勢いでいる方がいいのよ。…まあ…どんどん女が強くなっちゃいますけど(笑)」

観客から大人のデートってどんなもの? という質問がでると筒井さんは

「家によんで頑張って手料理ふるまえばいいのよ。それで相性をみてさ。上手くいけば次の段階にも進みやすいですし(笑)小鍋料理がいいわよ、簡単で。女はね、一人鍋ができなきゃダメ。一人鍋ができて一人前なのよ。愛おしいセックスと美味しい食事は心も体も満たしてくれるけど、セックスは一人じゃできないでしょ。その点、美味しい食事は一人でもできる。だからね今すぐ美味しい食事を作って食べて欲しいですね」

というとRikacoさんは

「ほんとそう。日本人は“セックス”とかいうと引くでしょ、そうじゃなくてさ、ちゃんと向き合わなきゃ。デートに関して言えばうちの息子たちも、初デートっていうと気取っちゃって、普段行かないようなレストランとかに連れて行くのよ。でもさ、そんなん続かないでしょうって。で、後から『そんな風だとおもわなかった』とか言われたら嫌じゃない。だからさ、最初からさらけ出して自分自身を見てもらうのが一番だと思う。自分の好きな場所に連れて行ったらいいんじゃない? 近所の好きな公園とか行ってさ、今度は相手の好きな場所に連れて行ってもらう。よくいく居酒屋さんとかでもいいよね。そんなデートが大人のデートだと思うな」

食に、恋に、女性の生き方に、と幅広くトークが広がり大盛り上がりだった記念イベント。あっという間に時間が過ぎていきました。『食べる女』はいよいよ9月21日公開です! 大人の女性が楽しめる稀に見るエンターティメント作品だと思います。豪華女優陣も必見! ぜひ劇場に足をはこんでください。

(c)2018「食べる女」倶楽部

映画『食べる女』公式サイト

http://www.taberuonna.jp/

おいしい女になろう。おいしい男を育てよう。 2018年9月下旬公開

今夜も、女たちの心と体を満たす、おいしくて楽しい宴が始まる。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

セックスレスを解消するにはどうしたらいい? 最近夫婦の夜の営みがの回数が減ってきたことには気づいていたけど、いつの間にかセックスレス状態へ。やっぱり寂しい・・・。セックスレスを解決のカギは「性欲」。性欲を呼び戻すために、食事やコミュニケーションなどを見直してみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

顔と頭皮は皮1枚で繋がっています。頭皮もやはりエイジングにより固くなったり、血行不良になったり…。ストレスで頭皮が凝ることもありますよね。自宅で頭皮マッサージをして、いつまでも若々しい頭皮をめざしましょう♪


家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

年末年始は家族でのんびりと過ごすという方も多いと思います。ちょくちょく会ってはいるけれど、ゆっくりと一緒に映画を観る時間はなかなかないものですよね。せっかくの機会なので、「家族愛」がテーマの映画で改めてその大切さを再確認してみませんか。残念ながら年末年始も家族でのんびりはお預けという方は、映画で愛を感じてみてください。


カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

気の置けない仲間と一緒にワインを楽しみたい!でもカロリーが気になりますよね。そんな時におすすめなのが、「白ワイン」です。白ワインのカロリーや魅力、おすすめの品種を教えます。


大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

外はすっかり寒くなってきているこの季節。クリスマス映画で心からほっこりと温まりませんか。お家でまったりとしたクリスマスを予定している! という方は、こんな素敵な映画と一緒に聖夜を過ごしてみませんか。クリスマスの飾り付けの参考にもなりますよ。


不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

酸いも甘いも経験した大人の女性だからこそ楽しめる恋愛もあれば、いけないこと、と頭の中では分かっていても止められない不倫、ちょっとだけなら・・・と軽い気持ちからの浮気といった映画の中だけにおさめておきたい恋愛もあります。毎日の生活に追われてちょっと恋愛を忘れ気味・・・そんなときには、映画から刺激をもらってみては?




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google