カサカサ肌はほうれい線ができやすい?肌の仕組みと原因について | 大人のワタシを楽しむメディア
カサカサ肌はほうれい線ができやすい?肌の仕組みと原因について

カサカサ肌はほうれい線ができやすい?肌の仕組みと原因について

40代ともなると様々な肌トラブルに悩まされることも多くなってくるでしょう。その中でも見た目にも左右されるほうれい線は特に対策を行っていきたいところです。そこでほうれい線について詳しくご紹介いたします。


ほうれい線とはなんでしょう

年齢を重ねてくると、朝起きた時洗面所で鏡を見た時や、外出先で化粧直しに行った時などに、ほうれい線を発見してショックを受けたという経験をした人もいるのではないでしょうか。

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端にかけて伸びる2本の線のことを指します。加齢によってできるしわであると思われがちですが、実はこれは頬の境界線。加齢によって顔全体のハリが失われ、頬の脂肪がたるんでくることでできるのです。加齢だからしかたがない…とは思いながらも、いつまでもきれいでいたい女性にとってはショックを受けてしまうのは当然のことです。

ほうれい線は見た目の年齢を大きく変えてしまうため、できればない方がいいですよね。イラストにするとわかりやすいのですが、普通の表情にほうれい線をくわえるだけで、あっという間におばあちゃんのような表情に変わってしまうのです。
 
しかし、ほうれい線は目立つ人と目立たない人がいるのも事実。この違いを知り、目立たなくさせるためには、ほうれい線そのものや原因を知っておくことも大切です。

ほうれい線ができる原因とは?

それではなぜ、ほうれい線ができてしまうのでしょうか。

その原因のひとつに、肌の乾燥があげられます。肌の乾燥は、空気の乾燥や紫外線などにより、水分が蒸発することで起こります。また人間は年齢とともに肌の水分量が減り、乾燥しやすくなっていきます。肌の表面が乾燥することで、肌のキメが乱れ、柔軟性を失うことにより、このほうれい線ができやすくなってしまうと言われています。

他にも様々な原因があげられます。その原因のひとつに頬の筋肉の衰えによるたるみがあげられます。筋肉と聞くとおなかや腕を想しがちですが、頬にも筋肉はあります。頬の筋肉により私たちは表情を変えることができているわけですが、やはり、頬の筋肉も年齢とともに衰えていきます。そのため、その上にあった皮膚が重力により垂れさがってしまい、ほうれい線になってしまうというわけです。

その他には、普段の食生活や姿勢、疲れや血行不良など様々です。朝起きた時にほうれい線がくっきり!なんて時は、横向きで長時間寝ていて型がついてしまう・・・なんてことも。

自分でできるほうれい線予防や対策とは

それでは、このほうれい線を目立たなくさせたり、予防する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

加齢を止めることは不可能なことですが、ほうれい線ができてしまう原因をできるだけ取り除いたり、ケアしたりすることはできますので、毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。

まずは表情筋をゆるませましょう。表情筋を鍛える方がよいのではないかと思うかもしれませんが、鍛えることにより、かえってほうれい線が目立ってしまうことも。
実際に美容外科でもほうれい線の対策として、表情筋をゆるませるという施術が用いられているほどです。

表情筋をゆるませる方法は、ツボ押しが効果的。リラックスをしながら顔のツボを押すことで表情筋のコリが解消されすっきりとしたフェイスラインを目指すことができます。
 
また、顔のストレッチも効果的です。口を大きく開けながら、あいうえおとそれぞれ5秒ほどキープしながら発声しましょう。これを3セットほど繰り返したら、口をすぼめてウーと発声しパッと口を開けるストレッチを行いましょう。顔のパーツを全て中央に寄せるイメージで口をすぼめると効果的です。

寝る姿勢が横向きになってしまう人は、枕の高さが合っていない可能性も。自分の首や頭の形に合わせた高さの枕をオーダーメイドして、なるべく横向きで寝ないようにすることも大切です。

ほうれい線にアプローチするスキンケア製品を選ぶポイント

ほうれい線の原因には、加齢による肌の水分不足が深く関係しているので、スキンケア製品で保湿対策を行うことがとても大切です。
 
効果的な成分としては、ハリを与える成分であるコラーゲン、コラーゲンの減少を助けるアスタキサンチン、コラーゲン生成のために必要不可欠なビタミンC誘導体であるレチノールなどがあげられます。また、高保湿で乾燥対策ができるものも必要です。うるおい成分を逃さないセラミドやヒアルロン酸が配合されているものを選びましょう。

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX 120g

つむぎ プラセンタ美容液 (国産馬プラセンタ) 無添加

¥ 3,700

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) セラミド配合エッセンス 20mL

¥ 1,284

エバメール ゲルクリーム 詰替500g(S) エバメール(evermere)

¥ 4,830



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

足先が冷えて眠れない。いつも履いている靴がパンパンになってきつい。足の冷えやむくみに悩む女性はとても多いです。今回は、自分でできるふくらはぎマッサージで、女性の悩みに多い冷えとむくみを予防し、むくんでしまった状態を改善する方法をお伝えします。ぜひ試してみてください。


【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google