年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アラフォーは横ジワだけでなく縦ジワに要注意!

「首元は年齢が出る」と言われます。
確かに首にシワがあると、そうでない人に比べて年齢を感じてしまいます。
逆にお顔からつながる首やデコルテにツヤがあると、レフ版になって、お顔も綺麗に見えます。

40代はお顔のケアだけじゃなく、首のケアも欠かせませんね。

首のシワには2種類、横ジワ縦ジワがあります。

目にとまりやすいのが横ジワです。横ジワは生まれつきある方もいらっしゃるので、必ずしもお手入れ不足や加齢だけが原因とは言えません。

ですが、普段の生活の中で横ジワができやすい状況を作っている場合もあります。首は重たい頭を支えながら、前後左右に想像以上に動かしています。生活するなかで料理や、掃除、パソコン作業など下を向くことが多く、首にシワができている状態が意外と長いのです。横ジワの原因はこうした生活の関わりが大きいため、スキンケアで完全に無くすのは難しいのが現状です。

縦ジワの原因は紫外線もありますが、コラーゲンの減少によるハリ不足やターンオーバーの乱れなど、加齢によるものです。

アラフォーになると横ジワの悩みに加えて縦ジワの悩みも出てくるのです。そして、縦ジワこそ、お手入れで差がついてくるシワなのです。

首を鏡に近づけてよく見てみて下さい。ちりめんのようなチリチリした縦のシワが見えませんか?これは40代によく見られるエイジングサインです。首はお顔より皮膚が薄く皮脂腺が少ないため、気がつかない間に乾燥しハリを失いがちです。でもこのレベルなら、今からきちんとケアすれば滑らかなツヤのある首元を取り戻すことができます!ちりめんジワが本格的にならないうちに首ケアをはじめましょう。

首、きちんと洗えていますか?

首は汗をかきやすく、常に外気にさらされているため汚れやすい場所ですが、きちんと洗えていない方が案外多いです。ブラウスの襟が茶色く汚れるのが気になった事はないですか?これは、皮脂や古い角質が原因です。さらに40代は、キメの乱れからファンデーションもフェイスインから下に流れやすく、首まで響いています。理想は首までクレンジングしてあげることです。

顔と同じで、首も古い角質やメイク汚れが残ったままだと、いくらケアしても、美容成分はきちんと入っていきません。

ですが、首までクレンジングするのは、意識しないと忘れてしまいますよね。そんな時はお顔のお手入れの際に、乳液での拭き取りがお勧めです。乳液をコットンにとり、優しく撫でるように拭き取ります。首、デコルテ、首の裏側、耳の後ろも忘れずに拭き取ってください。拭き取ったコットンがメイクや古い角質で、思っている以上に汚れるのに驚かれると思います。

レフ版効果のあるデコルテもしっかりケア!

さらに、お顔のスキンケアをする時、一緒にデコルテのケアもしてあげましょう。顔につけた残りを首にのばすのではなく、ワンプッシュプラスして、首元とデコルテまでしっかりケアしてあげてください。「フェイスラインまでが顔」という意識を「デコルテまでが顔」に変えてくださいね。そうすることでデコルテがレフ板効果を発揮して、お顔も明るく若々しく見せてくれます。

そして、首をケアする時、老廃物を流すようにつけると、首や顔のむくみが解消され、シワの解消につながります。その方法をご紹介します。

横ジワを伸ばす方法

①首の真ん中から耳の方に向かって流します。

②耳の下から鎖骨に向かって下へ流します。

縦ジワを伸ばす方法

鎖骨からアゴまで、下から上にさすり上げます。

週一度のスペシャルケアで徹底対策!

シートマスクは首のシワにも効果的です。ネック用のものが無くても、顔用の物を折りたたんで首に貼り付ければOKです。今はデイリーに使えるものが出ていますので、顔に1枚、首に1枚貼って両方保湿しましょう。首にシートマスクを貼り付けたらラップを巻き、その上からスポーツタオルなどを首にかけ、取れないようにゴムで縛ります。

こうしておけば、首のシートマスクがはがれる心配もないので、家事や身支度をしながらケアできます。ラップとタオルで巻くことで保温効果も上がり、ふっくらとハリ艶のある首になります。最後に、マスクの残った美容液をデコルテにも塗布し、ケアしてあげましょう。

汚れを取り除き、しっかり保湿をする事で、首元にハリが出て、縦ジワも横ジワも目立ちにくくなります。

お顔はバッチリメイクでも、シワシワの首だと老けたイメージを与えてしまいますよね。
お顔はメイクでカバーできますが、首のシワは簡単には隠せません。首もしっかりケアして、若見え肌を作りましょう!

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google