年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】 | 大人のワタシを楽しむメディア
年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アラフォーは横ジワだけでなく縦ジワに要注意!

「首元は年齢が出る」と言われます。
確かに首にシワがあると、そうでない人に比べて年齢を感じてしまいます。
逆にお顔からつながる首やデコルテにツヤがあると、レフ版になって、お顔も綺麗に見えます。

40代はお顔のケアだけじゃなく、首のケアも欠かせませんね。

首のシワには2種類、横ジワ縦ジワがあります。

目にとまりやすいのが横ジワです。横ジワは生まれつきある方もいらっしゃるので、必ずしもお手入れ不足や加齢だけが原因とは言えません。

ですが、普段の生活の中で横ジワができやすい状況を作っている場合もあります。首は重たい頭を支えながら、前後左右に想像以上に動かしています。生活するなかで料理や、掃除、パソコン作業など下を向くことが多く、首にシワができている状態が意外と長いのです。横ジワの原因はこうした生活の関わりが大きいため、スキンケアで完全に無くすのは難しいのが現状です。

縦ジワの原因は紫外線もありますが、コラーゲンの減少によるハリ不足やターンオーバーの乱れなど、加齢によるものです。

アラフォーになると横ジワの悩みに加えて縦ジワの悩みも出てくるのです。そして、縦ジワこそ、お手入れで差がついてくるシワなのです。

首を鏡に近づけてよく見てみて下さい。ちりめんのようなチリチリした縦のシワが見えませんか?これは40代によく見られるエイジングサインです。首はお顔より皮膚が薄く皮脂腺が少ないため、気がつかない間に乾燥しハリを失いがちです。でもこのレベルなら、今からきちんとケアすれば滑らかなツヤのある首元を取り戻すことができます!ちりめんジワが本格的にならないうちに首ケアをはじめましょう。

首、きちんと洗えていますか?

首は汗をかきやすく、常に外気にさらされているため汚れやすい場所ですが、きちんと洗えていない方が案外多いです。ブラウスの襟が茶色く汚れるのが気になった事はないですか?これは、皮脂や古い角質が原因です。さらに40代は、キメの乱れからファンデーションもフェイスインから下に流れやすく、首まで響いています。理想は首までクレンジングしてあげることです。

顔と同じで、首も古い角質やメイク汚れが残ったままだと、いくらケアしても、美容成分はきちんと入っていきません。

ですが、首までクレンジングするのは、意識しないと忘れてしまいますよね。そんな時はお顔のお手入れの際に、乳液での拭き取りがお勧めです。乳液をコットンにとり、優しく撫でるように拭き取ります。首、デコルテ、首の裏側、耳の後ろも忘れずに拭き取ってください。拭き取ったコットンがメイクや古い角質で、思っている以上に汚れるのに驚かれると思います。

レフ版効果のあるデコルテもしっかりケア!

さらに、お顔のスキンケアをする時、一緒にデコルテのケアもしてあげましょう。顔につけた残りを首にのばすのではなく、ワンプッシュプラスして、首元とデコルテまでしっかりケアしてあげてください。「フェイスラインまでが顔」という意識を「デコルテまでが顔」に変えてくださいね。そうすることでデコルテがレフ板効果を発揮して、お顔も明るく若々しく見せてくれます。

そして、首をケアする時、老廃物を流すようにつけると、首や顔のむくみが解消され、シワの解消につながります。その方法をご紹介します。

横ジワを伸ばす方法

①首の真ん中から耳の方に向かって流します。

②耳の下から鎖骨に向かって下へ流します。

縦ジワを伸ばす方法

鎖骨からアゴまで、下から上にさすり上げます。

週一度のスペシャルケアで徹底対策!

シートマスクは首のシワにも効果的です。ネック用のものが無くても、顔用の物を折りたたんで首に貼り付ければOKです。今はデイリーに使えるものが出ていますので、顔に1枚、首に1枚貼って両方保湿しましょう。首にシートマスクを貼り付けたらラップを巻き、その上からスポーツタオルなどを首にかけ、取れないようにゴムで縛ります。

こうしておけば、首のシートマスクがはがれる心配もないので、家事や身支度をしながらケアできます。ラップとタオルで巻くことで保温効果も上がり、ふっくらとハリ艶のある首になります。最後に、マスクの残った美容液をデコルテにも塗布し、ケアしてあげましょう。

汚れを取り除き、しっかり保湿をする事で、首元にハリが出て、縦ジワも横ジワも目立ちにくくなります。

お顔はバッチリメイクでも、シワシワの首だと老けたイメージを与えてしまいますよね。
お顔はメイクでカバーできますが、首のシワは簡単には隠せません。首もしっかりケアして、若見え肌を作りましょう!

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

気づくと肌はくすみハリがなくなっていた…スキンケア頑張ってるつもりなのになんでこんなにツヤがなくなってしまったんだろう…。なんてお悩みのアラフォー女性も多いことでしょう! ツヤ肌には食事も大切、ということをご存知ですか? アラフォーから始めるツヤ肌食事法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

プロ直伝! 自宅でできるエステ級 スキンケアテクニック【アラフォーから始める美肌作り#4】

保湿成分が40代は20代の約半分!ってご存知ですか?そう聞くと、アラフォーの肌トラブルも納得ですよね。当然20代とは違うスペシャルケアが必須なわけですが、そんなにお金もかけられないというのがホンネのところ。そこで今回はお金をかけずにちょっと手間をプラスしてできるスペシャルケアをスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google