もうイヤー!ほうれい線に悩むあなたへ おすすめのスキンケア方法まとめ | 大人のワタシを楽しむメディア
もうイヤー!ほうれい線に悩むあなたへ おすすめのスキンケア方法まとめ

もうイヤー!ほうれい線に悩むあなたへ おすすめのスキンケア方法まとめ

鏡に映る自分の顔にほうれい線ができていませんか。とうとうできてしまったと思うよりも、対策して早く目立たなくさせませんか。できてしまっても、改善はできます。今回は、正しいスキンケアでほうれい線を目立たなくして、若々しいお顔になる方法を紹介します。


とにかく「保湿」そして「乾燥させない」こと

若いころと年を重ねた肌の違いは何でしょうか。一番大きな違いは、なんといってもお肌の水分量。

お肌の水分が減る原因は、加齢とともに体内にあるコラーゲンやヒアルロン酸などが減少してしまうから。年齢肌には年齢肌に合ったスキンケアを行う必要があるのはこのためです。お肌の水分量の減少により、お肌が「たるむ」これがほうれい線の要因なのです。

若い人向けの化粧品や20代の頃からずっと同じものを使っている。という方はスキンケアアイテムを「保湿」を目的としたものに変えてみましょう。

ポイントは「ヒアルロン酸」と「セラミド」

年齢によるたるみには、「セラミド」や「ヒアルロン酸」が配合されているスキンケアアイテムが特におすすめです。「セラミド」はお肌の内側の水分をしっかりキャッチする役割、「ヒアルロン酸」はお肌をみずみずしく保つ役割があります。

また、年齢肌は「乾燥させない」こともとても大切。お風呂上りや洗顔後のお肌はそのままにしておくとどんどん水分が蒸発していきます。更に洗顔料やお湯などで、お肌のバリア機能である油分が落ちてしまっているので、更に乾燥しやすくなっています。

お風呂上りや洗顔後は、出来るだけ早めに、化粧水や美容オイルなどでお肌から水分が逃げてしまわないようにケアしましょう。

メイク落とし、洗顔を見直す

ほうれい線ができる原因は基本的には、加齢とともにお肌の水分が減ってしまうこと。しかし、お肌への負担も実はほうれい線が出来てしまう要因でもあります。

メイク落としや洗顔時にしっかりと汚れを落とそうと、肌をこすりすぎたりすると、肌荒れが起きやすくなり、ほうれい線が目立ちやすくなってしまうのです。

特にメイク落としの洗浄力は注意しましょう。オイル系は洗浄力が強いので、年齢肌に重要な皮脂なども落としてしまいます。普段メイクの時は、クリームや乳液タイプなどの肌への負担が少ないものを選びましょう。
 
洗顔フォームはしっかり泡立てて、泡で優しく包むように。手のひらと肌の間に泡のクッションを作るような感じで。すすぐ際もぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

前述したとおり、洗顔後は早めに化粧水や美容液オイルで乾燥させないように。

コットンパックも有効な対策

お気に入りの化粧水を使ってのコットンパックも、ほうれい線対策には効果的です。シートパックとしてすでに化粧水や美容液が含まれているものを使ってもよいですし、手持ちの化粧水を、コットンやシートパックに含ませてもOK。

忙しくてパックの時間が取れない場合は、コットンでほうれい線の部分のみパックする方法がおすすめ。コットンに化粧水を含ませ、ほうれい線に沿ってコットンを置いておくだけ。朝の5分間だけ、忙しい時でもパッと簡単にできます。
 
ローションパックをすると、肌の水分量が格段にアップします。すると、肌の乾燥を防ぐことができるので、毎日続けていくうちにほうれい線が目立たなくなるはず。

比較的浅いほうれい線対策であれば、ローションパックだけでもかなり効果的だと思います。

アイクリームをほうれい線に塗り込む!

スキンケアの最後に使うアイクリーム。実は、ほうれい線対策にもなります。

口元は、目元と同様にとても皮膚が薄くなっているので、顔の中でも特に乾燥しやすい場所。しっかりと保湿したつもりでも、口元は想像以上に乾燥しているのです。これが、ほうれい線へとつながっていく・・・。

アイクリームには保湿成分はもちろん、お肌にハリとツヤを与えてくれる美容成分が凝縮されています。目元にも使えるくらい刺激が少なく、保湿成分がたっぷり入っているアイクリームをほうれい線に塗り込んでみてください。
 
口元は皮膚が薄いので優しく浸透させるようにしましょう。弱い力でぽんぽんとほうれい線になじませてください。これだけで充分です。

ほうれい線 諦めないで!

いかがでしたでしょうか。
年齢を重ねていくと、ほうれい線が刻まれ、どうしても老けた印象になりがち。ですが、毎日のお手入れで、すこしずつ目立たなくなっていくはずです。

もう年だから仕方ない。とあきらめる前に、ちょっとだけ意識して毎日ケアしてみましょう。お肌は確実に答えてくれます。さあ!今日から始めましょう♪



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google