【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

豪華女優陣の共演も話題の『食べる女』。夫に不倫の末、別居されシングルマザーとして生きるツヤコを演じた壇蜜さんに夫婦の在り方やセックスレス問題についてお話を伺ったインタビューの後半をお楽しみください。


インタビュー前半はこちらから

「セックスレス=不幸」と煽ることは危険だと思います

―『食べる女』では多様な女性の性に関する価値観が描かれています。今、日本はセックスレスが社会問題にもなっていますが、壇蜜さんはどうしてセックスレスになってしまうと思いますか?

それはそれぞれのご夫婦の間で様々な理由があると思います。ですが、そもそものお話になってしまうのですが、性的な悦びだけが女性の悦びではないですよね。もし仮にセックスレスの果てに念願のセックスをしたとして、そこに愛を感じるのでしょうか? 義務になっていただけで、目標を達成しただけのような状態にならないでしょうか?

―なるほど…たしかにセックスレスを解消したからといって、愛や喜びを感じられなければ虚しいだけですね…。

ええ。セックスレスをセックスで解消することが目的になってしまうのはどうかなあと思います。ましてや浮気などで満たすことを優先するのではなくて、本当に自分がしたいこと、幸せだと感じることは何なのか、ということを探してみることからまず始めるべきではないでしょうか。もちろん、セックスを喜びとして“したい”と思っているのなら、それはその人の幸せのカタチですからいいと思います。

―映画のなかでツヤコはミドリの提案もあり、トン子の家に家族で下宿することになりますね。それもまた、ツヤコが本来の自分に立ち返って幸せを追求した結果なのでしょうね。

そうですね。ツヤコはトン子との生活でどんどん自分を取り戻していって、ちゃんと幸せを見つけていくのだと思います。セックスレス問題に関していえば、メディアの責任も大きいと思います。「セックスレス=不幸」だから、それをどうにしかして解消しなければいけない、という図式をつくりすぎていると思うんです。そもそも、もしもそうだとしたら、パートナーがいない独身の人たちは全員不幸なのでしょうか? 逆に頻繁にセックスをしている人は必ず幸せなのでしょうか?私はそうは思いません。その人にもきっと不幸な部分がある。生きる喜びはそれぞれみんな違います。「セックスレス=不幸」という刷り込みに振り回されずに自分自身の幸せを探してほしいなと思います。

食欲も性欲も満たしたいと思う人が満たしたい時に満たせばいいんです

―大勢の人の意見が正しいとする風潮は日本は特に強いと思います。みんながそうだからって自分もそうじゃなきゃいけないわけはないんですよね。

そうですよね。みんながみんな食欲があって食べることが好きなわけじゃないですし。食べることが苦痛という人だっているかもしれませんよね。

―壇蜜さんのエッセイ、『たべたいの』にもそういった一文がありましたね。「食べることが好きかと聞かれると困る。生活するための手段、一環なので好きか嫌いかで答えられない」と。

はい。みんながみんなその行為を欲していて好きなわけはないんですよね。だから自分自身の感覚を大切にして欲しいです。セックスに関しても食事に関しても頻度も度合いも様々でまったく欲しない人が異常なわけではないはずです。「私は満たされていない」と感じた時に「みんなはどうなんだろう?」と調べることは本当に危険だと思います。食欲だって性欲だって満たしたい時に満たしたい人が満たせばいいんです。

―映画では最後のシーンでそれぞれの女性たちがひとりで美味しそうにたまごかけご飯を食べているのが印象的でした。まさに今、壇蜜さんがおっしゃったことですね。

みんなで食べる食事は本当に美味しいと思います。ですが、ひとりで本当に食べたいと思うものを好きな時間に食べること。これは最高の贅沢であり、自分らしさであり、自由だと思います。

セックスレスだって言っておけば変に嫉妬されなくてすみますよ(笑)

―映画の中の女性たちはそれぞれの“性”と“食”に一生懸命向き合っていましたね。

性的な接触が好きな人もいれば、久々に結ばれる人もいる、かたやトン子はセックスには頼らずに生きている…。映画の中には性的マイノリティの方も登場しています。セックスに関する距離感は本当にみんなそれぞれです。そういう多様なセックス観、恋愛観を感じてもらえたらと思います。

―友達同士でもリアルなセックス観や恋愛観をマウンティングし合わずに話すことってなかなかできないですものね。

そうですよね。自分の性的なことをリアルに話すことはなかなかできないですよね。そもそも表にだしてどうどうと話すことじゃないし…。それに他人と比べてセックスレスだからって落ち込むんじゃなくて、お金があって家族がいて雨風しのげる家があるなら十分幸せだって感じて欲しいですね(笑)それにですよ、セックスレスだって言っておけば妬まれなくてすみますよ

―え!どういうことですか?

「あの家セックスレスなのね。うちは月一でセックスしてるわ。弾んでないわね。私より不幸ね」って(笑)

―なるほど(笑)

不幸だと思われた方がいいですよ。「お金貸してくれー」とか「ホームパーティひらいて」とか面倒くさいこと言われなくてすみますから(笑)

―さすが壇蜜さんです(笑)斬新です。

縛りや抑圧がなくなった時、女性は本当に幸せになれるのでしょうか

―映画のなかでも差別的な扱いを受ける女性が描かれていますが、今、世界中で女性差別問題について声が上がっています。特に日本は男女格差(ジェンダーギャップ)が大きいとも言われています。壇蜜さんはそんな現状についてどう思われますか?

こんなことを言ったらフェミニストの方からお叱りを受けるかもしれませんが…私は、女性は抑圧されているからこそ、自分が生きている実感を得る部分が少なからずあるのではないかって思います。例えば、小さい時に女だからという理由で男の子同士の遊びに入れてもらえない、係につかせてもらえないなどの経験をした女性は多いと思います。そんな時、「本当はやれる」って心の中で思っていますよね。その「本当はやれる」って思う部分が自分自身のエネルギーになると思うんです。そういう縛りや抑圧がすべて取り払われた時に本当に幸せを感じられるのかなって。男性と全く同じことをして、同じような態度をとることにエネルギーを注ぐより、そのエネルギーの出し方を変えてしたたかに生きている女性の方がモテそうですし(笑)

―なるほど(笑)それはそうかもしれませんね。男性にとって、女性が自分たちと全く同じことをして、同じような態度でいられたら、そこに魅力を感じるのかどうか…といえば、そうではないかもしれない。

ええ。もちろん女性は男性のために生きているわけではありませんが…。でも男女が共存して生きていくこの世界で、そういうエネルギーの出し方は実は女性にとってなかなかしんどいんじゃないかなって。別ルートで賢く生きる術を身に着けることも女性としての強さなのではないかなとも思います。

『食べる女』はいわゆる“幸せになりましたとさ。めでたしめでたし”のおとぎ話ではありません

―今日はアラフォー世代であるWOMe読者の関心の高い話題について、たっぷりお話いただきまして本当にありがとうございました!最後に、『食べる女』の見どころについてお聞かせください。

WOMeの読者の方々自身がそうだと思いますが、今を生きる女性たちは多様性に富んでいます。映画のなかには様々な職業の環境も考え方も違う女性たちが出てきます。自分に近しい人が出てきて思わず感情移入してしまう人も多いのではないかと思います。映画のなかの女性たちは最後のシーンで幸せな笑顔を浮かべていますが、一点の曇りもない幸福を手に入れたわけじゃないんです。愛に傷ついて必死に立ち直っている最中なんです。先ほどお話にも出ましたが、ひとりでそれぞれのスタイルでたまごかけご飯を食べて、ひとりで幸せを噛みしめて、また明日頑張ろう!って生きている人生の途中なんです。急に幸せになんかなれません!(笑)なので、どうぞ人生の真っただ中でもがいて頑張っている女性たちを観に劇場に足を運んでください。今日はありがとうございました。

―素晴らしいお話ありがとうございました!

タレント
壇 蜜さん

1980年12月3日生まれ、秋田県出身。多彩な経歴を経た後、グラビアモデルとして芸能活動をはじめ、現在はバラエティ、情報番組などへのテレビ出演からラジオや雑誌などでの執筆活動までも行う。女優としても幅広いジャンルで活躍し、「アラサーちゃん 無修正」(14),「ホリデイラブ」(18)、などのテレビドラマや、『サンブンノイチ』(14)、『関ヶ原』(17)、『星めぐりの町』(18)などの映画作品に出演する。

『食べる女』

【あらすじ】
とある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称“モチの家”。家の主は雑文筆家であり、古書店を営む・敦子(トン子)。女主人はおいしい料理を作って、迷える女たちを迎え入れる。男をよせつけない書籍編集者、いけない魅力をふりまくごはんやの女将、2児の母であり夫と別居中のパーツモデル、ぬるい彼に物足りないドラマ制作会社AP、求められると断れない古着セレクトショップ定員、料理ができないあまり夫に逃げられた主婦、BARの手伝いをしながら愛をつらぬくタフな女・・・。今日も、人生に貪欲旺盛な女たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まる。

【キャスト】
小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香
ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、真木蔵人

原作本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)
(C)2018「食べる女」倶楽部

映画『食べる女』公式サイト

http://www.taberuonna.jp/

おいしい女になろう。おいしい男を育てよう。 2018年9月下旬公開

今夜も、女たちの心と体を満たす、おいしくて楽しい宴が始まる。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


映画『パリの家族たち』 女であり娘である私たちの物語【沁みる映画 #01】

映画『パリの家族たち』 女であり娘である私たちの物語【沁みる映画 #01】

映画『パリの家族たち』。そこに描かれている家族は母親と子ども、そして一人の女としての私たち。母の日を直前に控えたパリの女と男たちの日常が時に切なく痛々しい生々しさをもって迫ります。はるか海の向こうの女たちの苦悩や喜びはそのまんま日本の女たちの苦悩と喜びであるように感じた美しい物語。(5月25日(土)からシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開中)


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター