私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

何事もやりすぎないことが肝心

たとえば、夫の会社の人たちが自宅に来たとき。「こいつ、料理が下手でさ~。昨日のシチューも肉が固くて……」とみんなの目の前で馬鹿にされて、良い気分がする妻はいませんよね。

夫にとっては「ただの冗談」であっても、それで済まされないのが人の気持ち。「ムカつく!」「最低!」と怒りが湧くと、何とかしてやり返したいと思うのも無理はありません。

ですが、気をつけたいのは「極端な行動に走らないこと」。料理を馬鹿にされたからと、それから一切キッチンに立たなくなる、お皿を全部捨ててしまうなど、やりすぎると自分も窮屈な思いをすることになります。

「そこまでしなくても……」と妻の怒りにうんざりして夫が謝罪することをやめてしまえば、本当に夫婦仲は悪化してしまいます。なんとか「仕返ししたい」「ギャフンと言わせたい!」と思ったとしてもまずは落ち着いて、自分の立場を忘れずに“お灸をすえる”程度のものにした方が、その後のふたりの関係にも悪影響が残りにくくなります。

素直に反省してもらいたいなら「尾を引かない方法」がベスト!

そもそも目的は「夫にも嫌な思いを味あわせる」のではなく、「自分がされたことの痛みを知ってもらう」ことが本来の目的です。

例えば、お皿を捨ててしまうなどあからさまに怒りを表してしまうと、後でまた買い揃えるためにお金がかかったり買いに行く時間を作ることになったり、気まずい時間がいつまでも続きます。尾を引くような復讐は、その後もケンカになったときなどに顔を出しやすく、「あのときもこうだった」など余計な怒りが戻ることにもなりかねません。

そうならないためにも、自分のしたことを素直に反省してもらい、「ひどいことを言ってごめん」と謝る気持ちを引き出すための方法をまずは考えたいですね。

そんなときにオススメの“お灸をすえる”方法をご紹介します。

【方法その1】食事系の手を抜いてみる

たとえば、料理を馬鹿にされたなら、次の日のお弁当は冷凍食品だけを少し入れ、白ごはんには梅干しだけ、のような手抜き弁当を持たせてみるのはいかがでしょうか。

いつものようにおかずがいっぱいの愛妻弁当を期待していた夫は会社で蓋を開けて恥をかくかもしれませんが、まさに自業自得。

「今日の弁当は何だ!」と言われたら、

「だって、私の料理は下手なんでしょう? 頑張っても美味しくないんだったら、あれでもいいじゃない」

と自分の発言のせいであることをはっきり伝えます。

「そんなつもりはなかった」と返されたら、「あんな風に言われて、すごく傷ついたんだけど」とこちらの気持ちを知ってもらいます。愛情があるからこそ作っているのだということを、改めて夫に考えてもらいましょう。

【方法その2】夫の家事負担を増やしてみる

怒りをアピールする方法としては、

・洗濯物は夫のだけ洗わない
・片付けは自分のものだけ
・夫の使った食器は洗わない

などで夫の負担を増やしてみるのもアリです。

いつもはやってくれるのに、自分のものだけ避けられていたら夫は怒りますよね。「俺のぶんもやれよ!」と言われたら「自分でやってよ」と突き放せば、夫はどうして妻がこんなに怒っているのかを考えます。

普段、妻のほうが家事の負担が大きければ、やらされてみることで夫も大変さを理解するきっかけにもなるでしょう。怒りの深さがわかれば、自分のしたことの軽率さに思い至るはずです。

【方法その3】「プチ贅沢」なら夫にバレずに復讐できる

あからさまなことをしたくないときは、

・高級ランチを食べに行く
・高くて手が出せなかったものを買う
・行きたかったエステを楽しむ

など、自分だけの「プチ贅沢」を楽しむのもオススメです。

夫の目が届かないところでの贅沢は、普段なら罪悪感があってできないことも、夫に非があるときは話が別。好きなことをしてストレスを発散させましょう。

ですが、あまりにも高い買い物をしてしまうと、バレてしまう上に「無駄使いするな」と責められてしまいます。万が一バレても「あなたのせいでしょ」と言われて夫が黙るしかない程度の範囲で済ませるのがポイントです。

夫のプライドを傷つけるような方法はNG!

夫に一番やってはいけないのは、プライドを傷つけることです。

・夫が大事にしているコレクションを黙って捨てる
・「あんたみたいな男と結婚するんじゃなかった」と罵倒する
・子どもに「お父さんは最低」と悪口を吹き込む

など、行き過ぎた仕打ちは夫が受ける傷も深く、「自分のせいだ」では納得できない怒りを夫が抱えることになります。

こちらは「自業自得でしょ」と思っても、逆の立場ならどうでしょうか。反省の気持ちを超える怒りは決して前向きな行動を生みません。

あくまでも夫に自分のしたことを省みてもらうのが目的です。度が過ぎるやり方は夫婦の絆まで壊します。怒りや悲しみを夫に理解してもらうことは大切ですが、「夫も苦しめばいい」ではなく、「二度と言われたくない」「二度と繰り返したくない」という気持ちをまずは伝えることが肝心なのです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


その言動が夫の浮気を誘う!?  妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

その言動が夫の浮気を誘う!? 妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

夫婦として長い時間をともにする結婚生活。慣れてしまうと、つい夫の前での言動も気が緩みがちになりますが、妻として夫の心が離れないような心構えは忘れたくありませんね。あまりにだらしないと、夫の中に浮気心が湧くことも。どんな姿がNGなのか、また夫にも努力を促すにはどうすれば良いか、具体的にご説明します。


夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫にも育児に参加して欲しいけど、いちいちお願いするのもストレスだし、自分でやる方が楽。そう思う妻は多いでしょう。ですが、子育てをふたりで頑張ることこそ、夫婦としての絆も強まって浮気防止にもつながります。夫をその気にさせるなら、ズバリ「褒めて伸ばす」が正解。夫を育児に参加させるメリットについてご紹介します。


不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望を持っていますか? 不倫願望って透けて見えるものです。セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行っても不倫ではなくセーフだと思っていますか? 実際に不倫はしないけど雰囲気だけを楽しみたいと思っても、奥底にある不倫願望を男性は見逃しません。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるために不倫願望をほかに向けることを考えましょう。


親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

結婚して子どももできて、家族みんなが末永く幸せに暮らす。子の親としての顔、夫の妻としての顔、いろいろあって疲れてしまう。どうしても子どもを優先しがちな暮らしでも、役割にこだわらず親以外の自分を出していくことで、バランス良く過ごすことができます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google