職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


自分とは全く違うタイプの人と、どうやってコミュニケーションをとればいい?

【お悩み】43歳事務職です。職場には女性社員が私を含め2名。もう一人の女性は私より年が若く、ズバズバはっきり発言するタイプ。私がミスをするとあからさまに「あなたのせいで仕事が遅れる」と言わんばかりに嫌味な態度。若い彼女は他の男性社員からも好かれていて、私は完全に「おばさん」扱いです。そんな毎日が本当に苦痛で、かといって生活もあるので簡単に仕事を辞めるわけにもいかず、だんだん鬱状態になってきました。水と油のように違うタイプの人とコミュニケーションはどうしたらいいでしょうか?(Iさん/43歳)

感情的になるときは、事実だけをみる癖をつけよう!

毎日一緒に働く職場の人と気があわないと、仕事に行くのも億劫になりますよね。ましてや、唯一の同性。本当は仲良くできるのにこしたことはありません。ただ、そのことで悩んで頭がいっぱいになると、どんどんとネガティブな方向に考えてしまいます。

一度、頭の中の整理をしてみましょう。

ぜひ、「自分が思っていること」と「事実」を切り分けて考えてみてください。
社内の自分が関係する部署や関わる方の名前を全員書き出してみます。そして、その横に最近接したときの行動や発言を思い出し、書いてみてください。ポイントは自分の推測は入れずに事実のみを書くことです。具体的な日時も入れて、“言われたままのこと”を書くとよいでしょう。

女性は共感力が高く、察しやすい生き物です。自分の推測が入ってしまい、一度嫌だなと思うと相手がどんな行動をとっても「私のこと○○と思って接しているのかな?」と必要以上に考えがちです。実際には、自分の思い込みということもあります。
事実だけをぬきとれば、本当に嫌な行動があった場合に相手に注意を促すこともできるので、冷静に考えてみましょう。

自分の思い込みでネガティブになってしまったり、一人の人に振り回されるのはもったいないので全体と事実をとらえてみてください。

相手とペースをあわせる

Getty logo

事実をみても、相手の行動や発言が自分と全く違うタイプの人はいますよね。職場、友人、親戚・・・どんなコミュニティにも少なからず一人はいるでしょう。そして、自分と違うタイプだとわかると、自然と苦手意識を持ちやすいのです。逆に、自分と似ている人には好意を抱きやすいといわれています。

この心理は「類似性の法則」といい、誰もが同じように持つ感情です。

たとえば、初めてお会いした人でも話のなかで「年齢が一緒」や「出身地がおなじ」、「同じ芸能人が好き」など、共通のものがあると急に親近感がわいたことはありませんか。こういった共通点だけではなく、話すスピードがゆっくりの人は早口の人よりも、ゆっくり同じペースで話す人を好んだり、食事を食べるスピードや歩くはやさが自分と同じくらいの人のほうが居心地が良く感じるのです。

この心理をつかい、相手と上手くコミュニケーションをとりたいときは、相手のペースにあわせてみることをおすすめします。

はっきり物事を発言する方には、遠慮気味に曖昧に伝えるよりもはっきりと伝えてみましょう。話すスピードや、動きも相手にあわせる意識をもってみてください。実は、そのほうが相手もしっくりくるのです。

また、雑談する機会があれば共通点をみつけてみると意外と仲良くなれることもありますよ。

「自分はこういうタイプだから無理」と自分を変えない姿勢では他人とはうまくいきません。相手にあわせて動作や話す口調を真似るなど、小さなことでもはじめると相手も心地よく感じるのでうまくコミュニケーションがとりやすくなります。

思い込み過ぎず、上手な距離感をとる

自分と同じ価値観、同じペースの人ばかりとお付き合いができれば楽ですが、どこにいっても違うタイプの人は存在します。転職をしても、転職先でもっと苦手なタイプの人がいるかもしれません。できれば、どんなコミュニティでもうまくコミュニケーションをとれる自分になれるといいですよね。

職場はお給料をもらい、役割をはたし、成果をだす場所です。そのうえで、周囲とコミュニケーションをとり、最大の成果を目標にする場所なので最低限のコミュニケーション力は必要なスキルなのです。

人間関係で悩む人はたくさんいます。感情の波にふりまわされないように事実のみで相手を見て、上手な距離感をとることが大切です。無理をして近すぎる関係になる必要もありません。ただし、事実のみで淡々とお付き合いすると「ロジぶさ」思考になりやすいです。それだけではうまくコミュニケーションはとれません。苦手な人でも、挨拶やお礼など愛嬌ある態度をとりつつ「ロジかわ思考」をもってお付き合いしてみてください。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター