家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「家事は女の仕事」は時代遅れ!?

日本では、昔から「家事は女の仕事」とする風潮が強く、結婚や出産後もずっと女性が家事をするもの、と考える人が多いように感じます。

ですが、すべての女性が家事を得意とするわけではありませんよね。「どうしても段取り良く掃除するのが苦手」と悩んだり、「料理の腕が上達しない」とキッチンに立つのが苦痛になったり、向き不向きがあるのは当然のことです。

かといって、夫に任せてみても結果は同じ。共働きならそもそも家事に割ける時間は限られているし、きちんとできないことにストレスが溜まります。

毎日頭を悩ませてまで、家事を考える必要があるのでしょうか。努力したけどうまくいかない、どうしても時間が作れない、でも「女だから」しなくちゃいけない……。こんな矛盾に苦しむのは、時間がもったいないし健やかな生活ではありません。

そこで発想を転換して、家事が苦手なら得意な人に任せてしまいましょう。家事のプロが代わりにやってくれる「家事代行サービス」なら、煩わしさから解放されます。

「ほかの人に家のことを任せるなんて」と罪悪感が湧くかもしれませんが、ストレスを溜めながら無理にがんばるより、プロにお願いしてしまうほうが実は無駄がなく効率的なこと。

家を綺麗に保ち、穏やかな気持ちで過ごせることは、日々の活力につながります。「家事は女の仕事」ではなく、「家事はプロに任せても良い時代」と考えましょう。

「家事代行サービス」は忙しい家庭にこそ最適!

Getty logo

家事代行サービスの特徴は、以下の通り。

・研修を受けた「家事のプロ」が来てくれる
・掃除や買い物の代行から、料理の作りおきなどもお願いできる
・料金は定期利用や都度利用で選べる
・必要な道具は会社で揃えてくれるところがほとんど
・インターネットやアプリから予約も簡単


など、質の高いサービスを受けられます。

たとえば、「キッチンの汚れが目立ってきたけど、掃除する時間が作れないし大変そう」「お風呂にカビが生えてきて掃除したいけど、何から始めればいいの?」と手を出すのが気が引けるとき、ダスキンの「メリーメイド」というサービスなら、キッチンと浴室の掃除を一緒にお願いすることができます。

道具をこちらで揃える必要がなく、料金は4週間に1回の利用で18,360円から。定期的にお願いすることで、いつも清潔に保っておけますね。

さらに「CaSy(カジー)」という家事代行サービスなら、1週間に1回の利用で1時間あたり2,190円。こちらでは料理の代行もやっているので、当日の夕食と作りおきのおかずまでお願いすることができます。

利用したいときは、電話だけでなくインターネットや専用のアプリから簡単に予約できる会社も多く、空いた時間にすぐ見積もりを取れるのは便利ですね。

「残業が続いてトイレの掃除ができていない」「家族の布団を干したいけど、時間がない」など、忙しい家庭にこそ家事代行サービスは最適です。時間がない中で適当に済ませてしまい、いつまでもスッキリしない部屋で過ごすより、プロに任せれば段違いに生活は整います。

「家事代行サービス」で家族の時間を大切にできる

「休日に家族でお出かけしたいけど、家事が溜まっているから無理かな…」と悩むことはありませんか? 特に共働きだと、家族が揃って休める日は大切に過ごしたいですね。

家事代行サービスを使えば、お出かけしている間に家事をお願いすることができます。キッチンの掃除から庭のお手入れまで、帰宅したらピカピカになっているなんて、嬉しいですよね。

「家事を人に頼むなんて、夫がいい顔をしないかも」と悩むかもしれませんが、苦手なことを無理にがんばることが、本当に家庭のためになるのでしょうか。夫が代わりにやってくれるなら良いですが、そうでないなら負担はいずれどちらかが負います。ストレスを感じながら過ごすより、いっそプロの手にお任せするほうが、ずっと心身ともに健康的な生活を送れるのではないでしょうか。

また、休みの日は自分の勉強に時間を使いたい、リフレッシュのためにエステに行きたいなど、やりたいことがある女性もいるでしょう。そんなときに苦手な家事に時間を費やしてしまうのは、もったいないですよね。

限られた時間を有意義に使うことは、決して間違いではありません。「女性だから」家事を優先しなければならないのではなく、仕事や趣味など、自分のために過ごすことだって大切なこと。そうすることで幸せな気持ちになり、笑顔が増え家族に優しくできるならみんなハッピーですよね!

「家事は女の仕事」ではなく、現代は「家事はプロに任せても良い」時代です。家事を放棄するのが目的ではなく、より効率的に、より楽しく日々を過ごすために家事代行サービスはあります。

家事を代行してもらうことに、罪悪感を持つ必要はありません。その時間を家族や自分のために使い、より充実した毎日になることが、何より幸せな家庭生活を続けることに繋がるのです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター