【#FocusOn】「不妊治療は夫婦二人三脚で」 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】「不妊治療は夫婦二人三脚で」 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子の妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。女優・加藤貴子さんへのインタビュー二回目は「月を見上げて泣いた夜」のお話です。


著書「大人の授かりBOOK」を出版しようと思った理由

前回の記事はこちらから

―今回、本を出版されようと思った理由はなんでしょうか?

…うーん…正直に言うと…妊活中に他の人が出産した話なんか聞きたくないんですよね。嫉妬の気持ちやいろんな醜い感情がどうしても沸いてきちゃう。その感情とわざわざ対峙しなくちゃならないから、しんどいんですよね。けれど、そのしんどい事とどうやって付き合ったのか、ストレスの軽減になったのか、私の体験談を “知りたい”と思ってくださる方がいらっしゃったら、これを読むことで少しでもお役に立つことがあるのなら、と思って書きました。

ブログで不妊治療で辛かった時のマイナスな感情を書くと、同じように不妊治療で辛い思いをしている女性たちからたくさんコメントをいただいたんです。それで私自身がとても救われたんですね。なので、気持ちや体験を共有することで救われる人がいるなら、書きたいなって。あ、それでこれは妊活の指南本じゃなくて体験記となっています。これを読んで一人でも多くの人が「私だけじゃないんだな」ってマイナスな感情を抑え込まないでもらえればいいなと。

あともう一つは、主人が男性不妊であるとブログに書いた時に「実は自分の夫もそうです。でも、誰にも言えません。おかげで姑からはあんたのせいで子どもができないって責められています」っていうコメントが来たんです。当時、まだあまり男性不妊の事は知られていなかったので、もっと世の中に認知されたらいいなと思って赤裸々に書くことにしました(笑)

―それをOKしてくれるご主人の懐の深さを感じます。

先の見えない不妊治療は、一人で抱え込むにはあまりにもしんどい道のりだと思います。ぜひご夫婦で協力して取り組んでいただきたいと思います。

私、不妊治療をして本当によかったなって思えるのは、あれだけ辛い経験を主人とふたりで乗り越えたんだから、もうこれから何があっても大丈夫だ! って糧になったことです。だから不妊治療をするのは子どもを授かるためなんですけど、夫婦の絆を強くして、なんでも力を合わせて立ち向かえる強いパートナーシップを築くための過程だとも思います。

不妊治療は子育てのウォーミングアップ

―本当にそうですね。出産したら今度は子育てという大きな仕事が夫婦には待っていますからね。

そうなんです! 子育てって本当に大変。日々痛感していますけど(笑)それこそ夫婦が協力して分かりあってコトに当たらないと大変なことになる。だから、不妊治療は子育てのウォーミングアップ、序曲だとも思います。妊娠しない失望感も一緒に味わって寄り添って努力してきた夫婦は“育む”土台ができると思うんです。すでに二人三脚で成し遂げたことがあるんですもんね。

月を見上げて泣いた夜。初めて自分を認めてあげようと思った

―言葉にすると、とても簡単というか、楽なことのように思いますが、ご著書を読むとそれはもう壮絶な体験を加藤さんはされていて、それをご主人は本気で支えて、加藤さんの暴言のサンドバッグにもなっていらっしゃった。

はい(笑)本当に自己嫌悪に陥るほど、主人に暴言を吐いたりした時もありました。でもどんなにケンカをしても主人は絶対に部屋から出て行かないんです。で、私が出ていくんですけど(笑)そしたら追いかけてくるんですよ。「解決するまで話し合う!」って。私が「明日朝早いから寝かせてー」って言ってもダメ(笑)

―すごい(笑)

女の人が何か言う時って感情を出したいだけじゃないですか。でも男の人って解決しようとするんですよね。大切に思っている相手であればあるほど、真剣に解決したい、と思うみたいで。「物理的にどうすればいいの?」とか言ってくるんですよ! こっちは解決してほしいわけじゃないのに! それでさらにイライラして全然関係ないところからのイライラも出てきたりしてギャンギャン暴言吐いて…もうギャンギャンブスですよ…(笑)

―わかります…でも貴子さんは元々、感情を出すのは大人の女性としてみっともないと思っていたんですよね。

そうなんです。強くて美しい女性は感情は表に出さない。辛い時や悲しい時ほど笑顔でいることが格好いいって思ってたんです。でも、その理想的な女性に近づくために私は、自分を偽っていたことに気付いたんです。ありとあらゆる努力をして、でもまだ何かできることがあるんじゃないかと思って先生に聞くと「楽しく過ごしてください」って仰るんです。それで、楽しく過ごすっていうのは不安もなく笑って過ごすことだって思っていた私は、笑えない自分はダメなんだなって、悲しい気分でいる自分はダメだなって思ってしまって…。楽しくならなきゃ楽しくならなきゃって思っていたら、自分がどんな時に楽しいと思えるのか分かんなくなっちゃって。そりゃそうですよね…悲しい、辛い、と思うネガティブな気持ちに蓋をして無視していたら、一方の楽しい!幸せ!なんていうポジティブな感情も同じように分からなくなっていっちゃうんです。

そんな時、仕事中の夫が「きれいな月だよ」って外に出るように電話してきてくれたんです。それで月を見上げたら涙が止まらなくなってしまって。それで「ああ私、自分のために泣いてあげてなかったな」って初めて思ったんです。「こんなに頑張っている自分を自分が認めてあげなくて誰が認めてあげるの? 誰が理解してくれるの?」って…。そこからどんな感情も否定したり蓋をしたりするのをやめて、すべてちゃんと受け止めるようにしたんです。

―加藤貴子さんに寄り添い続け、辛い不妊治療を二人三脚で乗り越えるご主人と加藤さん。不妊治療を通して、加藤貴子さんが強く思うようになった事がありました。第三回に続きます。

文/和氣恵子


加藤 貴子 女優
アイドルグループのメンバーとしてデビュー。TBSの昼ドラマ愛の劇場の「温泉へ行こう」シリーズのヒロインを演じ人気者に。
2013年結婚。2014年第一子、2017年第二子を出産。2018年3月に自身の妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)を出版。


42歳で、「子どもがほしい」と踏み込んだ不妊治療の世界。男性不妊、流産、不育症――。起こった全てを「〇」に変えるための、心の処方箋。
不妊治療を経て、44歳、46歳で出産した、女優・加藤貴子が伝えたい、妊活クライシスにならないための「小さな習慣」。

Amazonでみる



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

夫が家事・育児をしてくれないとお悩みの方、必読!ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんに「夫をイクメンにする方法」をお伺いしました。自身も3児の父である安藤さんが子育てを通して気づいた「父親をする」とは一体どういうことなのでしょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

『しない美容』(ワニブックス)が話題になった美容化学者のかずのすけさんですが、大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に研究されていたそう。そんなかずのすけさんがあらゆる洗剤にまつわるお悩みに答えた一冊が『秒で分かる!最強の家事』。これさえ読めば、賢く家事ができること間違いなし。今回はその一部をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター