そのほうれい線が老け顔の原因?簡単エクササイズで予防しよう | 大人のワタシを楽しむメディア
そのほうれい線が老け顔の原因?簡単エクササイズで予防しよう

そのほうれい線が老け顔の原因?簡単エクササイズで予防しよう

鏡を見ていていつの間にかほうれい線が気になるようになってため息をついたことはありませんか。ほうれい線で顔の印象って大きく変わりますよね。できるならなるべく目立たなくしたいのがほうれい線。今からでも遅くはありません。簡単フェイスエクササイズでほうれい線を目立たなくしましょう。


表情筋がほうれい線を目立たなくする!

Getty logo

加齢とともにどうしても表情筋は衰え、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿に優れた成分が体内から徐々に減少していきます。結果、お肌がたるみ、若いころとは顔の印象が違ってきてしまいます。
 
メイクや化粧品でも若返りは可能ですが、まずは表情筋を鍛えることが何より大切です。日本語は、あまり顔の筋肉を使わないと言われていますので、自分で意識して鍛えなければなりません。
 
では表情筋はどうやって鍛えれば良いのでしょうか。実は、表情筋は普段から表情豊かにするだけでも鍛えられます。少し大げさに目を大きくしたり、大きな口で話したりするだけでも表情筋が使われるのでぜひ意識して実践してみてください。
 
それでもなかなか変化を感じられない場合は、エクササイズをやってみましょう。

気が付いたときに、口や目、まゆなどを動かすだけでも、たるみ予防になり、ほうれい線も目立たなくなっていきます。それだけ表情筋が鍛えられたということです。

次からは、具体的なお顔のエクササイズを紹介します。

口の周りの筋肉を動かそう

Getty logo

ほうれい線は、やはり口の周りの筋肉が影響しているので、しっかり口の周りの筋肉を鍛えるエクササイズをやってみましょう。

【1】
思いっきり口をとがらせてください。この状態を5秒程度キープします。
【2】
思いっきり「い」といった時の口にします。首に筋ができるくらい横に大きく広げた状態で5秒キープしましょう。これを数回繰り返します。
【3】
次に、口をとがらせます。その状態で、口を右回りに回してみてください。次は左回りです。これを数回繰り返します。

あまり口の周りの筋肉を動かしていなかった人は、かなり疲れるかもしれません。それだけ、筋肉が衰えているからです。1度にたくさんの回数をやるのも良いですが、時間を見つけてコツコツと続けてもかまいません。無理して1回で済ませるよりも、何回も分けて行ったほうが楽です。

顔全体を動かしてリフトアップ

Getty logo

たるみ予防のためには、口の周りの筋肉を鍛えるだけではなく、顔全体を動かしてリフトアップすることも必要です。たるみを改善すれば、ほうれい線を予防することができます。

頬が下がらないようにするエクササイズもやってみましょう。「あいうえお」と思いっきり大きな口を開けていうだけでかなり顔全体の筋肉を使います。

まずは、「あ」と大きく口を開けて言ってみましょう。声を出さなくても大丈夫です。せっかくですから目を大きく見開いて目の周りも動かしましょう。
 
「い」は、思いっきり横に広げます。首筋を作ることがポイントです。この時、頬を持ち上げるようにしましょう。「う」は、口をできる限りすぼめてください。梅干を食べたときのような酸っぱい表情をしましょう。

「え」も口をやや横に広げますので、首に多少筋ができるくらい広げてみましょう。もちろん、頬をしっかりと上げてください。「お」は、鼻の下を思いっきり伸ばしてみましょう。なるべく縦長に口を開けます。

以上を意識してみると、かなり顔の筋肉を使うので効果的です。意外と顔が疲れると感じるかもしれませんので、無理のない範囲で行いましょう。

舌を回すエクササイズも

Getty logo

たるみ予防もほうれい線改善もできるお顔のエクササイズは他にもあります。

舌を回すというと簡単そうに聞こえますが、ほうれい線エクササイズにとても効果があります。慣れないうちはきつく感じるかもしれません。

口を閉じて、舌先を歯茎に当てながらぐるっと1周します。これを右回りと左回りの両方行ってください。歯の周りをなぞるような感じでやってみると、意外と疲れます。できれば、20回程度やってみてください。
 
今回紹介したどのエクササイズもほうれい線やたるみ予防に効果的です。毎日時間があるときに数回実行するだけで、徐々に表情筋が鍛えられていき、若々しい顔を取り戻すことができるでしょう。

人前でやるのは恥ずかしいでしょうから、周りに人がいないときに少しずつやってみませんか。テレビを見ながら、お風呂に入りながら気軽にやってみてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


更年期をチャンスに変える! “運動”がもたらす効果とは?【更年期は人生が輝くチャンス #12】

更年期をチャンスに変える! “運動”がもたらす効果とは?【更年期は人生が輝くチャンス #12】

みなさん、日常的にカラダを動かしていますか? 実は、カラダを動かすことは更年期症状を緩和させる効果が認められています。さらには将来の快適な暮らしにも大きく関わります。今回は更年期をチャンスに変える、すごい運動効果をご紹介します。


風邪をひきたくないならこれ! 免疫力UPエクササイズ 【更年期は人生が輝くチャンス #10】

風邪をひきたくないならこれ! 免疫力UPエクササイズ 【更年期は人生が輝くチャンス #10】

寒い季節になってきました。風邪をひかないためには免疫力を上げることが大切です。特に40〜50代の女性は女性ホルモンの低下や、日々の忙しさから免疫力が低下しやすいのです。そこで今回は、手軽に免疫力を上げるエクササイズをご紹介します。


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!WOMe編集部で実際に使ってみました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google