本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

幸せな家族のステレオタイプの像に惑わされていませんか? 子どもがいた方が豊かな人生が送れると盲目的に信じてはいませんか? 周りなんて関係ない。自分の本当に幸せを自問自答してみてください。苦しい妊活に耐える必要はあるのでしょうか? 今一度立ち止まって、本当に子どもが欲しいのか? 考えてみてはどうでしょうか。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「子供が欲しいのか」その前に本当の自分を見つめ直す

今回のお話しはかなり内側にこもっていくようなテーマです。ただ、ここをしっかり見つめなおすことで、妊活についてだけでなくこれからの人生についても考える一つのきっかけになってくれたらと思います。毎日の生活や、仕事、パートナーとの関係でつい心がモヤモヤしてしまうことがあると思います。そのたびに、自分を責めたり、落ち込んだりしているかもしれませんが、なぜ、そのような考え方になってしまうか? ということを考えたことはありますか?

自分を見つめ直すということは、自分の鏡で見える外側だけでなく、内側にある「思考パターン」「ビリーフ(思い込み)」を知ることで、自分自身の傾向を知ることができます。そして自分のパターンがもしバットパターンになってしまっている場合にどう対応していけばいいか? と、いうことに気づくきっかけにもなるのです。

自分の内側を見つめること、本当の自分を見つめ直すことを一緒にやっていきましょう。

どんな子ども時代を過ごしましたか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

WOMeの読者さんって、とても勉強熱心だったり、情報に敏感で向上心の高い女性たちが多いといつも感じています。今回、自分のを見つめなおす時に、自分の子ども時代を思い出していただきたいと思っています。

子ども時代はとても重要な心理的な影響を今の私たちに与えています。私たちはこうしてパソコンやスマホで文章を読んでいる時は「意識的」に読んでいるのですが、実はその意識的な行動の裏側に大きく「無意識」の「潜在意識」というものが働いているのです。「意識」のことは「顕在意識」と言います。心理学者はよく「顕在意識」と「潜在意識」の話をするときに氷山に例えます。

「顕在意識」は水中の上に浮かんでいるごく一部で水中の大きな氷山が潜在意識で、その割合はなんと1:9とも言われていて、じつは私たちは多くの行動や言動も「潜在意識」をもとに行動している場合があるという考えなのです。そしてその潜在意識は子ども時代に作られているのです。

アラフォー世代はまさに昭和バブル前後で経済が発展していて、「とにかく頑張ったらうまくいくから、言うことを聞きなさい!」という親からの詰め込み教育があり、なにかに追われるように毎日を過ごしていた方も多いと思います。抑圧的に大人にコントロールされていたのではないでしょうか? 子ども時代にすごく抑圧されたり、否定されたり、人の目をとにかく気にするような考えばかりを植え付けられると、何とかマインドセットしようと思っても、なかなかうまくできないこともあります。それはあなたが悪いわけではなく、心の経験がそこにブレーキをかけたり、間違った思いこみをして辛い方向にいくような考えをしてしまうこともあるのです。

子ども時代に好きだったことはありますか? 好きな遊びはありましたか? 実はこれは自分の本来の自分らしさの一つだったりもするんです。子どもの頃の自分を思い出して好きだった遊びを今やってみることも、子ども時代を経験し直すことにもってこいです。

自分を振り返り今を彩る

子ども時代に好きだったことを今もやってみると、やっぱりワクワクしたり、夢中になれたりしますし、逆に全然好きじゃないのに親に無理やりピアノをさせられていた…なんて経験を思い出しちゃうかもしれません。そんな時には過去の自分を振り返り、嫌でもよく頑張った自分を今の自分が褒めてあげることはできますよね。

過去の出来事は変わらないけれど、過去の感情を丁寧に取り扱って今の自分へ丁寧にフィードバックしていくことで潜在意識にたまっている辛い思いやしんどさを顕在意識に出して少しでもクリーンにすることができます。なかなかこういうことを一人でやるのは大変かもしれません‥、そんな時にはカウンセラーや過去の事を全然覚えてない人はヒプノセラピーなどの催眠療法なども効果的だと言われています。

私も実際にセラピーをうけて潜在意識との出会いの体験をしてとても衝撃がありました。しかしそれ以上に今の自分の生きている価値や自分の人生を彩るものにもなったりしました。妊活中には体だけでなく、心もたくさんのエネルギーを使います。じつは心の奥底で子どもを授かり新しい家族が生まれることを否定している自分がいたり、恐怖でたまらないと感じているケースなどもあります。

ぜひ自分の内側を見ていきましょう。そのために、まずは今ここにいることを感じるコトも重要です。マインドフルネスな呼吸法などのワークをぜひ実践して今ここを味わうことや過去の自分の写真や記録をみたり、家族と語り合ったりしてみて下さい。

一つだけ言えることはどんなことも、今の自分を彩るために起きた出来事と感じて、一つ一つを見つめ直していきましょう。ぜひパートナーとも子ども時代の自分のことを語り合ってみて下さいね、新しい自分との出会いもあるかもしれませんよ。

より深まるパートナーシップ

パートナーとの語り合いとともに、自分自身をよく知ることがパートナーとの関係性の変化にも繋がってきます。パートナーの性格を変えることって、できないですよね。ただ、自分のことをより良く知って自分のセルフコントロール能力を高めることや、関係性を整えることは今からでもできます。

とくに育児に突入した時に関係性が整っていないことが課題となって見えてきます。子育て期は今までのようにゆっくりとパートナーと話し合う時間がなくなり、それよりも1分でも眠りたいというくらいの場面も出てきます。また、子どもと向き合う時に自分自身の内側を知っていると知らないでは、思い通りにいかない子育ての壁にぶつかった時の衝撃が本当に違ってきます。ここを多くの人が知らずに子育てをしてしまうと「頑張って授かったのに子どもが可愛いと思えない」というケースに繋がったりします。もし、「可愛く思えない」という時に、その感覚が自分のなかのどこにあるか?を知ることは物理的に忙しくなってからだと非常に難しいのです。

パートナーとの関係性をしっかり深めるために自分をとことん知る。それが、子どもが授からなくてもお互いの人間力の向上とお互いの価値観の確認にも繋がるのだと思います。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


友達が私より先に妊娠 「妊活仲間」との付き合い方 【幸せな妊活のススメ#6】

友達が私より先に妊娠 「妊活仲間」との付き合い方 【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第三回>

あなたは自分のカラダについて正しい知識をもっていると思いますか? 『あなたも知らない女のカラダ』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さんは不妊治療専門クリニックの先生でもあります。インタビュー最終回は船曳さんが思う子どもを持つということ、パートナーとの関係についてお話を伺いました。


膀胱炎の予防法を知ってもう繰り返さない【更年期は人生が輝くチャンス #40】

膀胱炎の予防法を知ってもう繰り返さない【更年期は人生が輝くチャンス #40】

【膀胱炎の予防法は? 再発して繰り返さないためには?】アラフォー世代から増え始める悩み、それは「膀胱炎」。ほとんどの女性が一生のうちに一度や二度は経験するといわれています。排尿トラブルは、肉体的にも精神的にもダメージを受けます。そこで今回は、膀胱炎にならないために、また膀胱炎を繰り返さないための対策ケア方法をご紹介します。


“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター