夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】結婚したら夫の姓を名乗ることに抵抗感があります。パートナーのことは大好きなので別れたくはありません。事実婚でいいのですが、パートナーが理解してくれるかどうか不安です。

パートナーとの間に子どもができ、彼からプロポーズされました。ですが、私は結婚による姓の変更に抵抗があります。自分の姓が気に入っていますし、名前が変わることで自分のアイデンティティが揺らぐような気もしています。事実婚でいいと思っているのですが、理解してもらえるか不安です。彼のことは好きなので別れたくありません。どうしたらいいでしょうか?(Sさん・43歳)

幸せな状況と恵まれた環境に感謝して

おめでとうございます!!
大好きな彼との間に赤ちゃんを授かったのですね。新しい生命の誕生は奇跡的で神秘的なことです。さらに、大好きな彼からプロポーズされたのですから、こんなにおめでたいことはありません。その幸せを、心からかみしめてほしいと思います。

カウンセリングの現場では、結婚したくても結ばれない人や、子どもを望んでも恵まれず苦しんでいる人がとても多くいます。Sさんは、大好きな彼からプロポーズされ、かわいいベビーに恵まれました。自分がとても幸せな状況にいること、恵まれた環境にいることに感謝してくださいね。

大好きなパートナーとの間に愛の結晶を授かることができて、本当に良かったですね。

法律は、現実の生活に合わせて変化する

一昔前に比べ、結婚観が大きく変化し、結婚は、“しなければならないもの”ではなくなりました。結婚は選択肢のひとつと考える人が増え、同棲だけしているカップルや籍を入れない事実婚のスタイルも増加しています。同時に、ようやく同性婚が認められるようになりました。

同性婚といい、LGBTへの理解といい、実際の生活に不都合が生じたり、矛盾が生じたりすることで、ようやく法整備について考えるというのがいまの日本社会。
本来は、生活者を保護するために先手を打って法整備がなされるべきなのですが、残念ながら後手後手に回っているのが日本の現状です。

一人ひとりの声が反映されて法律が改善されていくので、「おかしい」「不便」だと感じたり、実生活とのギャップを感じたときは、我慢するのではなく、できるだけ声をあげて問題提議したほうがよさそうです。

「事実婚」も認められつつある

Getty logo

このように世の中の流れに合わせ、ようやく認められつつあるのが「事実婚」です。

保険金の受け取りに関して例をあげると、これまでは、婚姻関係のない人を「指定代理請求人」にすることはできず、法律的に認められた配偶者にしか、請求の権利がなかったのですが、ともに生活しているパートナー、つまり事実婚の場合、署名横に「未入籍」と書けば、認められる保険会社が増えてきました。

また、パートナーの入院の手続きの際は、入籍していなくても、自分のことを「妻または夫「内縁」「未入籍」「未届け」と書けば問題はありません。

二人が同じ住所に住んでいるのなら、住民票の続柄欄に妻(未届け)、または夫(未届け)と記載すれば、事実婚が証明され、諸々の手続きがスムーズです。
「事実婚」を選択した場合でも、不便な状況が改善されつつあるのは嬉しいですね。

相手を責めるのではなく、自分の気持ちを伝える

さて、お悩みの本題ですが、Sさんの思いは、パートナーに伝えていますか。
Sさんの、「実家の名前が好き」「大切にしたい」という思いがあるなら、その気持ちをパートナーに一度話してみてください。

事実婚の良さや悪影響がないことをパートナーに伝えることで、理解が得られるかもしれません。(そのためにも情報収集は必要です)

夫婦は、常に考えや意識が一致しているとは限りません。むしろ、意見が違うことのほうが多いのです。話し合いの際の伝え方ですが、相手の考え方を否定したり、責めるのはタブー。また、「理解なんかしてもらえない」と決めつけたり、結果を恐れたりせずに、まずはSさんの気持ちを正直に伝えてくださいね。

もし、パートナーが反対するなら、その理由を聞いてみてください。
話し合うことで、パートナーの意見にも一理あり、と納得する場合もあります。思いを吐き出すことでスッキリして、相手に歩み寄れたり、妥協できることもあります。もしそうであれば、入籍を選択すればいいですし、納得できなければ、話し合いを続けます。

いちばん良くないのが、話し合いを避けて早々に諦めてしまうことです。意見の相違は「勝ち負け」ではありませんし、双方の意見が合わない場合でも、決して八方塞がりということはありません。

結婚したら、ライフイベントに合わせていろいろな出来事と問題がやってきます。人生はその連続だと言っても過言ではありません。出産すれば、子どもの育児方針、養育や教育について考え、その都度、夫婦で意見を出し合い、すり合わせます。
ポイントは、喧嘩に発展しないよう、穏やかに話し合うこと。これさえできれば、大抵の問題は乗り越えられるはずですよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター