目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

ミッドチークラインの通称がゴルゴライン

電車の窓にうつる自分の顔を見て、思わずギョッとしてしまうことありますね。一番いやなのは「私の顔、疲れているなぁ・・・」と感じることですよね。

いつまでも若いままではいられませんから、ある程度のシワは仕方ないですが、やっぱり元気で明るい顔でいたいですね。

疲れているお顔になる原因の一つが「ミッドチークライン」通称「ゴルゴライン」です。

漫画ゴルゴ13の主人公の顔にあることからそう呼ばれているそうです。

ゴルゴラインができてしまう理由

「ゴルゴライン」で検索すると、美容医療の方法がたくさんでてきます。ゴルゴラインはそれだけ消え辛く、悩んでいる方が多いということですね。

即効性があるのは確かに美容医療です。

ですが、美容医療は失敗のリスクや費用の面を考えると不安もあります。日々のケアで改善出来ればそれが1番安心ですよね。

ゴルゴラインを解消する為には、まずどうしてゴルゴラインができるかを知る必要があります。

ゴルゴラインは実はシワではなく、「くぼみ」です。年齢を重ねると顔の表情筋が衰え筋肉が細くなります。脂肪もまた弾力がなくなり厚みが薄くなります。そうすると、目のまわりの細くなった筋肉と脂肪の間に溝ができてしまい、そのシルエットが外側からも見えてしまうのです。これが「ゴルゴライン」です。

筋肉も脂肪も雪崩のように落ちていく…

年齢とともに、痩せたわけでもないのに、なんとなく顔がくぼんだり、ゴルゴラインが目立ってきたと感じることはありませんか? それは、顔の脂肪が減っているのではなく、筋肉が衰えることで、筋肉の上にある脂肪も一緒になって雪崩のように落ちてしまっている状態なのです。

筋肉を鍛えることで脂肪も一緒に持ち上がります。ゴルゴラインを目立たなくする為には、表情筋の筋トレが有効です。特に目の周りの筋肉は小さくて使われる機会が少ないので、意識的に動かして鍛える事が大切です。

【表情筋の筋トレ方法】顔ヨガ

1.まぶたの下を軽くおさえた状態で、目を閉じます。指は下に引っ張り、瞼は閉じようとする事で目の周りの筋肉に力が入ります。

2.眼の下の骨を人差し指で目頭から耳の方に向かって3ヶ所くらい押していきます。目の上は眉毛の下辺りを押します。この時指で眉毛を持ち上げるようにしながら瞼を閉じます。

どちらも1日に1、2分で大丈夫です。10日くらい続けると目の周りの浮腫がとれ、目が開きやすくなったのを実感出来ます。

EMSのような筋肉を刺激してくれる美顔器を使うのも、ひとつの方法です。美顔器による表情筋のケアは余計なシワが寄らないメリットもあります。

たるみケアに特化した化粧品を選びましょう

ゴルゴラインは、シワというより肌のたるみが原因です。しわに対応した「リンクルケア」ではなく「たるみケア」に特化した化粧品を選びましょう。

お肌のハリと弾力はコラーゲンとエラスチンと言う繊維が担ってくれています。

強靭なコラーゲン繊維が肌のハリを保ち、エラスチンはコラーゲン繊維とコラーゲン繊維をつなげる結束バンドの様な働きをしています。ですが、40歳以降、コラーゲンとエラスチンは激減していきます。たるみやシワと言った悩みが増えて行くのは、そのためです。

お肌の奥にハリを保つ繊維がないと、皮下脂肪を支えられなくなり重力に負けてたるみ顔が出来上がってしまうのです。

化粧水や乳液だけではなく、肌の奥まで浸透し、コラーゲンの生成を促してくれる美容液をプラスしてくださいね。なりたい肌になるために、失ったもの、足りないものをきちんと補ってあげることが40歳からのスキンケアです。

疲れ目もゴルゴラインの原因に!

Getty logo

パソコンやスマホの見過ぎは、眼精疲労や血行不良を招きます。血行不良は目の下のクマのイメージが強いですが、血行不良により老廃物が溜まる事で目の下の薄い皮膚は伸びてしまいます。老廃物によって膨らむことを繰り返すうちに皮膚が伸びてしまい、たるみとなってしまうのです。つまり、ゴルゴラインがまだない人もクマがある人は注意が必要なのです。

いまは、目元を温めるグッズがたくさん出ています。目の周りを温める事で血行不良が改善されるので、ぜひ取りましょう。

温めたら、次はアイスノンや保冷剤などで、冷やします。温→冷→温→冷を繰り返す事でさらに血流が改善します。老廃物が流され、目の周りに酸素と栄養が行き渡り、たるみ改善へと繋がります。

スマホの見過ぎが肌に与える悪影響には眼精疲労の他にも、無表情な顔でいることもあげられます。顔は、笑ったり怒ったりすることで細かい表情をつくり出します。筋トレはもちろんですが、日常的に表情筋を使うことが一番です。年齢は顔に出るとよく言われますが、いつもブスッとして笑わない人は、筋肉が衰えて顔がたるみ、疲れた暗い顔になってしまいます。いつも笑顔でいる! これが何より美肌には大切なのです。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター