【#FocusOn】「日本女性のセルフプレジャー事情」“iroha”広報 工藤まおりさん西野芙美さんインタビュー<第二回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】「日本女性のセルフプレジャー事情」“iroha”広報 工藤まおりさん西野芙美さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】「日本女性のセルフプレジャー事情」“iroha”広報 工藤まおりさん西野芙美さんインタビュー<第二回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第二回目は日本女性のセルフプレジャー事情やおふたりのセルフプレジャー感についてお伺いしました。


40代女性の27.9%がセルフプレジャーの経験なし

第1回はこちらから >

―日本人女性はどのくらいの割合でセルフプレジャーをしているのでしょうか?

西野さん:2016年に一般社団法人 日本家族計画協会が実施した調査によると20歳~69歳の女性の27.8%が未経験です。30代女性は29.3%、40代女性は27.9%が未経験ですね。

―約10人に3人が未経験なのですね。その他の人たちは頻繁に行っているのでしょうか?

工藤さん:いえ、平均すると55.5%の女性が「ほとんどしない」と回答しています。週に1~2回という方が13.6%ですね。40代女性に限って言うと「ほとんどしない」という方は55.7%、「週に1~2回」が12.7%ですね。

―日本人女性はセルフプレジャーをタブー視するような風潮があると思いますか?

西野さん:そうですね。女性自身もそうですし、セルフプレジャーをしている女性は誰とでも寝る軽い女性、というような思い込みをしている男性も多いですよね。

―おかしな話ですよね。男性はテレビで堂々と自分のセルフプレジャーについて話をしているのに。

工藤さん:“女とは”といったような刷り込みが女性にも男性にも多くあって、そこから解放されることがなかなか難しいのでしょうね…。

西野さん:男性だって辛いですよね。“男だからこうあるべき”という概念に苦しんでいる男性は多いと思います。

―本当にそうですね。「男たるもの家族を養わなきゃいけないけど自分の給料ではとても無理だから結婚はできない」などと思っている人もいるでしょうね。

工藤さん:それぞれの“べき”から解放されればもっと生きやすくなりますよね。

―おふたりはセルフプレジャーに対してどんな思いを持っていらっしゃいますか?

工藤さん:私にとっては美味しいごはんを食べるのと同じように自分で自分を幸せにするとができるひとつの楽しみです。私は時短派なのですが(笑)寝る前にするとぐっすり眠れます。

西野さん:ほんと!よく眠れるよね。私は時間をかけて楽しむ派ですね。あ、夫がいない時に、です(笑)先ほども言いましたが本当に私にとっては日常の一部で、自然なことなんです。それこそご飯を食べるのも一緒ですよね。人間としてごくごく自然なこと。それで快感が得られるんだから最高ですよね。セルフプレジャーをすることでとってもリラックスできて心も落ち着きます。

工藤さん:ほんとに! セルフプレジャーって自分で自分に快感を与えられる最高のものです。美味しいものを食べ過ぎたら太っちゃうけど、セルフプレジャーしすぎても太らないし(笑)自分がどうしたら気持ちいいか知っていればイライラしたり憂鬱な気分の時にセルフプレジャーをしていい気分になれます。自分で自分のご機嫌をとれるって素敵ですよね。

西野さん:そうそう。人に幸せにしてもらうんじゃなくて自分で自分を幸せにする。これは大人として大切なコトだと思います。

―自立した大人として、自分がどうしたら気持ちがいいか、悦びを感じられるか、知ることは本当に大切ですね。おふたりが仰るように“幸せにしてもらう”じゃなくて、“自分で幸せになる”っていう概念はすごく大切だと思います。

西野さん:本当に。相手に依存して「なんで気持ちよくしてくれないの⁉」って丸投げしても男性だって困りますよね。そうじゃなくて、自分が気持ちのいい場所を自分で知っていればそれを相手に伝えることで、お互いに気持ち良くなることができて楽しいセックスもできるのに。

工藤さん:自分がどうしたら気持ちが良いか、ということを言うのが恥ずかしいっていうのはよく分かります。私もそうです。なので、私はさりげなく相手の手を自分が触って欲しいところに持って行くようにしています。

西野さん:それ賢い!

―確かにそれはいいですね! 自然だし。言葉にするとやっぱり恥ずかしいですもんね。

工藤さん:はい。セックスをすることは言葉のコミュニケーションと同様に大切なことだし、自分たちの関係をより深めてくれるものであるとも思います。なので、しっかりとお互いを慈しみあってお互いが楽しめるものじゃないと。

西野さん:私はまだ結婚して日も浅いですが、結婚歴が長くなるとセックスはどうなっていくんですかね…でももし、セックスレスになってしまってもセルフプレジャーがあれば自分を気持ちよくすることはできますね(笑)

―潔くご自身のセルフプレジャーについても語ってくださった工藤さんと西野さん。次回はひとりで、パートナーと、セルフプレジャーアイテムをどう楽しめばいいのか、そして夫婦のセックスレス問題についてもお話いただきます。第三回に続きます。

文/和氣恵子

左/西野芙美さん、右/工藤まおりさん

【プロフィール】
工藤まおりさん

東京都出身。津田塾大学数学科を卒業後、リクルートグループを経て2015年に株式会社TENGAに入社。現在入社3年目で、TENGAと、女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRやプロモーションを担当。

西野芙美さん
1989年生まれ。早稲田大学文化構想学部で史学、文学、哲学等を学び、卒業後は人材紹介会社、出版社での勤務を経て株式会社TENGAに入社。2017年12月より広報宣伝部広報チームマネージャー。TENGAブランドのほか、医療・福祉・教育分野の専門家と連携して性の問題解決を目指すグループ会社「TENGAヘルスケア」の広報を担当。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーで簡単にできるスープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


宮本真知のタロット占い【2月24(月)~3月1日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月24(月)~3月1日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


その言動が夫の浮気を誘う!?  妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

その言動が夫の浮気を誘う!? 妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

夫婦として長い時間をともにする結婚生活。慣れてしまうと、つい夫の前での言動も気が緩みがちになりますが、妻として夫の心が離れないような心構えは忘れたくありませんね。あまりにだらしないと、夫の中に浮気心が湧くことも。どんな姿がNGなのか、また夫にも努力を促すにはどうすれば良いか、具体的にご説明します。


1日1分!40代からの基礎代謝アップのコツ【更年期は人生が輝くチャンス #11】

1日1分!40代からの基礎代謝アップのコツ【更年期は人生が輝くチャンス #11】

「20代は食べても食べても体型が維持できていたのに、今は空気を吸うだけで太る気がします‥」どうしても年齢とともに基礎代謝は下がりがちです。基礎代謝が下がると、カラダに脂肪がつきやすくなるだけでなく、体温が下がり、免疫力の低下にも影響します。そこで、今回は生活の中でも無理なくできる基礎代謝アップの方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google