【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第三回目は初心者におススメのセルフプレジャーアイテムとパートナーと楽しむのにおススメのアイテム、そして夫婦のセックスレス問題についてお話を伺いました。


ひとりでもふたりでも楽しめるセルフプレジャーアイテム

西野さんが手にしているもの:iroha+ プレジャー・アイテム Limited Color YORUKUJIRA(あやめ色) ¥9,720(税込)
工藤さんが手にしているもの:iroha+ プレジャー・アイテム Limited Color RINGOTORI(こもも色) ¥9,720(税込)

前回の記事はこちらから

―ひとりで楽しむのにおススメのセルフプレジャーを教えていただけますか? 初心者でも安心して使えるようなものをぜひ(笑)

工藤さん:そうですね…これなんか良いと思います。デザインがリップになっていて、先が割れているんですけど、振動するんですね。それを自分の気持ちいいと思うところに沿わせてあげる。

iroha stick ¥1,296(税込)

工藤さん:先が割れていて細かく振動するので、乳首やデリケートゾーンに優しくタッチしてあげるとすごく気持ちがいいですよ。1,000円ちょっとと気軽に購入できる価格なのでセルフプレジャーアイテム初心者の方にとっても良いと思います。

―ほんとだ! 振動が強すぎない感じですごくいいですね。irohaさんの商品は置いてあるだけではセルフプレジャーアイテムとはわからないような可愛いデザインですよね。セルフプレジャーアイテムのフォルムが苦手で購入をためらっている女性も多いと思いますがこれなら抵抗感がないと思います。

西野さん:ありがとうございます! 確かにそうかもしれませんね…。女性は見た目がとっても大事ですものね。

工藤さん:でもデザインから発想して商品を作っているわけではないんです。商品企画の女性スタッフがあったらいいなと思う機能を追求して作った結果、こういう可愛いものができた…という感じで、あくまでも機能重視なんです。せっかく買っていただいたのだから思いっきり楽しんでいただきたいですし。

左から:iroha プレジャー・アイテム・リン HANAKOGANE
¥3,456(税込)、iroha プレジャー・アイテム・リン TAKEAKANE ¥3,456(税込)
iroha+ プレジャー・アイテム Limited Color RINGOTORI(こもも色)
¥9,720(税込)、iroha+ プレジャー・アイテム Limited Color YORUKUJIRA(あやめ色) ¥9,720(税込)

―そういえば、irohaはオンラインショップで購入できると思うのですがクレジットカードの明細にTENGAの社名は入るのでしょうか? 購入したことを家族に知られたくない、という人は多いと思うんです。それから、配送伝票の出荷元の名前とや配送箱はどうなっているのかな? とか。細かいんですが(笑)

工藤さん:わかります! そうですよね。クレジットカードの明細にはTENGAの社名は入らず委託している会社名が入ります。あと、配送伝票の出荷元は個人名になっていてTENGAとは書かれません。配送箱も何も書かれていない無地のものです。ただ、コンビニ決済の場合は、“TENGA公式オンラインストア”と“買ったアイテム”の表記があるようなのでバレたくない人は注意が必要ですね。この辺も今後変えていかなければならないですが。

―そうなのですね。やはりそのあたりは注意されているのですね。ほかの人に知られたくない人はコンビニ決済よりクレジットカードの方が安心ですね(笑)次に夫婦で楽しめるアイテムを教えてもらえますか?

TENGA SVR CARMINE ¥5,400(税込)

西野さん:これなんかどうでしょうか? TENGAの商品なのですが、輪の部分を男性器に着けて使います。この状態で挿入するとやわらかい棒の部分が振動し、クリトリスを刺激してすごく気持ちが良いんです。クリトリスを刺激されるとオーガズムに達する女性は多いと思いますが、なかなか難しいんですよね。実際に「セックス時にオーガズムに達したことがあるか」という問いに「ない」と答えた方は38.3%いるんです。なのでこれを使っていただけるといいと思います。

―すごい! そんなものがあるんですね。アイテムを実際に使ってセックスしているカップルってどのくらいいるんでしょうか?

工藤さん:実際に使っている割合は分からないのですが、興味があるプレイということで「アイテムを使う」と答えた方は3割近くいらっしゃいます。また、「パートナーにアイテムを使うことを提案されたら使いたいと思うか」という問いに「思う」と答えた方はアラフォー女性では6割を超えています。さらに「アイテムの使用を提案してみたいかどうか」では5割弱の女性が「してみたい」と答えています。

―しかし実際には提案するのは難しいですよね…。

西野さん:そうなんです。男性によっては「俺のじゃ満足できないのか!」と、こういうグッズを敵対視している人もいるんです。男性器とグッズはまったく別物なんですけどね。なので、「会社の忘年会でもらっちゃった」など、誰かにもらった体で話をするのがいいかもしれないですね。

工藤さん:一緒に選ぶのもいいですよね。お酒をのんで大人の映画でも観て、「そういえば最近こんなのがあるらしいよ」って一緒にスマホで見たり。

―いいですね。こちらから買って「これ使って」では先ほど西野さんが仰ったように「俺のじゃ満足できないのか!」ってショックを受ける男性もいそうですね。しかし、セックスレスの夫婦が社会問題になっていますが、そういった方たちはどうしたらいいと思いますか? セルフプレジャーで満足するのとセックスで満足するのはやっぱり違う部分がありますよね。セックスは愛情表現のひとつですし。お互いが嫌いになったのではなく、すれ違いや忙しい日々の中で自然とセックスレスになってしまった夫婦はどうしたらいいと思いますか?

西野さん:そもそものお話になってしまかもしれませんが…結婚する時に自分にとって性がどれほど大切なものなのか、ということをお互いにすり合わせしておくことはすごく大事だと思います。だって、離婚をしない限りずっとその人がパートナーなわけです。浮気をしないなら今後、その人だけになります。なので、本当にその話し合いは大切だと思うんです。後で後悔しないために。

―既婚者の西野さんからのこの意見に工藤さんは意外なことを仰いました。最終回は、夫婦のセックスレス問題、夫婦のカタチ、そしてTENGA社のこれから、などについてのお話です。お楽しみに。

文/和氣恵子

左/西野芙美さん、右/工藤まおりさん

【プロフィール】
工藤まおりさん

東京都出身。津田塾大学数学科を卒業後、リクルートグループを経て2015年に株式会社TENGAに入社。現在入社3年目で、TENGAと、女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRやプロモーションを担当。

西野芙美さん
1989年生まれ。早稲田大学文化構想学部で史学、文学、哲学等を学び、卒業後は人材紹介会社、出版社での勤務を経て株式会社TENGAに入社。2017年12月より広報宣伝部広報チームマネージャー。TENGAブランドのほか、医療・福祉・教育分野の専門家と連携して性の問題解決を目指すグループ会社「TENGAヘルスケア」の広報を担当。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

ご自身の妊娠・出産の経験から「誕生学」を確立、普及させてきた大葉ナナコさん。5人のお子さんを育てた経験と、多くの女性を支えてきた立場から、親の役割、そして子育てしながら自己実現をするための秘訣を教えてもらいました。著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にしたインタビュー、最終回です。


【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

幸せの秘訣「ゆるむ」ためには、自分と向き合って自分を「ゆるす」ことが大切です。第二回のインタビューではそのためのコツをお話いただきました。数多くの妊娠、出産に関する本を出版され、妊娠前、妊娠中、産後の多くの女性を支えてきた大葉ナナコさんに、著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にお話を伺いました。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター