妊活中の病院との付き合い方【幸せな妊活のススメ#4】

妊活中の病院との付き合い方【幸せな妊活のススメ#4】

どうやって病院を選ぶべきか。選んだあと、先生や看護婦さんたちとどのように付き合っていけばいいか、分かりませんよね。そこで、助産師の立場から、遠慮せずに言うべきこと、言わないほうがいいこと、悩んだら他の病院に変えるのもありなのか? など、病院との付き合い方について教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

一緒に妊活をするパートナーとして医療機関を捉えること

今、日本で何かしらの不妊治療を受けている人は50万人いるそうです。50万人が妊活をするパートナーとして医療機関にかかっています。
多くの人が「ネット検索」「口コミサイト」「知人の紹介」や、通勤をしている場所にアクセスがいいからなどと言った理由で、医療機関を選んでいると思います。その選択肢は大学病院、総合病院、不妊専門クリニックなどなど、多岐にわたります。

とくに、先進的な生殖医療を受ける場合に関しては「専門クリニック」を選択する人が多いと思います。

周りの評価も気になるところですが、もし一度も医療機関にかかったことがなければ、まずはパートナーと一緒に「行ってみること」をお勧めします。
予約制などのクリニックが多いので、事前の予約も必要です。そして、自分がそこに通うことをイメージすることや、パートナーがそこにいくことに対して抵抗がなくなるように、一緒に近くを散策してみるのもいいでしょう。

とある専門クリニックの院長先生が、「とても大変な治療を受けるのだから環境には気を付けています」とおっしゃっておりました。いろいろな情報がある中で「一緒に歩んでいく」というイメージでまずは現地に向かってみて下さい。“百聞は一見に如かず”と言います。また、初めてかかった医療機関に通い続ける必要はありません。医療機関側もそう思っています。

メディカルチェックを受けてなければなおさらです。どこの医療機関にも紹介状のシステムがありますので、まずは新しい扉を開く形で見に行き、そして実際に受診してみましょう。

選んだあとの医療従事者との関わり方について

Getty logo

「病気」ではない前提の不妊治療ですが、不妊の原因に婦人科疾患や男性因子の場合ももちろんあります。なので、まずは「現状を知る」という形でのメディカルチェックを受けましょう。そして、医療者には何でも疑問に思ったことを聞くことをお勧めします。

「そうはいっても目の前にいったら聞けない!」という声が聞こえてきます。そうですそうです、聞けないですよね。なので、受診メモをもって行きましょう。
今の自分の体に不調があれば、その不調のこと、月経周期のこと、パートナーとのセックスのこと、などなど、聞きたいことをあらかじめ整理して、メモに書いて持っていきます。もしも、そのメモをみて嫌な顔をした人がいたら、その人と一緒にこれから不妊治療を頑張ろうと思えますか?

多くの医療機関が問診票を用意していますし、専門クリニックはかなり丁寧にカウンセリングに近い聞き取りなどをしてくれます。

もしカウンセリングがなくても、メモをみてニコニコとお返事をくれたり、目と目をしっかりとみて関係性が保てることを感じたらきっと、「このクリニックに通って頑張ろう」という希望や勇気が湧いてきますよね。

医療者も人間なので、感情の変化もあったりしますが、あなたの目をみてきちんとコミュニケーションをとれる関係性を築ける人との出会いがあれば大丈夫です。医師だけでなく、ほかのスタッフについてもそうです。現場にいた人間として、医師のスタンスが周りの雰囲気も作ることを痛感しています。私の信頼する先生たちは皆さん緊張感がなく、リラックスした雰囲気のなか診療してくれます。

「何も言えない…」という一方的なやり取りではない医療従事者と妊活をしてもらいたいと思います。

ほかの医療機関に変えるメリット・デメリット

繰り返しになりますが、ほかの医療機関を受診することは、決して悪い事ではないです。それは自分自身の権利でもあるのです。

たとえば、とても些細な一言でも医療従事者にいわれた言葉で心をえぐられるようなことがあるのです。専門病院ではトレーニングをうけた専門家が丁寧に対応してくれるので、あまりないと思いますが「もう、その医療機関にいきたくない!」と心も体も辛くなるようなことがあったら、無理をせずに医療機関を変えてください。

変える時のデメリットは、通院が大変になる、改めて初診料がかかる、紹介状では伝わらないやりとりなどを再度話さなければならない、といったところでしょうか。しかしやはり人間同士なのですから相性があると思いませんか?

自分たちにとって最善な方法をパートナーとも話会いながら決めてください。それこそ、他の病院に移る理由を「引っ越し」などと言ってもいいと思います(笑)もしくは、ほかの病院に移ることを歓迎しないなんて、なにかその病院おかしいな? と思いませんか?

あなたたちのための治療はあなたたちが受ける場所を選ぶ権利があるのです。ぜひ、医療従事者を信頼して、自分の選択を信頼して一緒に歩んでいき最高の「応援」をしてくれる医療機関に出会ってください。今は素晴らしい思いをもった医療者がたくさんいます! ぜひ安心して医療機関の扉を叩いてみて下さい。パートナーと場所選びをすることはとても大切です。ぜひ一緒に探して下さい。そして、自分自身が通いやすく安心できる場を見つけてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

あなたは自分のカラダについて正しい知識をもっていると思いますか? 『あなたも知らない女のカラダ』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さんは不妊治療専門クリニックの先生でもあります。インタビュー最終回は船曳さんが思う子どもを持つということ、パートナーとの関係についてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター