セックスレス つらい… 夫を誘ったら「女として見られない」と言われた【夫婦問題お悩み相談室 #26】 | 大人のワタシを楽しむメディア
セックスレス つらい… 夫を誘ったら「女として見られない」と言われた【夫婦問題お悩み相談室 #26】

セックスレス つらい… 夫を誘ったら「女として見られない」と言われた【夫婦問題お悩み相談室 #26】

アラフォーでセックスレスに悩むあなたへ。「もう何年もセックスをしていない。このままレスの状態が続いてしまうか…」と落ち込んでいる方もいらっしゃるでしょう。セックスレスになってしまう原因は様々ですが、決して自分を責めないでください。レスになってしまったらどうしたらいいか。夫婦問題の専門家が教えます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

セックスレス問題に悩む妻は少なくありません。出産をきっかけにして、住まい環境や寝室事情など、セックスレスとなる原因はそれぞれですが、「女として認められないようで寂しい」という本音も見え隠れしています。

夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに、おもにセックスレスの心構えやメンタル面についておお話いただきました。

【お悩み】 セックスを再開したいと思い誘ったのですが「家族になってしまって女として見られない」と夫に言われてしまいました。このまま一生セックスなしはイヤです。

子育てがひと段落し、夫との時間も大切にしたいと思うようになりました。長い間セックスレスだったので、そろそろ再開したいなと、さりげなく誘ったのですが夫からの反応は薄く…。ストレートに伝えても「家族になってしまって女性として見られない」と言われてしまいました。ショックです。このまま一生セックスなしの生活は考えられません。どうしたらいいでしょうか。 (Bさん・45歳)

男女で異なるセックスに対する考え方

ご主人との生活を大切にしたい、もっと仲良くしたいと考えていたのに、「女として見られない」と拒否されるのはとてもショックですよね。

カウンセリングの現場でも、「子どもが生まれてからセックスレスになってしまいました」「子どもがほしいのに、夫はまったくその気になってくれません」「私は性欲があるのに、夫は淡白です」など、セックスレスに関する妻からの悩みをよく聞きます。

セッションの際「男女の脳の違い」についてよくお話するのですが、セックスに対する考え方も、男女で異なるようです。
男性は、もともと狩猟体質で、子孫繁栄の本能が組み込まれています。自分と同じ血を受け継いだ子どもを大勢残したいという本能があるため、セックスは子作りのための手段。一方、女性は受け身で、受精によって胎内で時間をかけて生命を育みます。
男女の身体の造りもそのようにできていますよね。

男性は女性が考える以上にシャイでデリケートなところがあり、「そんな気分じゃない」とか「面倒だからイヤ」といった妻からのちょっとした言葉に深く傷つき、セックスに対して積極的になれずにいるケースや、家事育児に忙しくしている妻から、長い間、性生活を拒否され続け、自信を失っているケースもあります。

セックスはコミュニケーションのひとつ

Getty logo

セックスという行為は、相手があってこそ成り立つもの。つまりコミュニケーションのひとつです。長い間セックスレスだったのに、こちら側の準備が整い、セックスを望むようになったからといって、いきなり相手にセックスを強要しても、言われた方は心の準備ができていません。無理強いしても、心の通いあうセックスは望めません。

Bさん夫婦がセックスレスになってしまった原因は何でしょう。夫婦間で誤解や勘違いなどはないですか。もしあったとしたら、誤解を解く必要があります。

Bさんの本当の思いは、「夫との時間をもっと大切にしたい」ということです。「セックスをする」ことに焦点をあてると、頭の中はそのことでいっぱいになってしまい、「夫ともっと仲良くなりたい。スキンシップをとりたい」という本質を見失ってしまいます。
また、自分の思いを通そうと、「このままではイヤだ!!」「セックスして!!」と叫び続けるのは逆効果です。望んでいる方向とは違う方向に進んでしまうので気をつけましょう。

本質を見失い、本末転倒にならないように

私が引き受けたカウンセリングで、以前こんなことがありました。
子どもが欲しくて、「妊活」に熱心に取り組んでいたご夫婦なのですが、経済的・精神的な負担が続き、ご主人が「僕は精子マシーンじゃない」と訴え、妊活を拒否するようになりました。

もともとの考えを振り返ってみると、「ふたりの間に赤ちゃんがほしいね」という素朴でシンプルな気持ちからスタートしたはずです。それなのに、受精にばかりに考えが集中してしまったのです。

そこで、夫婦それぞれの思いや男女の考え方の違いなどをお伝えするうちに、何が本当に大切なことなのか気づき、お互いに対して優しい気持ちが持てるようになり、ふたりの関係は穏やかになりました。
すると、受精が目的だったセックスから、お互いを思いやる自然体のセックスができるようになったのです。もしかしたら、愛のあるセックスによって赤ちゃんが授かるかもしれません。

一方、こちらとはまったく逆で、夫婦間に溝が入り、互いに相いれず「妊活離婚」にまで発展してしまうケースもありました。

これは、妊活の例ですが、本末転倒にならないよう、「何が大切なのか」を忘れずに時間を味方につけて、あせらず、ゆっくり取り組んでほしいと思います。

二人にとっての快適なコミュニケーションを

「家族になってしまって、女として見られない」と言われてしまったのであれば、女性として見てもらえるような工夫と努力は必要かもしれません。
まずは、二人の距離が近くなるための環境やシーンを整えることからスタートしましょう。

寝室はリラックスできる空間ですか?

美味しい料理とお酒、女性らしい身だしなみ、室内の照明や香りなど、工夫の余地はいろいろあります。新たに夫婦関係を築くような心構えで取り組んでみてください。
具体的なテクニックや会話法は、プロの意見を取り入れると効果的かもしれません

夫婦間のコミュニケーションのとり方は千差万別です。自分たちにフィットする方法で、ふたりだけの快適なスキンシップ&セックスライフを送ってくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳

==========

【関連記事】

なぜセックスレスの状態が不満なのか。考えてみたことはありますか?
【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>
https://wome.jp/articles/2212

セックスレス問題、実は寝室にあるかもしれません
セックスレスは寝室に問題あり⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #55】
https://wome.jp/articles/1613

日頃から夫を立ててますか? 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんにいわせれば“立ててないのに勃つわけない”
【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>
https://wome.jp/articles/2195

【編集部おススメ!】セックスレス対処法

セックスレス対処法 その1:ラブマッサージ

私はこれまで200名以上の男女の悩み相談に答えてきました。その中でも特に多いなと感じたのが、セックスレスの悩みでした。

このラブマッサージレッスンを開発したのは、2012年です。当時、夫婦のセックスレスが社会問題としてメディアにも多く取り上げられていました。私は、夜のお仕事のなかで、マッサージのお店に勤務していた経験から、「世の中のカップルにはもっと愛のマッサージが必要だ!」と思い立ち、大人の女性限定のラブマッサージレッスンをスタートしました。


ラブマッサージとはエッチなマッサージではなく、あくまでも自然に「日ごろの疲れをとってあげる」マッサージの先に、エッチな期待が膨らむマッサージなのです。

日常を送るうちに空気のような存在になってしまって、スキンシップもほとんどない…そんな夫婦がセックスレスを解消しようと、突然妻がエッチな下着をつけたり「エッチしよ」などと耳元で囁いても、これまでずっとセックスもしておらず、すっかり子どものパパママになってしまった夫はビックリするだけです。

それどころか「うちの妻は淫乱になってしまったのか⁉」と引いてしまって嫌悪感を感じてしまう夫もいるかもしれません。

そ・こ・で、あくまでもシンプルにさりげなく、日常の中で夫をムラムラさせちゃおう。それがラブマッサージなのです。

パートナーの愛を深めるラブマッサージ【大人のラブ♥パートナーシップ#15】

https://wome.jp/articles/1404

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。今回は、夫婦円満協会が開催している大人の女性限定の講座をご紹介します。それは、ラブマッサージレッスンです。アラフォー世代を中心に全国で300名以上の20代~60代の女性が受講した夫婦円満・パートナーシップを高める特別なマッサージなのです。

セックスレス対処法 その2:リラックス

その気にさせるなら、性的な気持ちを高める方法を考えるのは当然です。セクシーな下着を着けてみたり、ふたりの時間にちょっとエッチな映画を流してみたりなど、性欲を刺激することは決して間違ってはいません。

ですが、疲れているときにいきなり性的な空気を妻に出されても、気持ちがついていけずに尻込みしてしまうことも夫にはあります。抱いて欲しいと妻にアピールされることが嫌なわけではありません。それは嬉しいことだけど、体が性欲を感じにくい状態では応えることができないので苦しくなってしまうのですね。

性欲が沸き起こるのは、心も体もリラックスしているとき。妻に対して愛しいという気持ちを抑えきれなくなるような、そんな時間を夫に提供しましょう。


男性はリラックスした状態でないと勃起しないのはご存知ですか? 「え? 興奮状態にあるから勃起するんじゃないの?」そう思っている女性は多いでしょう。

興奮状態では交感神経が、リラックスした状態では副交感神経がそれぞれ優位になるのですが、セックスの中で交感神経が優位になるのは射精した時のみ。つまりリラックスした状態でないと男性は勃起せず、挿入することもできないのです。

よく、初エッチで勃起せずにその場が白けてしまった。なんて初々しいカップルの話がありますが、それはそれだけ男性が女性のことを好きで緊張が勝ってしまったからかもしれません。

なので、セックスレスで急に刺激を与えても男性がその気になることは、ほぼありません。まずは美味しい食事とお酒を楽しんで、ふたりで楽しい時間を過ごしリラックスした状態をつくることがセックスレス解消への第一歩です。

夫をその気にさせるマル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

https://wome.jp/articles/1322

夫をベッドに誘っても、最近断られる…。セックスに乗り気じゃない夫、このままだとレスになってしまう! こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。プレッシャーのあるセックスだと男性は妻への愛情をなくしてしまうので、さり気なくその気にさせることを考えましょう。

セックスレス対処法 その3:原因を考える

例えば、何となくお互いがその気になれなくて…というときでも、必ずセックスレスには原因があります。夫を誘ったけど疲れを理由に拒否されてしまい、その後のフォローがなかったり、仕事や家事が忙しくてセックスを楽しむ余裕がないまま夜は寝るだけの日々を過ごしていたり、気持ちのすれ違いがきっかけになることは多くの夫婦に見られます。

喧嘩したなど原因が明らかなときも同じで、セックスレスを止めるには問題を改善する必要があります。お互いに性欲を感じ、愛し合うためには心のわだかまりをなくすことが重要。忙しさや疲れが原因で夫の相手をできなかったとわかっているときは、「やっと落ち着いたから、あなたに甘えたくなっちゃった」など「寂しい思いをさせてごめんね」という気持ちをこめた一言があると、夫の方も抵抗なくあなたを受け入れることができるでしょう。

避けたいのは、「レスを解消したいから仲直りする」ような意図が見えてしまうこと。家事の分担が原因で喧嘩してしまい、そのままセックスしなくなっているのに、とりあえず問題は置いてセックスだけを再開したがるような姿は夫のストレスがさらに増すことになります。心を開いて愛し合うのがセックスです。つまずいた部分はきちんと解決したいという姿勢を見せ、関係の修復からふたりで取り組んでいくのがセックスレスの解消につながると思いましょう。


そもそもセックスレスになってしまった“原因”を考えたことはありますか? まったく心当たりがない、という方は稀でしょう。もしかしたら結婚当初より随分体重が増えてしまった、夫からの誘いを断り続けた、ケンカばかりしていてまったコミュニケーションをとらなくなった、夫が不倫した…様々な理由がそれぞれの夫婦にあり、それを見つめるのは辛いことだと思います。

その“原因”を解決せずにして、セックスレスが解消することはほぼ不可能です。もしも解消したとしても、それでは心の交流はできず、カタチばかりのカラダの関係になってしまいます。この先何十年も生活を共にする相手との関係がそれでいいのでしょうか?

本当に再び結ばれたい、と思っているのなら、まずは原因を直視し、それを解決すべく妻の側から努力してみてはどうでしょうか? すべては自分が幸せに生きるための行動です。自分を幸せにできるのは自分しかいません。ぜひ、勇気を出してはじめの一歩を踏み出してみてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯住宅に両親と同居している夫婦の夜の営み事情。自分の親であれ夫の両親であれ、いるとなかなかリラックスして抱き合えないという話はよく耳にします。気を使うことに疲れてセックスレスになる可能性もあり、二世帯住宅でのセックスは難しい⁉ 実際問題どんな感じなのか、実例を元にお話しします。


セックスレスは寝室に問題あり⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #55】

セックスレスは寝室に問題あり⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #55】

小さな子どもがいたり、仕事の都合で生活のペースが違ったりと、夫婦が同じ部屋で寝れない家庭は多くありますが、夫婦が別々の部屋で寝ることを習慣にしてしまうと、スキンシップ不足からセックスレスにつながることもあります。どんな場合でも、なるべくふたりきりで過ごす時間を持つように心がけることが、夫婦の愛情を失わないコツです。


セックスレス解消!原因は何? 男女・夫婦・カップル セックスレスの本音と対策【WOMe総力特集】

セックスレス解消!原因は何? 男女・夫婦・カップル セックスレスの本音と対策【WOMe総力特集】

セックスレスの原因は?解消するにはどうしたらいい?/セックスレス…カップルの数だけセックスがあり、カップルの数だけレス問題が付きまといます。日本性科学会は特別な事情が無いのに一か月以上セックスがないカップルをセックスレスと定義しています。そして、お互いがセックスを望まないのであればセックスレスとは定義しません。つまり、どちらかがセックスを望んでいて特別な事情が無いのにも関わらずセックスが無い場合を“セックスレス”というわけです。


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google