【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。現在『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げ活動をされています。それはご自身の辛い妊活や出産を諦めた経験からでした。朝生さんに想いを伺ったインタビュー二回目です。


ずっと問い続けています。何が自分にとっての幸せなのか?と

前回の記事はこちらから

―妊活を止めた時、どんなことを思われましたか?

うーん…妊活をしている時からずっと、後悔や反省をし続けていました。若い時に筋腫があるって言われていたのになんでちゃんと治療しなかったんだろう、とか、もっと早くから病院に行っていれば良かった、ちゃんと薬を飲めばよかった、しっかり睡眠をとればよかった、とか…「ああすればよかった」「こうすればよかった」って思ってしまうんですね。そんな思いは、妊活をストップしてもかなり長い間、心に残っていました。

でも一方で、「私にとって本当に幸せなことって何だろう?」って考えた時に「子どもがいないからといって、不幸せとは言えないかも」と思ったりもして…。

そもそも“子どもがいないと不幸なのか?”ということについてです。

経済学に“地位財”と“非地位財”という考え方があります。“地位財”とは「目に見えやすいもの」「他者と比較できるもの」です。家や車、社会的地位など外見的に見て分かるものですね。かたや“非地位財”とは「目に見えないもの」「他人は関係なく、自分の基準で価値を決められるもの」です。美味しいごはんを食べられて幸せ、だとか、素敵な友人と楽しい会話ができて幸せ、といったようなことです。

“子どもがいない”という状態に対して、どう価値をつけるか、意味をつけるかは自分次第なのです。人と比べて「あの人には子どもがいるのに私にはいない、だから不幸」とはいえない。手に入らないものに固執して“今、目の前にあるもの”の価値に気が付けなくなっていたらモッタイナイですよね。だったら、現実は現実として受け入れて、自分がこれから幸せになる方法を考えるしかないと思ったんです。

―確かにそれは辛いことですね。ですが、頭ではそう分かっていても感情がついてこない…ということもありますよね。

その通りですね。無理に明るく振舞ったりネガティブ感情を持つ自分を恥じたり責めたりする必要はないんです。子どもが産めないという事実を受け入れて、妊活を止めた時の喪失感はものすごいものがあります。先日、イギリス人女性が自分の体験を基に、子どものいない人のために書いた本を読書会という形で読んだんですが、その中の一文で“子どもが産めない”ということを受け止めた時の喪失感を「大事な人が亡くなった感覚」と表現していました。それを読んでものすごく腑に落ちたんです。

存在していないはずのものなのに、何かを失くした感覚を抱くんですね。

―なるほど…大切な人を失くした…そういった感覚は世界共通なのでしょうか? 欧米でも子どもを産まない女性というのは肩身が狭かったりするのでしょうか?

ええ、その本を読んで私も驚きました。日本だと未だに子どもを産まない女性に対して同じ女性が非生産的と言ってみたり、ただのわがまま扱いしたりすることがありました。TV番組で子どものいない女性の人生を取り上げたら「そういう女性がいるから日本が少子高齢化になるんだ」などといった抗議のFAXが送られてきたりしています。それに比べてもっと欧米諸国はそういった“○○すべき”的な感覚から解放されていて、それぞれの生き方を尊重し合っているように思っていたんです。ですが現実にはそうではなかったことが、その本を読んでわかりました。

イギリス人の女性もそういった“女性はこうあるべき”といったある種の呪いに苦しめられていました。この方は、ジョディ・デイさんという方ですが、英語圏を中心に活動を広げられています。欧米の方がそういったことを公表して分かち合おうとする活動は盛んであるようです。彼女たちもやっぱり同じように苦しい思いをしているんですね。

―朝生さんは“子どもをいない人生”を選択的に選んだ人たちについてはどう思われますか?

その人たちの選択であり、生き方は自由です。実際にFacebookページでも、そうした方も意見を寄せてくださっています。ただ、女優の山口智子さんが、『子どものいない人生を望む』とインタビューで答えられたことが話題になりましたが、その件については複雑な思いもあります。子どものいない女性がすべて、山口さんのように自主的に選択したようなイメージを作られてしまったかもしれません。

“子どものいない人生”を送っている人たちって本当にグラデーションで様々なんですよね。本当に欲しくて欲しくてしょうがなかったのにできなかった、生まれつき病気で子どもがもてなかった、そもそも子どもは欲しくなかった、男性不妊で授からなかった、子どもができたらいいなあ程度に思っていて結局できなかった、などなど。なので、会では特にそういった背景は限定していませんが、子どもがいない将来への不安などは共通であるように感じます。

―「子どものいない人生を歩む人たちはグラデーション」という言葉は、当事者であり多くの「子どものいない人生を歩んでいる人たち」と思いを共有している朝生さんならではで重みを感じました。次回は子どもがいないことで起こる弊害、日本社会の構造の歪みについてお話いただきます。第三回に続きます。

文/和氣恵子


キャリアカウンセラー
『子どものいない人生を考える会』主宰
朝生容子さん


新卒で、1988年に大手通信会社に入社。営業所窓口を皮切りに、人材開発、マーケティング等に従事。1993年に会社の同期と社内結婚。 1999年に社会人向け教育機関に転職。企業研修部門において 法人向け営業を担当。
夫の単身赴任期間での体調悪化や不妊治療の失敗をきっかけに、 自分のキャリアを見直す。2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。現在は社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組んでいる。
朝生容子さんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター