【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。現在『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げ活動をされています。それはご自身の辛い妊活や出産を諦めた経験からでした。朝生さんに想いを伺ったインタビュー二回目です。


ずっと問い続けています。何が自分にとっての幸せなのか?と

前回の記事はこちらから

―妊活を止めた時、どんなことを思われましたか?

うーん…妊活をしている時からずっと、後悔や反省をし続けていました。若い時に筋腫があるって言われていたのになんでちゃんと治療しなかったんだろう、とか、もっと早くから病院に行っていれば良かった、ちゃんと薬を飲めばよかった、しっかり睡眠をとればよかった、とか…「ああすればよかった」「こうすればよかった」って思ってしまうんですね。そんな思いは、妊活をストップしてもかなり長い間、心に残っていました。

でも一方で、「私にとって本当に幸せなことって何だろう?」って考えた時に「子どもがいないからといって、不幸せとは言えないかも」と思ったりもして…。

そもそも“子どもがいないと不幸なのか?”ということについてです。

経済学に“地位財”と“非地位財”という考え方があります。“地位財”とは「目に見えやすいもの」「他者と比較できるもの」です。家や車、社会的地位など外見的に見て分かるものですね。かたや“非地位財”とは「目に見えないもの」「他人は関係なく、自分の基準で価値を決められるもの」です。美味しいごはんを食べられて幸せ、だとか、素敵な友人と楽しい会話ができて幸せ、といったようなことです。

“子どもがいない”という状態に対して、どう価値をつけるか、意味をつけるかは自分次第なのです。人と比べて「あの人には子どもがいるのに私にはいない、だから不幸」とはいえない。手に入らないものに固執して“今、目の前にあるもの”の価値に気が付けなくなっていたらモッタイナイですよね。だったら、現実は現実として受け入れて、自分がこれから幸せになる方法を考えるしかないと思ったんです。

―確かにそれは辛いことですね。ですが、頭ではそう分かっていても感情がついてこない…ということもありますよね。

その通りですね。無理に明るく振舞ったりネガティブ感情を持つ自分を恥じたり責めたりする必要はないんです。子どもが産めないという事実を受け入れて、妊活を止めた時の喪失感はものすごいものがあります。先日、イギリス人女性が自分の体験を基に、子どものいない人のために書いた本を読書会という形で読んだんですが、その中の一文で“子どもが産めない”ということを受け止めた時の喪失感を「大事な人が亡くなった感覚」と表現していました。それを読んでものすごく腑に落ちたんです。

存在していないはずのものなのに、何かを失くした感覚を抱くんですね。

―なるほど…大切な人を失くした…そういった感覚は世界共通なのでしょうか? 欧米でも子どもを産まない女性というのは肩身が狭かったりするのでしょうか?

ええ、その本を読んで私も驚きました。日本だと未だに子どもを産まない女性に対して同じ女性が非生産的と言ってみたり、ただのわがまま扱いしたりすることがありました。TV番組で子どものいない女性の人生を取り上げたら「そういう女性がいるから日本が少子高齢化になるんだ」などといった抗議のFAXが送られてきたりしています。それに比べてもっと欧米諸国はそういった“○○すべき”的な感覚から解放されていて、それぞれの生き方を尊重し合っているように思っていたんです。ですが現実にはそうではなかったことが、その本を読んでわかりました。

イギリス人の女性もそういった“女性はこうあるべき”といったある種の呪いに苦しめられていました。この方は、ジョディ・デイさんという方ですが、英語圏を中心に活動を広げられています。欧米の方がそういったことを公表して分かち合おうとする活動は盛んであるようです。彼女たちもやっぱり同じように苦しい思いをしているんですね。

―朝生さんは“子どもをいない人生”を選択的に選んだ人たちについてはどう思われますか?

その人たちの選択であり、生き方は自由です。実際にFacebookページでも、そうした方も意見を寄せてくださっています。ただ、女優の山口智子さんが、『子どものいない人生を望む』とインタビューで答えられたことが話題になりましたが、その件については複雑な思いもあります。子どものいない女性がすべて、山口さんのように自主的に選択したようなイメージを作られてしまったかもしれません。

“子どものいない人生”を送っている人たちって本当にグラデーションで様々なんですよね。本当に欲しくて欲しくてしょうがなかったのにできなかった、生まれつき病気で子どもがもてなかった、そもそも子どもは欲しくなかった、男性不妊で授からなかった、子どもができたらいいなあ程度に思っていて結局できなかった、などなど。なので、会では特にそういった背景は限定していませんが、子どもがいない将来への不安などは共通であるように感じます。

―「子どものいない人生を歩む人たちはグラデーション」という言葉は、当事者であり多くの「子どものいない人生を歩んでいる人たち」と思いを共有している朝生さんならではで重みを感じました。次回は子どもがいないことで起こる弊害、日本社会の構造の歪みについてお話いただきます。第三回に続きます。※11月3日12時公開予定※

文/和氣恵子


キャリアカウンセラー
『子どものいない人生を考える会』主宰
朝生容子さん


新卒で、1988年に大手通信会社に入社。営業所窓口を皮切りに、人材開発、マーケティング等に従事。1993年に会社の同期と社内結婚。 1999年に社会人向け教育機関に転職。企業研修部門において 法人向け営業を担当。
夫の単身赴任期間での体調悪化や不妊治療の失敗をきっかけに、 自分のキャリアを見直す。2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。現在は社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組んでいる。
朝生容子さんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

愛ある厳しさで大人気の恋愛婚活コンサルタント菊乃さん。インタビュー最終回は最近では当たり前になってきた婚活アプリについて。アプリを使った婚活の注意点などについてお伺いしました。


【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でも、愛あるスパルタ指導が大人気です。今回は菊乃さんの元を訪れる迷える婚活女性たちについてお話を伺いました。第二回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター