【#FocusOn】酒井順子さん×村山由香さんトークショー『オトナの保健室』朝日新聞「女子組」取材班(著)出版記念

【#FocusOn】酒井順子さん×村山由香さんトークショー『オトナの保健室』朝日新聞「女子組」取材班(著)出版記念

朝日新聞夕刊の企画『オトナの保健室』をまとめた本が今月、集英社から出版されました。記念して27日(土)『負け犬の遠吠え』などで有名なエッセイストの酒井順子さんと『ダブル・ファンタジー』など多数の恋愛小説で有名な作家の村山由香さんを迎えてトークショーが開催されました。


現代日本において”女性の性”を大手新聞社が取り上げることの尊さ

朝日新聞の夕刊に「オトナの保健室」という企画があるのをご存知でしょうか? 性に関する読者からのお悩みに、専門家が答えたり読者の声を核に取材したりと、とても大手新聞社が夕刊で記事しているとは思えない、赤裸々な女性たちの声が並びます。

筆者も以前からファンで楽しく読ませていただいておりましたが、『オトナの保険室』をまとめた本を集英社が出版するのをきっかけに、エッセイストの酒井順子さんと作家の村山由香さんを招いたトークイベントが開催されるというので行ってまいりました。

当日参加した80名の女性たちから事前におふたりへの質問が募集されていて、その質問をおふたりへ投げかける形式でイベントは進行されました。

会場には20代と思われる方から、かなりご高齢の方もいらっしゃいました。おふたりへの質問はとてもリアルで切実で「この会場にいる誰かがこの問題について悩んでいるんだ…」と、質問者の方を身近に感じながらトークは進みました。

オトナの保健室の企画の第一回目のテーマは「セックスレス」だったそうです。WOMeでも注目度がたかいテーマです。当日はセックスレスに関する質問も上がりましたが、それに関するおふたりの回答は独特でした。

酒井さんも村山さんもおふたりとも口をそろえて

「セックスをしたらキレイになる、とかセックスをしないといけないとか、そういったメディアから流れてくる情報に惑わされないで。セックスの在り方も多様化しています。『周囲にどうみられるか』ではなく、自分がどうありたいか、を考えるようにしてほしい」

とお話されていました。

これからの時代は自分の欲求を伝えていい、伝える努力こそ必要

さらに、夫へ自分の本当の気持ちを伝えることができない、嫌なことを嫌だと言えない、というお悩みには

「日本人女性は『自分さえよければ』と感情を閉じ込めてきた。でも、これからの時代はそうじゃない。そろそろ“自分の欲求を伝える努力”をした方がいい」

とお話され、深く納得しました。ついつい「察してほしい」「分かるだろう」と女性は考えがちですが、伝えなければ相手には伝わりません。波風を立てたくないと口をつぐめはそれはなかったことにされてしまうんですよね。波風が立つことを恐れずに伝える“努力”が今こそ必要なのだと強く感じました。

女子組を担当している編集デスクの方が

「朝日新聞の夕刊で女性の性について取り上げることに関してはいろいろなご意見もあります。ですが、これは必要なことだと信じて、続けられるように努力し続けたいと思っています」

と仰ったのが、とても印象に残りました。

イベントでは酒井順子さんと村山由香さんのプライベートな性にまつわるお話もたくさん聞くことができましたが、それは会場にいた人たちだけのお楽しみ…。ですが、本の巻末の特別対談でもかなり赤裸々にお話されていますので、気になる方はぜひご覧ください。

『オトナの保健室』はWOMeの読者の皆さんにこそ、読んでいただきたい一冊です。これを読めば「自分だけじゃない!」ときっと勇気づけられると思います。秋の夜長の一冊にぜひ加えていただければと思います。

ちなみに、オトナの保健室は、朝日新聞のニュースサイト朝日デジタルでも読むことができます。気になる方はまずはこちらでチェックしてみてくださいね。

文/和氣恵子

『オトナの保健室 ~セックスと格闘する女たち~』  (著)朝日新聞「女子組」取材班

オトナの保健室: セックスと格闘する女たち (単行本)

¥ 1,404

セックスレス、不倫、セクハラ、そして世界的なうねりを見せる#MeeToo運動。 誰しも何らか抱える性に関する問題が、識者のコメント、対談、インタビュー、一般読者投稿から赤裸々に語られる。 新規取材の村山由佳さんと酒井順子さんの対談の他、上野千鶴子さん、宋美玄さん、こだまさん、はあちゅうさん、伊藤詩織さん、紗倉まなさんなど各界著名人が登場。 朝日新聞夕刊連載中の人気記事、待望の書籍化。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター