アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


アメリカの働くママ事情

「この国で働いていない女性はどこにいるのか?」

思わずそう思ってしまうくらい、赤ちゃんや小さな子どもがいても働いている女性の多いこと。アメリカは生後6週間程度から子どもを預かってくれることや、そもそも産休や育児休暇の制度がない会社が多く、だいたい産後3か月程度から復帰するママが多いことも理由なのかもしれません。

写真は子どもの保育園の帰り道。柵のむこうが保育園の敷地です。アメリカのplayground(園庭)はとても広く「今日は違う公園に行ったよ」と子どもが言うほど。保育園内に公園のようなplaygroundがいくつもあります。

アメリカに来てすぐ、私の子どもは日本でいう保育園のようなところへ通うことになりました。日本の保育園ほど激戦ではないですが、やはり大人気でキャンセル待ちが常です。 私も渡米の話が持ち上がってすぐ、まだ何も決まらない時から、まずはウェイティングリストに名前を載せてもらうことにしました。(ちなみにウェイティングリストに名前を載せてもらうだけでも80ドル程度の費用がかかります) 子どもが通う保育園は7時にオープンし、18時にクローズします。

その間の好きな時間に子どもを連れてきて、好きな時間にお迎えにくればよいことになっています。18時以降の延長はありません。日本の感覚だと、「18時までなんてお迎えがギリギリ! 間に合わない!」と思うママもいるかもしれませんね。私が住むエリアにある日本の省庁のようなところは、16時に帰宅ラッシュの渋滞になります(アメリカは車社会で、大半が車通勤)。

そして、多くのママ、パパたちが16時頃に子どもを迎えにきます。一度、仕事が押して17時にお迎えに行ったら、約20人のクラスメイトがほぼ帰り、うちの子どもともう1人の子だけが、ぽつんと残されていました。日本には「時短」という働き方がありますね。小さいこどもを持つママは、時間を区切って働いていることも多いと思います。

けれど、こちらではもともとの就業終わりが早いということもあってか、時短で働いているという話はあまり聞きません。ただ、時々15時過ぎに子どもを迎えに来る人がポツポツいます。全体の1%くらいでしょうか。理由のひとつは、日本よりも保育料が高めだからかもしれません。日本のように世帯収入によって保育料が変わるシステムはなく、日本のだいたい倍以上かかります。

会社からの補助の有無は組織ごとによって違うようで、補助をしてくれる会社にいれば日本と同じくらいになるかもしれません。 一度、同じマンションに住む中国人研究者の友人から「18時までにどうしても仕事が終わらないのでこどもを預かってもらえないか」と頼まれ、急遽預かったことがありました。

彼女はとても優秀な研究者で5歳の娘と2人で、アメリカで暮らしています。「夫は英語ができないから中国に置いてきたの」と。日本でもアメリカでも、小さな子どもを育てている時は近くに家族や親戚がいないと大変です。トラブルのときに頼れる友人を作っておくことは、世界共通。小さなこどもを持って働くことは本当に大変です。私もこどもが2歳になるまでは、無理して頑張ることが多く、気合いで乗り越えてきたことが多かったように思います。

“It's out of your business.” という考え方

日本にいる時に「小さいこどもがいるのに働くなんて…」「3歳までは家に」という世間の空気を感じたことがあります。私の会社の日本オフィスで働く女性スタッフたちと「わかるわかる」「私も言われたことあります」と、うなずきあったものでした。

「親以外に預けるのはちょっとね」「保育園なんてかわいそう」など、いろんなことを言われると過敏になってしまって、少し気にしてしまう私がいました。そんな話をアメリカ人の友人にしたら「まあ! そういうことを言われたらね、“It's out of your business.”と言えばいいのよ」と言われました。直訳すると「それはあなたの仕事ではないわよ」つまり、「あなたには関係ないわよ」という意味になります。

そんなことを伝えるのはキツイ印象がしますが、彼女は言いました。「その意見を言ってきた人はあなたのことをどれくらい知っているの? あなたのことを理解して言ってくれている言葉なの? あなたにはあなたのルールがある、あなたのスタイルがある。あなたのワークスタイルじゃない。あなたと他人の意見は違って当然よ。どうしてあなたのスタイルに他人が口をだすの」と。

アメリカには、とてもたくさんの人が暮らしています。私が普段接するだけでも、アメリカ人、ブラジル人、ユダヤ人、ロシア人、インド人、ペルー人、タイ人、台湾人、中国人、韓国人とさまざま。そして、アメリカ人と言っても、さまざまな人種と宗教、考え方、スタイルを持った人がいます。違って当然だからこそ、アメリカではより「個を尊重する」ことが求められていて、小さい頃から「自分を知ること」「他人との違いを受け入れること」、そういう教育に力を入れているように感じます。

他人のスタイルに口を出すのはエレガントではないと考えられているのです。 最後に彼女は「私たち、自分の人生に100%責任を持っている。100%取り組んでいる。だから“It's out of your business.” 私の人生だもの」 キャリアを積み重ねながら2人の子どもを育てている彼女らしい言葉でした。

※後半に続きます。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗


大網 理紗

リサ・コミュニケーションズ代表
世界の王室・皇室・政府要人といったVIP接遇業務に従事した後、全国アナウンスコンクール優秀賞、国際優秀賞受賞などの経歴を活かし、話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。
独自のメソッドを開発しコミュニケーションスペシャリストの育成を行なう。大学、教育委員会、企業等で数多く講演。また、宮内庁・王室主催の舞踏会などで社交界の経験を積む。

著書
『人生を変えるエレガントな話し方(講談社刊)』
『大人らしさって何だろう。(文響社刊)』



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

あなたが何かを言ったり行動したりする時に“周囲の視線”を気にしてはいませんか?私たちはついつい周りにどう思われるか、ということを基準にした言動をしがちです。ですが、“それは本当のあなた”なのでしょうか?アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんはもっと自由に身軽に解放的に、周囲の視線を気にせず生きてもいいのではないか、と言います。今年の夏のテーマは“ワガママ宣言”。そんな自分になってみませんか?


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】今まで生きてきて、一度も誰にも嫉妬したことがない、という人はとてもレアだと思います。SNS全盛期の今、特に私たちは日々色々な嫉妬の感情に苛まれ翻弄されているのではないでしょうか。そんな時、絵本コーディネーター東條知美さんのおススメする本を読めば、“自分は自分”思えてくるかもしれません。


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優し彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google