「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


制服のまま、子どものお迎えに来るママたち

前回からのつづき ーーー

そんな彼女の言葉を聞いて、保育園に軍隊の制服や病院の手術着のまま、お迎えに来ているママ達を初めて見たときのことを思い出しました。これはアメリカが車社会で、制服のままでも車で帰れてしまうからこそできることなのかもしれませんが、正直初めて見たときはとても驚きました。

けれど、凛として颯爽と制服姿で子どもを抱っこして歩いている姿をみて、とても素敵だなと感じました。私は日本で仕事をしていたころ、仕事が終わらず子どものクリスマス行事にスーツで駆けつけたことがあります。子どもに合わせたおしゃれをしているママ達の中、ビジネススーツの私はなんとなく浮いていて、肩身が狭いような気持ちになってしまいました。

私の尊敬する女性社長が、「どれだけ仕事が忙しくても、私は仕事の服装のまま、子どもの行事に行くことはしない。必ずデニムに着替えてからいく。子どもの場所には子どもの場所にあった空気をまとう必要があるから」と言っていた言葉を思い出して、反省しました。

私はその女性社長の考え方もとても好きですし、女性はそうやって周りの空気に溶け込むように調和して、まめに着替えられるのが素敵なんだとも思います。どちらも素敵なスタイル。それは、それぞれが自分の軸を持っているからだと思います。私も肩身が狭い…なんて人目を気にせず、堂々としていればよかった。世界中どこにいても、誰といても「これが私のスタイル」と胸を張れる女性がカッコイイと今は思います。

どこにいても誰といても「私は私」と言える強さ

写真は世界最大の花崗岩の一枚岩の山、ストーンマウンテン。山腹には南北戦争の司令官のレリーフがあります。戦争は悲惨で許容できるものではありませんが、それぞれが「自分の信じる道」のために戦った歴史を感じます。

とはいえ、私には“It's out of your business.”と、他人に言う勇気はでそうにありません。そんな話を、アメリカに10年以上暮らしているブラジル人女性にしてみました。彼女は歯科医師で、東京に住んでいたことがあります。日本の大学で3年間研究していたそうで、日本が大好き、特におそばが好きだそうです。日本で大きな地震があった際も、いち早く心配して声をかけてくれました。

彼女は「Japanese are polite and honest.」 日本人は礼儀正しくて正直だからよ、と答えてくれました。「日本人の女性は、他人にも自分にも礼儀正しく、正直でいようとするのだと思う。だからきっと悩むのね。でも私は、日本人のそういうところが好きよ」と言ってくれました。

アメリカ人、日本人、と一言には括れません。本当にいろんな人がいます。でも日本で暮らしていた海外の人から見て、私たちがそんな風に見えるなんて、ちょっと嬉しいです。おそらく私が“It's out of your business.”と他人に言う勇気がでないのは、相手に失礼な気がしてしまうし、言った後のその人との人間関係が気になるから。

それを気にするのは彼女が言う「礼儀正しい」になるかはわかりませんし、さらっと流せずに、どこかもやもやした気持ちを抱えてしまうのは「自分の気持ちに正直でいようとする」からではなく、自分に自信がないからなのかもしれません。私は他人のスタイルにNOとは言わずにできるだけ寛容でありたいと思うし、「私は私」と言える強さを持てる私でいたいと思っています。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗


大網 理紗

リサ・コミュニケーションズ代表
世界の王室・皇室・政府要人といったVIP接遇業務に従事した後、全国アナウンスコンクール優秀賞、国際優秀賞受賞などの経歴を活かし、話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。
独自のメソッドを開発しコミュニケーションスペシャリストの育成を行なう。大学、教育委員会、企業等で数多く講演。また、宮内庁・王室主催の舞踏会などで社交界の経験を積む。

著書
『人生を変えるエレガントな話し方(講談社刊)』
『大人らしさって何だろう。(文響社刊)』



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター