【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。助けた妊婦は無事に出産できたが、身元不明だという。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

第一話を読む
第二話を読む
第三話を読む
第四話を読む
第五話を読む
第六話を読む
第七話を読む
第八話を読む
第九話を読む
第十話を読む
第十一話を読む


取材が終わったのは、夕方の5時過ぎだった。

さくらい産科クリニックに電話を入れると、新田医師は不在で、今日子が運んだ身元不明の女性は、出産後にぐっすりと寝ているという。 

ロビーに戻って、スマホでメールをチェックすると、これから編集部に戻ってすぐに着手しなければならない仕事は一つもなかった。編集部に電話を入れると、サイトの存続危機から今日子の右腕になった向井葵が「お疲れさまです」と元気な声で労ってくれた。

Getty logo

「氷室先生のインフルエンザ騒動は、大変だったでしょう。こっちもいろいろよ」とため息をつくと、「何があったんですか」と聞き上手な向井に誘導されて、妊婦をクリニックに運んで、分娩室の前で誕生に立ち会ったこと、妊婦の身元不明が原因で印象室に呼び出されたことなどを話すと、向井も「ミステリアスですね」と好奇心を丸出しにした。

「編集長、慰労を兼ねて、ホテルに一泊して温泉で癒されてください。明日は休日なんですから」

そういえば明日は土曜日だった。曜日感覚がなくなるほど、夢中で仕事をしていた。

「東京に戻る途中に、そのクリニックを尋ねて、身元不明の妊婦を見舞ってみるというのもいいですね。企画のネタになるかもです」

と、今日子の仕事熱をあおる。向井葵には、すっかり見抜かれてしまったと苦笑いしていると

「それに私、実は明日、山梨に用事があって。お昼から、なんですけど」と向井。
「あら。そうなの。もしよければ、こっち来る?」

チェックアウトが澄んだ頃に、向井が富士レークホテルに立ち寄ることになった。向井と一緒にカフェでお茶をしながら、湖と富士山を眺めるのも、悪くない。

Getty logo

電話を切ってからフロントで宿泊を申し出た。するとわざわざ支配人がやってきて、部屋を案内してくれた。シングルの部屋が満室のため、西館にあるツインの部屋のドアを開けると、薄いクリーム色で統一された部屋には、ツインのベッドと小さな可愛らしいテーブルが置かれていた。旅情が漂う部屋だった。今日子は富士山が見える窓側のベッドに横になって、夕闇に包まれるシルエットを厳かな気持ちで眺めていた。音はなく、聞こえるのは今日子自身の息遣いだけだ。

富士山がやがて夜の闇に包まれそうになると、今日子ははっと気が付いてバックからスマホを取り出し、シャッターを切った。サイトに掲載できそうな幻想的な風景に、心が躍った。それから宮内に、愛車は明日返すとメールを送っていると、フロントから電話がかかってきた。

「さくらい産科クリニックの新田医師からお電話がありました。お手数ですがクリニックに電話をして欲しいとのことです」

今日子が富士レークホテルで取材すると話したことを新田医師が覚えていたのだろう。すぐに折り返しをすると、新田医師の年齢よりも若々しい声が響いた。

「仕事は終わられたのですか」
「ええ、終わりました」
「ではこれから東京に戻るんですか」
「それが、富士レークホテルで一泊することになったんです」
「そうですか。よろしければ、明日東京に戻る前に、山本さんを見舞ってもらえませんか」

山本というのは、今日子が助けた妊婦の名前だった。

「身元が分かったのですね。よかった」

今日子は安堵感と共に、明日また是枝事務局長と会うかもしれないという期待と不安が入り混じった複雑な気持ちに包まれた。

「ぜひ山本さんに会ってあげてください。それでは失礼します」

念を押す新田医師の声がきびきびとしている。きっと患者思いなのだろう。今日子は深いため息をついた。朝から立て続けにいろんなことが起こり、しかも過去の扉が突然開いたのだ。チクチクと心が痛む。感傷的な気分に支配されそうになると、窓の外の富士山がじっと自分を見つめているような気がした。神々しい山は、神そのもののようだ。今日子は富士山に背を向けて、ノブミツの電話番号をプッシュした。

Getty logo

「今日子よ。今、話せる?」
「グッドタイミング。あたしもラインしようと思っていたところ」

ノブミツの野太い声が飛び込んだ。

「転送された手紙のミステリー、わかったわよ」

探偵業を営んでいる中学の同級生に調べてもらったという。ノブミツのネットワークの広さに感嘆すると、

「今日子、まずあんたが心配するようなことはなかったわ」と今日子を安心させた。
「5年前まであんたが住んでいたマンションの大家の認知症が進んだのよ。今日子が引越しをしてから届いた元カレのカードや手紙を処分できなくて、とっておいたらしいのよ。認知症の進行が進んだ大家が、今日子の新しい住所に転送したってわけ。人生、何が起こるかわからないわね」

ほおっという深いため息が漏れた。予想外のことに、今日子は言葉も出なかった。

「元カレから届いた手紙のことを、大家さんはどうして今日子に連絡しなかったんだろうね。それも認知症が進んだせいってことかしら」

ノブミツの推測通りだろう。

「ありがとう。おかげで気が抜けたというか」
「今夜はぐっすり眠れそうね」 

じゃあねというノブミツに。「ちょっと待って」と、今日子は妊婦をクリニックに運んだこと、そして、クリニックで初恋の男にそっくりな事務局長に会って、ドキドキしてしまったことを、打ち明けた。

作家 夏目かをる



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連する投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(15)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(15)

いよいよ最終回。周囲の反対にあい望まれない出産を選択した千恵を見て今日子は何を思うのか。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(14)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(14)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。過去の自分の隠しておきたかった出来事を百合に告白し涙が止まらなくなる――。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。ミステリーだった過去からの手紙の理由が明らかになって安心する今日子だった。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(11)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(11)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。思わぬことで妊婦を助けることに…。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(9)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(9)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。ようやく退院できたと思ったら今度は編集部員が大量に突如やめたと連絡が…。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター