今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

結婚を決めたときは、「一生この人を支えよう」と思っていた。でも長い年月が過ぎて周りを見ると、いろいろな女性が人生を楽しんでいる。「もしかして、私もああなれたかも……」なんて思い始めると、今の結婚に「これで良かったの?」と思う瞬間があるかもしれませんね。結婚生活に疑問を持ったときはどう向き合えば良いか、お話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「多様性」が受け入れられる現代

ひと昔前は、結婚すれば女性は家庭に入るもの、家を守るのが妻の仕事という考えが世間一般の風潮でした。働くのは夫の仕事、妻は家庭で家事や育児をするのが当然とされており、自分もそのつもりで結婚した、という女性も多いでしょう。

しかし時は流れて現代は、女性の社会進出がめざましい時代となりました。女性が男性と肩を並べてキャリアを磨くことを歓迎する流れが生まれつつあります。

女性が外で働くことをよしとする風潮は、結婚の形にも影響しています。「事実婚」や「同性婚」のように婚姻届を出さなくても夫婦と認められるようなスタイルは、以前なら考えられなかったかもしれません。

夫と妻が対等に社会で存在できるのが現代です。仕事のあり方や結婚の形はさまざまな方法が受け入れられ、昔より柔軟に女性が生きていける世の中になりつつあります。

そんな中で、「妻は家庭を守るもの」という意識に疑問を持つ妻もいます。本当はもっと外で自分の力を活かしたい、私も家から出たい。そもそも、「今の夫で良かったのか」と結婚生活そのものにふと引っかかりを覚えてしまったり…。女性の“多様性“が認められる現代は、女性が自分の生き方を問い直す機会を与えてくれます。

「この結婚で良かったのか」と思い始めてしまうと、別の人生を思い描くこともあるでしょう。じゃあ、離婚する? 自分の力で生きてみる? そんな自問自答とぶつかったときは、どうすれば良いのでしょうか。

不満だから離婚する、では解決しない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

たとえば、当たり前のように掃除や洗濯を自分に任せっきりにしている夫。子どものことで相談したくても「お前が決めていいから」と丸投げされる、パートでもいいから働きたいと言えば「家のことはどうするんだ」と渋い顔をされる。ため息をつきながらテレビやネットを見ると、自分と同じように結婚している女性がいろいろな場所で活躍していてストレスを感じるばかり。

結婚したときは、確かに家のことは自分がすることで了解していたけれど、今は共働きの世帯のほうが多いのが現実です。不況のせいもありますが、女性が働く場はたくさん用意されていて、能力を歓迎するところが多くなりました。

それを反対されると、窮屈に感じますよね。また、自分も働きに出ているけれど夫は家事をせずにいつまでもこちらばかり負担になる、というケースもあるでしょう。これも同じく「家庭を守るべき」という昔の“常識”を押し付けられている感じがします。

「そもそも、この人と結婚していなければ別の人生があったかもしれない」結婚生活への不満はこんな考えも生みますが、それなら離婚すれば望むような日々が得られるのでしょうか。仕事はあるんだからこっそり働いて貯金して、自分の力で生きていけるようになれば離婚して、それで手に入る“新しい人生“は、本当に幸せなものなのでしょうか。

確かに、自力で稼ぐ方法を見つけて夫とは縁を切る人もいますが、それで解決するのは「家庭に縛られたくない」という問題です。「自由になる」のが目的ならば、それは結婚生活の中ではかなわないものかどうかをまずは考えてみる必要があります。

離婚すれば、これまで築いてきた夫との関係は失われます。ふたりの愛情も、信頼も、二度と戻ることはないのです。その選択を、自分だけの視点で決めてしまうのはとても危険だと筆者は思います。

結婚していても生き方は変えられる

「夫に尽くすことが私の人生じゃない」と思うなら、それを正直に話すことが「別の人生」への第一歩になります。こんな生き方をしてみたい、という自分の気持ちをまずは知ってもらうことが、結婚生活を続けながら望む自由を得るきっかけになると思いましょう。

家事など家庭が疎かになることへの夫の不満は、ふたりの協力でいくらでも解決していけます。夫はそのやり方を知らないだけ。時短になる家電を購入したり外部のサービスを利用したりと、目を向ければ生活を助けてくれるものは必ずあるはずです。

夫に納得してもらうには、自分でも望む生き方がかなう方法をしっかりと調べる必要があります。在宅での仕事やリモートワークなどを採用する企業も増えており、いきなりフルタイムの勤務が難しくてもいずれは正社員として登用されるような会社を探すなど、家庭を守りながらでも動けることをアピールしないといけません。

仕事でなくても、今の結婚生活に不満を覚えるのは何かしら原因があるはずです。やりたいことや夢があるけどそれはかなわない、と決めてかかっている思考を外し、「今の状態でもやれること」を見つけてみましょう。

自分の生き方と夫の生き方は、夫婦である限り無関係ではいられません。逆にいえば、自分の生き方が今より良いものになれば、夫にとってもそれは幸せな影響を及ぼす可能性が高いのです。

自分が望む生き方と結婚生活を切り離して考えるのではなく、結婚していても生き方は変えられる、という視点を持つと、そのために利用できる制度やサービス、社会の考え方などを柔軟に受け入れることができます。

本当に不満なのは、「今の夫」ではなく「家庭を足かせのように感じる今の生活を変えられない自分」。それなら、変えていくための努力を始めてみると、目に入る景色が大きく変わってくるでしょう。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦問題 結婚生活

関連する投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター