【#FocusOn】二人目を出産し自分の働き方改革をしなければいけないと感じた。医学博士 山下あきこ先生インタビュー<第一回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】二人目を出産し自分の働き方改革をしなければいけないと感じた。医学博士 山下あきこ先生インタビュー<第一回>

【#FocusOn】二人目を出産し自分の働き方改革をしなければいけないと感じた。医学博士 山下あきこ先生インタビュー<第一回>

“マインドフルネス”という言葉も市民権を得たかのように感じる今日この頃。美容のためストレス解消のため、仕事の効率アップ…など様々な角度からマインドフルネスが論じられていますが、WOMeでマインドフルネスについて連載していただいた医学博士の山下あきこ先生が「株式会社マインドフルヘルス」を立ち上げたのは2015年。そこにはいったいどんな思いがあったのか? お話を伺いました。インタビュー第一回目です。


育児との両立、お薬を渡すだけの日々に疑問を感じた

――こんにちは! オンラインで打ち合わせなどをさせていただいていますが、お会いするのは初めてですね。本日は企業研修の講師のお仕事で福岡からいらしたとか。

そうなんです。先週も来ていました(笑)

――それはマインドフルネスを仕事に役立てる…というような研修ですか?

はい。ある年代の方々に向けて、役職別などではなくて…。

――そういった需要はここ最近増えてきていると感じますか?

そうですね。過労死や鬱からの自殺など、企業が直面している問題は多いですから、そういう状態にならないための取り組みとして増えていると思います。

――先生が株式会社マインドフルヘルスを立ち上げたのは2015年ですよね。まだ今のように「マインドフルネス」は世間で知られてはなかったと思いますが、そもそも先生はなぜ会社を立ち上げようと思ったのですか?

一番大きかったのは、二番目の子どもを産んで復職した時のことです。小さな子どもをふたり抱えながらフルタイムの勤務はとてもきつくて。保育園に朝7時半に預けてお迎えの時間がきたら帰ってふたりのお世話をして、寝かしつけて、家事をして、それからまた仕事をしたりして。子どもとの時間が欲しいのに、ぜんぜん取れない。毎日毎日ヘトヘトで家庭の中はギスギスしているし、全然幸せじゃないなって。これは働き方を変えなきゃいけないってそう思ったんです。

――お子さんは年子とのことですが、本当に大変だと思います。まさに息つく暇がない…。

ええ。しかも保育園から病院まで車で5分ほどの距離だったので、ひとりでゆっくり考え事をする時間はなかなか取れませんでした。

――嬉しいような…辛いような…。働き方を変えるとなると時短勤務にするなどを思いつきますが、なぜ「会社設立」だったのでしょうか。

ちょっと話は前後してしまうんですが、私は生活習慣病の医師として20年近く働いてきました。病院には病気になった人たちが来ます。そして、薬をもらって帰っていく。薬をのむと状況は改善します。ですが、薬を飲まないとまた悪くなります。それはなぜかというと、根本的な原因を治療してないからなんですね。お薬をのむだけでは対処療法でしかない。くすぶっている悪いところに蓋をして見ないようにするだけ

――なるほど。

だんだん自分がお薬を渡すだけのマシーンのような感覚になってしまって。患者さんは一日に何人もいらっしゃるからゆっくり相談にのる時間もない。これじゃいけない、根本的に何かがおかしいってずっと思っていました。さらに、私は元々高齢者福祉をしたいと思っていたんです。

母が老人ホームで看護師をしていたので、小さなころから出入りをしていてお年寄りと接する中で、元気なお年寄りが増えたらいいなあと思っていました。それなのに、当時の私は元気なお年寄りを増やす活動どころか、薬を渡す人になってしまっている。お薬を飲むだけの状態を続けていては元気に年を取ることはできません。自分がやりたいことと違う仕事をし続けているということにも悩みました

――そんな時にマインドフルネスと出会った?

そうですね。それもありますし、私は脳神経外科医でもありますから、脳や運動や栄養や様々なアプローチから健康に年をとるメソッドを作れないかと思ったんです。それには会社をつくって、体系化するのが良いだろうと思いました。

働き方について考えた時に、「私から医者を取り上げたらどうなるんだろう?どんな仕事ができるんだろう?」ってすごく悩みました。結局、医療の現場でしか仕事はできないのかなあ…と思った時に、大学時代の恩師の「医者の仕事は診療だけじゃない」という言葉を思い出しました。それで私は医療の現場で人を助ける仕事ではなくて、病院に来なければいけない人をひとりでも減らす仕事をしよう、人が幸せに健康に生きられる仕事をしようと思ったんです。

――そうだったんですね。マインドフルヘルスで指導される内容と言うのは具体的にどんなものなのでしょうか?

栄養、睡眠、運動、心理学の面からアプローチしたメソッドになります。

――日常的に取り入れられることですか?

もちろんです! すべては生活習慣なんです。それを整えれば色々変わってきます

マインドフルネスで大切なのは「生活習慣」

――先生には何度も教えていただいているのですが、イマイチまだマインドフルネスというものがピンときていないんです…(笑)

わかります。とても抽象的ですよね。ともするとスピリチュアルの世界なの? と思われてしまう…研究論文もたくさん出ている科学的なものなんですけどね。マインドフルネスの中でも大切なもののひとつである瞑想も、ちょっとスピリチュアル的な部分もありますしね。

足を組んで何分以上しなければいけない、とか言われるとめんどくさそうって思ってしまう部分もありますよね。本当はどこでもできる簡単瞑想なんていうのもあって、それをするとしないとでは全然違ってきます。いろんな方法がありますけど、やっぱり一番大切なことは生活習慣で、それが自分の思考やカラダの不調、仕事の効率、人間関係などすべてに繋がっていきます

――うーん。また壮大になってきて混乱してきました(笑)例えば、それまで生活習慣がものすごく乱れていた人がマインドフルネスを取り入れて生活習慣を改善して健康寿命を延ばす!なんてことはできたりするのでしょうか。

できます。それは証明されているんです

――まだまだマインドフルネスのすごさについて理解できませんが、なんとなくやっぱりすごいものなんだろうな、と言うことがわかってきました…。次回、二回目はなぜマインドフルネスで健康寿命を延ばすことができるのか? と言うお話です。

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

医学博士、神経内科・内科医師 株式会社マインドフルヘルス代表
山下あきこさん

1974年佐賀県生まれ。医学博士、神経内科・内科医師。診療や研究を行う中で、高齢になっても自分らしく生きるための方法を模索し続けてきた。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。主に健康や自己実現に関するセミナーや研修を企業や一般向けに行い、行動変容を促すスキルと正しい知識を提供している。マインドフルネスVRを楽しめるスマートフォンアプリの開発・配信も手がける。
山下あきこさんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

巷で圧倒的に多いのは、夫の方が年収が高く、資産もある。離婚時には、そのような夫からいかに多くの養育費と財産分与を勝ち取るか! が重要ポイントとなるケースです。しかし、割合は少ないですが、妻の方が夫より稼いでいるケースもありますね。周りに参考例が少ないため、いろいろと情報収集に困る方も多いと思います。今回は、そのような妻


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google