なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #27】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #27】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】なんでも私に頼ってくる夫。もっとしっかりしてほしい。自立してほしいのですがどうしたらいいですか。

夫は私の10歳年下で収入も低く、いろいろなことがスムーズにできません。免許の更新や銀行口座の開設といったこともです。なんでも私に頼るので、一緒について行ったり、代わりに電話をしてあげたりしなければならないのです。結婚するときはそんなちょっとほっとけない感じが好きだったのですが、もうすぐ子どもも生まれますし、しっかりしてほしいと思っています。どうしたら夫を変えることができるでしょうか? (Uさん・37歳)

いい・悪いは表裏一体。同じ現象も見方によって異なる

いまや「亭主関白」は少数派⁉  女性が強くなりすぎてしまったのでしょうか。最近は、頼りがいのある妻に甘えている男性も少なくないようです。夫婦カウンセリングのご相談を受けていても、しっかりさんの姉御肌タイプの妻はけっこうな割合でいます。

もちろん頼りがいのある男性もいるのですが、女性は、どちらかというと男性に比べて現実的で細かいことによく気付き、さらに母性本能も備わっているので、男性の頼りなげなところがかわいく感じて、ついつい面倒を見てしまうのかもしれませんね。

ところが、残念なことに、結婚生活を続けていくうちに、お付き合いしていた頃や結婚当初は、気にならなかったり良いと思っていたことが、気になって仕方なかったり、悪く感じてしまったりすることはよくあるようです。

同じ事柄でもよく見えたり、悪く見えたり、何事も表裏一体。長所と思える面が見る角度によっては、一転短所になってしまいます。結婚生活は、そんな思考の連続なのかもしれません。

身近にしっかりさんがいたら、頼りたくなるのが人情

Uさんは、賢くテキパキこなせてしまうので、頼まれると「任せて。私がやってあげる」と引き受けてしまうタイプなのかもしれませんね。

手を差し伸べてくれる人がいれば、甘えたくなるのが人情です。そのほうが安心ですし、自分は何もしなくてすみますよね。一方で、そういう人がいなければ自分でやるしかありません。
きっとご主人も、奥様を頼って甘えてきたのでしょう。
ですが、
Uさんは「夫にもっとしっかりしてもらいたい」と望んでいます。

今までは、自分がやってしまえばよかったし、それで済んできたけれど、お子さんの誕生を控え、このままではよくないと感じ初めたのでしょうか。
それとも、ずっと、ご主人のことを頼りなく感じていて、なんとかしたいと思い続けていたのかもしれません。
いずれにしても、「もっとしっかりしてほしい」と夫に期待しているのだとしたら、今から、そのようにアクションしましょう。

本当にやってもらいたいなら、任せて頼る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

方法は簡単です。夫に任せて頼るだけです。
自分がやったほうが早いかもしれませんが、Uさんが手を出してやってあげてしまうと、いつまでも夫の変化は望めません。

誰でもやったことのないことはできませんから、一から学ぶしかありません。銀行の口座開設や免許の更新などの手続きも、もしご主人に経験値がないのであれば、やり方を教えてあげましょう。マニュアルや指南書があれば、それを見せて、習得してもらうといいでしょう。

Uさんが思うほどスムーズには進展しないかもしれませんが、「できない」と決めつけずに、ご主人を信じて任せてみてください。わからないことは人に聞いたり、ネットで調べればいいのですから、出来ないことはないはずです。

気をつけることは、ご主人が出来ないことをバカにしたり、感情的に怒ったりしないことです。特に男性は、見下されたり小馬鹿にされるのを嫌います。逃げたくなってすぐに匙を投げてしまうので、ダメ出しは避けて、ご主人に気持ちよくやってもらう環境を整えてくださいね。

心に余裕を持って柔軟に対応する

そして、あまりカチカチに考えすぎないことです。
厳しい「ルール」を作ると、それに縛られて苦しく感じます。「すべて夫にやってもらう」と決めつけることはありません。
つまり、心に余裕を持たせることが大切です。ご主人を見守りつつ、ときにはUさんが担当するなど、臨機応変に柔軟に対応してほしいと思います。

夫婦の関係はこれからです。家族が増えて新生活がスタートし、ライフスタイルが一変すると、とても忙しくなることが予想されます。そうなったら、物理的にもUさん一人ではこなせなくなります。否が応でも、ご主人もやらざるを得ない状況になるでしょう。必要に迫られるのが一番の学習です。

できる人にとってはなんだかもどかしく感じるかもしれませんが、経験値を重ねるうちに、いつの間にかできるようになっているもの。時間を味方につけて焦らずじっくりと取り組んでくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

同じ家で暮らしてはいるけど、過ごす部屋は違うしご飯も一緒に食べない。寝室も別だし、もちろんセックスなんてしない。こんな家庭内別居を選ぶことは、夫婦にとってどんな意味があるのでしょうか。もしどちらかが不倫したら、慰謝料を請求することは可能なの? 家庭内別居のメリットやデメリットについて、ご紹介します。


外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

お付き合いしているときと違って、結婚すると相手を見る目が違って来ることも…。「こうであってほしい」と理想の結婚スタイルがあるがゆえに期待度が増して、浮上する悩みもいろいろ。今回寄せられたご相談もそんな悩みのひとつです。


実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

結婚して何年も一緒に生活をしていても、ラブラブな夫婦でいたい、そう思いますよね。新鮮な気持ちを失わないコツは、夫への関心を忘れないことにあります。実際に幸せな関係を続けている妻に話を聞いてみると、“行動”の大切さを改めて実感。具体的にどんなコミュニケーションを取っているのか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】セックスの定義を切り替えればいい!挿入ありきのセックスは人生100年時代にそぐわない<最終回>

【#FocusOn】セックスの定義を切り替えればいい!挿入ありきのセックスは人生100年時代にそぐわない<最終回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。なんといってもセックスレス問題に関する記事は毎回多くの人に読まれています。第二回目でセックスレスになってしまう大きな要因について教えていただきました。最終回はどうしたらセックスレスが解消するか、というお話です。


私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター