仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】 | 大人のワタシを楽しむメディア
仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

昇進したり、転職したり、仕事で新しいことにチャレンジする時、ミスや遅延はつきものです。上手くいかないと焦ってしまって余計にまたミスをする、周囲からも白い目で見られる、落ち込む、またミスる…この連鎖を断ち切ってポジティブ思考になるにはどうしたらいいかお伝えします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

自分を責めるつぶやきに気づこう

Getty logo

仕事でミスをしたときに、頭のなかでどんな言葉を自分に投げかけているでしょうか?

「人に迷惑かけてる私はダメな人間だ」
「いつも失敗ばかりだ」
「どうせ何をやっても上手くできない」

もしこの言葉が上司からの台詞だったら・・・と想像してみてください。

「お前はダメな人間だ」
「お前はいつも失敗ばかりだな」
「どうせ何をやっても上手くできないだろう」

こんなことを言われたらさらに激しく落ち込み、自信はなくなり、仕事のやる気もなくなりますよね。絶対に言われたくない言葉です。

それなのに、私たちは自分に対してこんな厳しい言葉を投げかけています。失敗しただけでも辛いのに、さらに自分を責めて苦しめているのです。

人からの言葉も、自分の心のつぶやきも、脳は同じように受け止めています。そうして自分へのダメ出しを繰り返した結果、「できない自分像」を潜在意識に刷り込み、無意識にその通りの「できない自分」として行動するようになります。

ミスを今回だけの事実として客観的に見ることが出来たら、もっと気持ちが楽になるでしょう。自分を責めたり、過去の失敗とつなげて考えたり、将来の不安に意識を向けたりするのではなく、「今回はこうだった。次は上手くいくようにしよう」と切り替えることが出来れば、失敗→落ち込み→「できない自分」の刷り込み→次の失敗というサイクルを断ち切ることができます。

落ち込む自分を優しく受けとめよう

ミスをしたら落ち込むのは自然なことです。「落ち込んではいけない、前向きに考えよう!」といくら自分に言い聞かせても難しいものです。

落ち込む気持ちを引きずりたくなかったら、自分の気持ちを認めていたわってあげることです。すると早く立ち直ることができます。

「ミスして落ち込んでるんだね。周りに白い目で見られてる気がするよね。本当に辛いね、ヨシヨシ」と、ちょっと大げさなくらいに心の中で自分に優しい言葉をかけてあげると不思議と心が軽くなります。

さらに「人間なんだからミスすることだってあるよ。完璧な人間なんていないし」と強気になってきたらしめたものです。次のステップに進みましょう。

この教訓から、上手くいくシナリオを思い描こう

ミスをしたら、それを教訓として今後に活かしましょう。転んでもただでは起きない強さを身につけるのです。そのミスがどのようにして起こったのかをちゃんと検証することが大切です。どの段階でどのようにすると、それは防ぐことができるだろうとアイデアを出してみるのです。周りの人がどんなやり方をしているのか聞いてみるのもおすすめです。

そして、実際に成功するシナリオをイメージしてみます。頭の中に失敗を刻み込むのではなく、「この手順で進めたらうまくいった!」という記憶に書き換えてしまうのです。

そうすれば、あなたの潜在意識の中の「自分は失敗した人」と言うイメージを「自分は成功する人」に変えていくことができます。次に同じ状況になったら、自然とうまくいくような行動をとることができるでしょう。

ミスを起こしやすい状況 3つ

コンディションや状況でミスの発生率は変わります。脳科学の観点からミスを起こしやすい状況を3つあげてみます。

1、睡眠不足

疲労はミスを誘発します。疲労がたまる大きな原因は睡眠不足です。ちゃんと寝ていると思っている人でも、5、6時間の睡眠で十分だと思っている場合があります。実はほとんどの人は7~9時間の睡眠が必要です。日中の眠気や疲労を自覚していなくても、5、6時間睡眠の場合では、集中力の低下や作業の精度低下が確認されています。

ミスを起こしたくなかったら、7時間以上の睡眠を確保しましょう。もし、寝たくても眠れない状態が2週間以上続いているなら、心がかなり疲れているサインかもしれません。休養を積極的にとり専門の医師に相談することも考えましょう。

2、チームワークが取れていない

スタッフ間で気持ちが離れていると、できない人間と思われたくないという気持ちが起こって、「相談できない」「仕事を引き受けすぎる」「小さなミスを隠そうとする」そんなことにつながります。それが悪循環を引き起こすのです。あえて弱みをさらけ出すこともときには大切です。そして同僚の話をきちんと聞いて、風通しのよい職場作りを意識しましょう。

今何に取り組んでいるのか仲間に伝えるのも風通しをよくするコツです。進捗状況をこまめにチーム内で共有しておくとミスは起こりにくくなります。

3、その仕事が好きでも得意でもない

最後に考えてみて欲しいのは、その仕事があなたに合っているかということです。慣れない仕事にミスはつきものですが、同じ職場にしばらくいるのに何度もミスを繰り返す場合は、働き方や仕事内容を見直す必要があるかもしれません。

今の仕事が好きですか?得意分野を活かせていますか?

あなたの人生が終わる時に、あれをやっておけばよかった、本当はこうしたかったと思う可能性があるなら、どうしたら充実した人生を送ることができるのかを立ち止まって考えることも必要です。一度きりの人生です。目の前のことをそつなくこなすことだけでなく、少し先の未来の自分のことも考えて自分が情熱を持って仕事ができる道を探してみてもいいのではないでしょうか?

もしかすると「たまにミスをして凹んでも、私はこの仕事が好きだから続けたい!」という気持ちに気づくかもしれません。

失敗も自分らしく生きるための大切なステップと考え、次の階段を登っていきましょう。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google