内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

女性ホルモンの減少が潤いをなくす⁉

若い頃はそれほど気にならなかったのに、40代になると急に肌の乾燥に悩まされる方が増えてきます。今まで使ってきたスキンケアでは保湿力が物足りなく感じる方も多いようです。これは40代独特の「女性ホルモンの減少」が関係しています。

プチ更年期世代

女性ホルモンの分泌量は25歳頃をピークに、50歳頃に更年期を迎えるまで、緩やかに減少していきます。 この、女性ホルモンはお肌のハリと潤いのもとである「コラーゲン」や「エラスチン」を生成しています。

つまり、女性ホルモンが減少してしまうとコラーゲンやエラスチンの生成も減少し、乾燥や小ジワ、たるみといった肌の悩みが現れるのです。

40代は、これから本格的に迎える更年期に向けて、徐々に減っていってしまう、「コラーゲン」を意識する事が、スキンケアのポイントになってきます。

コラーゲンとエラスチンって何?

コラーゲンと聞くとプルプルした柔らかなイメージを持つのではないでしょうか? コラーゲンボールや魚の皮、豚の角煮がイメージされるからかもしれませんね。ですが、実はコラーゲンは強靭な繊維なのです。私達の肌は強靭なコラーゲン繊維の柱によって支えられています。コラーゲンはネット状に張り巡らされ、肌を支えてくれています。

そして、そのコラーゲンを結束バンドのように束ねて結んでいるのがエラスチン繊維です。結び目がしっかりしていることで、コラーゲンのハリは、より強力に、しなやかになります。40代は、減少していくコラーゲンのケアをしっかりすることによって、肌の内側にハリと潤いが生まれ、その結果、しっとり、みずみずしいお肌に見えます。

コラーゲンを増やすにはどうしたらいい?

実は、直接コラーゲンを食べても、コラーゲン入りの化粧品を使っても、お肌のコラーゲン自体が増える事は残念ながらありません。

コラーゲンを増やす為には、正しい生活習慣が一番大切です。とは言え、アラフォー世代は、仕事に子育てに忙しく、不規則な生活になりがちです。

では、せめて、コラーゲンの減少を緩やかにする為には、どうすればいいかお伝えします。

紫外線に注意する

とくに一年中降り注いでいる紫外線UVAは真皮層まで届き、コラーゲンのもとを損傷してしまいます。日焼け止めは一年通して使いましょう。

ステロイドの使い過ぎは要注意

ステロイドはアトピー性皮膚炎や、肌の弱い方にとっては有効なお薬です。ですが、長期間使うことでコラーゲンをつくる力を衰えさせてしまい、その結果お肌が薄くなってしまうこともあります。自己判断で安易に使ったり適切な量を超えて使うのは避けましょう。

糖化に気を付ける

ファーストフードや揚げ物、甘いおやつを過度に食べることは肌の糖化を招き、コラーゲンを焦げつかせてしまいます。揚げ物が続かないように蒸し物や煮物に変えるなど、同じ食材でも調理法などを工夫して摂るようにしましょう。

活性酵素をなるべく発生させない

ストレスや喫煙などによって活性酵素が発生します。ストレスをためないようコントロールするのはなかなか難しいですが、喫煙は意思があれば辞められます。煙草は美肌にとって百害あって一利なしです。

睡眠の質を上げる

睡眠は美肌づくりには欠かせないものです。ぐっすり眠るためには、真っ暗な環境で眠ることが大切です。部屋が明るいと、メラトニンが分泌されないからです。メラトニンには解毒作用や老化の原因となる活性酵素を中和する働きがあります。寝ながらスマホも睡眠の質を下げてしまいます。質の良い睡眠は高級な美容液にも負けない美肌効果があります。

スキンケアで出来ること

コラーゲンを増やす為には、コラーゲン入りの化粧品を使うのではなく、コラーゲンを生み出していくケアが大切です。アラフォー世代はぜひ取り入れてください。コラーゲンを生み出す為に欠かせないのが「ビタミンC」と「酸素」です。この2つを組み合わせたスキンケアは大変効果的です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ビタミンCの重要性

コラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠です。ですが、ビタミンCは残念ながら人の体内では作り出すことができません。スキンケアで積極的にビタミンCを取り入れてあげましょう。ただ、ビタミンCはそのまま肌に塗ってもほとんどが肌の内側まで吸収されません。より浸透性に優れた「ビタミンC誘導体」を選ぶ事がポイントです。

酸素は供給できる!

酸素は炭酸パックを使うことで供給できます。炭酸パックの効果で血液中の酸素濃度が高まり、毛細血管が細胞に酸素と栄養を運びます。とくにコラーゲンのある真皮層は毛細血管が張り巡らされているので、炭酸パックによる血行促進の効果が大きく、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCを隅々まで運ぶとこが出来るようになります。

いかがでしたでしょうか? スキンケアで外側からケアしつつ、健康的な生活習慣も意識して、しっとりプルプル肌を目指しましょう!

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター