実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

結婚して何年も一緒に生活をしていても、ラブラブな夫婦でいたい、そう思いますよね。新鮮な気持ちを失わないコツは、夫への関心を忘れないことにあります。実際に幸せな関係を続けている妻に話を聞いてみると、“行動”の大切さを改めて実感。具体的にどんなコミュニケーションを取っているのか、ご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【ラブラブ夫婦の秘訣 1】干渉しすぎない

「職場恋愛から結婚した夫とは、今でも楽しく毎日を過ごせていると思います。

新婚のとき、仕事が忙しくて帰りの遅い夫にあれこれと世話を焼きすぎてしまって、『尽くされるとプレッシャー』と言われて大喧嘩になったことがあり、それからはあまり口出しをしなくなりました。

仕事がどうとか、家ではあまり話したがらない夫なので、こちらからは訊かず夫が話題にしたときだけ答えるようにしたり、飲み会があるときに昔は迎えに行っていたけどそれをやめて先に寝たり、干渉しすぎなくなってからはケンカも減りましたね。

でも、体調なんかはいつも気にしていて、『風邪っぽいな』と言えばすぐ葛根湯を買ってきたりしますね。毎日のお弁当も夫の好物を考えて作ります。栄養も大事だけど、食べやすさを優先したいので。

それくらいの気遣いが夫にはいいのか、家でのんびり過ごしている姿を見るとこちらもホッとします。子どももいますが、『たまには遊園地に行こうか』って夫のほうから言ってくれるので子どもたちも喜ぶし、お出かけも楽しいですよ。

尽くされたい旦那さんも多いと思うけど、うちの場合は手の出しすぎは逆効果。夫に合わせて行動しているので無理がないのが良いのかなと思っています」(38歳/パート)

ーー干渉というより、「妻として」夫のために尽くしたい、と考える女性は多いと思いますが、それも男性によってはプレッシャーと感じる場合もあります。

気持ちはありがたいけれど、何でも妻の手が入るのは窮屈に感じてしまう。上記の女性は、「飲み会のときに(妻の)迎えを待つほうが面倒。ひとりで帰れるし」と以前言われたことがあり、「良かれと思ってやっていたけど、夫の気持ちを無視していた」ことに気がついたそうです。

ですが、何もしないのかといえばそうではなく、お弁当や体調など、あえて口にしないけれど“日々気をつけているよ“というサインは欠かしません。それが、夫にとっては居心地の良い距離感なのではと感じます。

リラックスできるからこそ、家族でのお出かけも提案できる。干渉しすぎないことが、家族のことに目が向く余裕につながるのかもしれませんね。

【ラブラブ夫婦の秘訣 2】なるべく一緒にご飯を食べる

Getty logo

「うちは共働き。私は出勤時間が一定ですが、夫のほうは夜勤もある仕事で、生活のリズムが違います。

結婚前からお互いに今の仕事だったので、ペースが違うのは理解していました。同棲しているときからすれ違いの日も多かったけど、私がずっと気をつけているのが食事のことです。

会社から家まで車ですぐの距離なので、夫が夜勤明けのときはお昼に私も帰宅してご飯を作ります。時間が短いからろくなものが作れないけどコンビニ弁当よりずっとマシだし、少しでも顔が見たいので。

夫はシフト制なので、平日に休みがあるときはお昼を夫に用意してもらうこともありますよ。材料だけ切っておいてもらうとか、簡単なものを作ってもらうとか。『行ってらっしゃい』って送ってもらえるのが嬉しいです。

一緒にいられる時間が少ないので、食事だけでもなるべくふたりで食べるようにしています。周りからは『わざわざ帰るって大変じゃないの?』と言われるときがありますけど、近いのでたいしたことないし、それより夫と話したい。私にとってもいい気分転換になっています。

夫もまっすぐ帰ってきてくれるし、私が仕事中でも家から『掃除したよ』ってLINEを送ってくれたり買い物の報告をしてくれたり、浮気の心配をしたことはありません。

いま子どもを作っている最中ですが、妊娠したらもっとゆっくり過ごせるのかな。子どもが産まれてもこの習慣は変えたくないですね」(35歳/企画)


ーーご飯にこだわるのは、上の女性いわく「食べながらいろいろと話す時間も取れるから」。お互いの顔を見ながら会話のできる機会をしっかり楽しもうとする姿勢が、夫の関心を離さないのかもしれませんね。

生活リズムにすれ違いがあるからこそ、あえて考えないとふたりの時間を作るのは難しくなります。会社と家が近い利点を活かし、動けるほうが積極的に動く。そうやってふたりで食事を楽しむことが習慣になれば、夫も家に帰る足取りが軽くなるもの。

「たまにはお弁当を買ってきてもらうときもあるけどね、とにかくふたりで食べたいなって」と女性は笑顔で話してくれましたが、愛情を行動で示し続けることを忘れない妻は、夫からも大切にされるのだなと思います。

ふたりのかたちに合わせた行動がカギ

上のふたりの妻を見ていると、夫の状態をよく観察し、それに添って動こうとする気持ちがラブラブな状態を維持できる秘訣なんだな、と感じます。「こうするべき」のような決めつけがなく、ふたりにとって居心地の良いやり方を考えられることが、夫にとっても幸せで過ごしやすい妻。ふたりが揃えて口にするのが、「浮気の兆候は一度もない」です。

また、妻の状態が良ければ、夫もみずから動くことを考えつきます。家族を連れて遊びに行こう、妻が仕事中なら掃除をしよう、と前向きな行動が取れるのは、それを受け入れてもらえる安心感があるから。

ラブラブ夫婦は、ふたりのかたちに合わせた行動が心の結びつきを強くしています。良いコミュニケーションを重ねていける状態を作ること。それが、幸せな時間を過ごせる秘訣と心得たいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

結婚はゴールではなく、パートナーとともに人生を歩み始めるスタート地点。自分の問題だけでなく相手のあることだからこそ、あれこれ考え、悩みも生じます。あなたにとっての「結婚」とはなんですか。改めて「結婚」について振り返ってみました。


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優し彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google