乾燥肌はクレンジングが原因かも?肌タイプにあったお勧めテクスチャー

乾燥肌はクレンジングが原因かも?肌タイプにあったお勧めテクスチャー

乾燥肌になってしまう原因はどんなものがあるのでしょうか。年齢に伴って乾燥しやすくなってきた、ちょっとの刺激で肌が荒れるようになってきたなど様々な悩みが出てきますが、実は原因はクレンジングかもしれません。


年齢による肌の変化について

女性の肌はちょっとしたことに敏感で、毎日のケアが欠かせません。20代の頃のお肌の悩みと30代・40代のお肌の悩みは大幅に変わってきます。20代の時は皮脂の分泌が盛んで毛穴が気になったり、テカりが気になる方が多かったのではないでしょうか。

ところが、30代以降になると乾燥による様々な症状で悩まれている方が多くなってきます。というのも人間の皮膚は年齢を重ねるにつれて、皮脂の分泌量が少なくなっていくから。つまり、若い時には自分で補えていたものが、加齢とともに次第に減っていくのです。また肌の水分保持の機能を持つセラミドも減少していくので、より乾燥しやすくなってしまいます。
 
若い時から乾燥肌の人はより症状が悪化してしまうのでさらに注意が必要ですし、顔の乾燥肌はより年齢よりも老けて見られてしまうのでしっかりケアをしていきたい部分でもあります。
 
早くケアを始めれば始めるほどエイジングケアは効果的。毎日の積み重ねが年齢に負けない肌を作ることができます。これからたるみやしわを作らないためにも乾燥肌対策が大切です。

ダブル洗顔が肌に負担をかけてしまっていることも

毎日保湿をしっかりしていても乾燥肌が気になる人は、保湿が足りないのではなくて他に原因がある可能性があります。加齢によって皮脂の分泌量が減少するのは説明しましたが、肌に必要な皮脂まで奪ってしまってはどんなにケアしても意味がありません。
 
実は必要な皮脂を取り除いてしまう原因にクレンジングがあります。メイクを落とすのがクレンジングの役割ですが、洗浄力が強いものはメイクだけではなく肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。毛穴の汚れが気になるからといって洗浄力の強いクレンジングを毎日使っていると乾燥肌が進行してしまうことも。また、クレンジングの後に洗顔料を使ってW洗顔をすることで、肌の水分蒸発を防ぐ役割の皮脂が失われてしまうのです。
 
酷い場合には皮脂の取りすぎが原因で、肌が余計に皮脂を分泌するようになってしまって毛穴が開いたままになってしまったり、鼻やおでこだけ皮脂が過剰分泌してしまったりするようになってしまうこともあるのです。

乾燥が気になるお肌におすすめのクレンジングテクスチャー

乾燥肌の方はできるだけ肌に優しいクレンジングを使ってあげることが大切になります。クレンジングはテクスチャーによって洗浄力や肌への優しさが変わってきます。

低刺激でマイルドな「ミルクタイプクレンジング」

乾燥肌におすすめしたいのはミルクタイプです。ミルクタイプの特徴はやわらかいテクスチャーで肌なじみがよく、肌への摩擦も少ないので刺激に敏感な乾燥肌でも安心して使うことができます。さらに、洗浄力もマイルドなので必要な皮脂は残しながらメイクだけを落とすことが可能です。

程よい洗浄力の「クリームタイプ」

また同じように洗浄力がマイルドなのがクリームタイプのクレンジングです。こちらも乾燥肌にはおすすめで、ミルクタイプよりもしっかりとしたテクスチャーなので、メイクになじませるのと洗い流すのに少し時間がかかりますが、程よい洗浄力です。商品によっては、フェイスマッサージをしながらクレンジングできるものもあります。(※クレンジング時にフェイスマッサージをするときはゴシゴシこすりすぎないように注意しましょう)

ミルクタイプもクリームタイプも手や顔が濡れているとメイクを落とす力が弱くなってしまうため、お風呂場での使用には気をつけなければなりません。洗い流す際も肌に残らないようにしっかりすすぐことが必要になります。

部分テカリや濃いメイクには・・・?

頬は乾燥していてもTゾーンなどの皮脂が気になる時は、リキッドタイプもおすすめです。リキッドタイプは水分が主に作られているので、洗浄力もありながら肌への負担も少なくしています。ですがさらさらしたテクスチャーなので肌なじみは良いのですが、肌への摩擦に注意しながら使う必要があります。
 
ウォータープルーフのマスカラや濃いメイクの時はオイルタイプでしっかり落とすことも重要になります。メイクが残ったままになってしまうと肌によくないので、洗浄力のあるオイルタイプがおすすめです。
 
濃いアイメイクや落ちにくいリップなどは部分的に拭き取りのシートタイプを使ってメイクを落とすこともできます。拭き取りタイプは洗浄力が強いものもあるので、必要な洗浄力に合わせて選びましょう。洗顔不要となっていますが、顔全体に使うには負担が大きすぎるので部分メイク落としにだけ使用し、他は違うクレンジングを使って洗顔するようにしましょう。

肌の乾燥が気になるときはお肌の状態を見ながら

いかがでしたでしょうか。
乾燥肌で悩んでいる人は、意外と「落としすぎ」ていることが多いのです。特に油分や、皮脂は年齢肌にはとても大切な要素。強い洗浄力で大切な要素まで落としてしまわないよう、年齢を重ねたら、重ねたなりの、自分の肌の状態に合わせて適したクレンジングを選ぶこと。それは、大切なお肌を守る、ベーシックなケア方法です。

クレンジングは毎日行うこと。少し気にしてみるだけで、ずいぶん変わってきますので、試してみてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター