朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


「オンナの保健室」から「オトナの保健室」へ

―この度はインタビューを受けていただいきありがとうございます。大手新聞の夕刊にこんなに赤裸々な記事を掲載していいのか、と非常に驚きました。担当者は何名いらっしゃるのでしょうか? 男女比も教えていただけると嬉しいです。

机さん:記者3名とデスク1名です。男性はデスクの桝井だけです。

―記者の方は3名しかいらっしゃらないのですか! 男性記者を入れない理由はありますか?

桝井さん:取材対象が女性のことが多いので、男性記者だと話しづらくなってしまうんですね。女性同士の方が盛り上がりますし(笑)女性だけで偏りがでるのではないか? という問題で言うと、一応私がいるのでそこは担保できているかなと思っています。

―なるほど。もともとあった「オンナの保健室」から「オトナの保健室」へと変化した理由を教えてください。

桝井さん:もともとオンナの保健室は宋美玄さんに監修していただいて、女性の心と体や健康、妊活、更年期などについて連載をしていました。そして、それに続く企画を考えていた時に “セックスレス”というテーマが上がったんです。当時、国際調査で日本の年間セックス回数が最下位であることなどが話題になっていました。それで、大人が抱えている問題の多くはパートナーシップについてではないだろうか? と思い、「オトナの保健室」という企画を設定し、セックスレスについて最初に取り上げました。

―反響はいかがでしたか?

中塚さん:とても大きかったです。「子どもも見る新聞にこんなことを取り上げていいのか」などお叱りの声もありました。が、それ以上にセックスレスで悩んでいる方々の声が多く寄せられました。

―セックスレスで悩んでいるのは“したいのにしてもらえない”方でしょうか? それとも“したくないのにしている”方でしょうか?

中塚さん:両方ですね。自分は嫌で拒んでいるのに無理やり…とか、逆に受け付けてもらえない…とか。あとはそのなかにパートナーに不倫をされてできなくなった、や、浮気をしている、などのお悩みもありました。そういった読者の方々からの反響でテーマを決めていきます。

―なるほど。読者の方の声でテーマが決まっていくのですね。編集会議などで決めていくのではなく。

机さん:やはり読者の方の反響があってこその紙面なので、読者の方々の声を軸にテーマ設定していきますね。

中塚さん:すべて地続きなんですよね。繋がっています。あるテーマに寄せられた反響からまた新しいテーマが決まる。その繰り返しです。

―今まで一番反響があったのはどんなテーマですか?

中塚さん:セックスレスも大きかったですが、あとは不倫ですかね。新聞で大きく取り上げるようなテーマではないので、とても反響がありました。

―テーマを設定する時に気をつけていることはなんですか?

桝井さん:自分のこととして感じられる身近なことをテーマにするように気を付けています。あとは著名な方へインタビューばかりしてお勉強のような紙面にはしたくないと思っています。

自分の性に関して意識を向けている人はまだまだ少ない

―今まで一番反響がなかったテーマはなんですか?

桝井さん:“自分の性意識が刷り込まれたのはいつですか”というテーマですね。

―どういった内容でしょうか?

桝井さん:自分の性意識の中でしちゃいけない、言っちゃいけないなどのタブーはいったいどこから来ているとおもいますか? というテーマです。もう少し言い回しを変えれば良かったのかもしれませんが、結局アダルトビデオでしょう。という結論に落ち着いてしまいました。

机さん:あとは“母親”ですね。アダルトビデオと母親。それだけで広がりが出なかったんです。

―なぜそのふたつに集約してしまったんだと思いますか?

机さん:そもそも自分の性を掘り下げて考える人が少ないのだと思います。

―たしかに女性として生まれて男性を好きになることや子どもを産むということに対して疑いを持たなかったら、そもそも自分の女性としての性に対して意識を向ける人はあまりいないのかもしれませんね。

中塚さん:ええ。先進的に性問題に対して取り組んでいる方々が先導し、そこに対して誘導されていく…というようなことはあると思いますが、なかなか自発的に考えるということはまだないのだと思います。

―オトナの保健室は「女子組」という企画の一部ですが、そもそもなぜ「女子組」という女性を対象にした企画を考えられたのでしょうか?

桝井さん:男女で比べると女性はあまり新聞に親しみがない、ということがありもっと女性に興味を持ってもらおうと、女性を対象として企画を取り上げるコーナーを作ったんです。ファッションやエンタメ、食に関することなどですね。女性たちにシンパシーを持ってもらいたい、もっと新聞に女性が関わって欲しいと思ったんです。そして読者の皆さんにもっと身近に感じてもらうにはリアルイベントが大切だよね、という話になり、編集部主導でイベントを行うようになりました。今もですが新聞社は広告を担当する部署が主導のイベントはたくさんありますが、記者自らがイベントを企画して運営するというのはすごく珍しいんです。

―女性にもっと新聞を身近に感じてもらいたい、シンパシーを感じて欲しいと始まった女子組企画。そのなかでもオトナの保健室の連載にどういう想いで取り組んでいるのか、後半に続きます。

文/和氣恵子

オトナの保健室: セックスと格闘する女たち (単行本)

¥ 1,404

セックスレス、不倫、セクハラ、そして世界的なうねりを見せる#MeToo運動。 誰しも何らか抱える性に関する問題が、識者のコメント、対談、インタビュー、一般読者投稿から赤裸々に語られる。 語り下ろしの村山由佳さんと酒井順子さんの対談の他、上野千鶴子さん、宋美玄さん、こだまさん、はあちゅうさん、伊藤詩織さん、紗倉まなさんなど各界著名人が登場。 朝日新聞夕刊連載中の人気記事、待望の書籍化。




机美鈴(つくえ・みすず)さん=大阪本社生活文化部記者
1979年生まれ。2002年入社。もとは事件記者だったが、フェミニズムに目覚めて30歳を目前に「転向」。女の生きづらさと日本にはびこる同調圧力が主な取材テーマ。「オトナの保健室」担当記者の一人。




中塚久美子(なかつか・くみこ)さん=大阪本社生活文化部記者
1971年生まれ。1998年入社。2008年から生活文化部。主に、子どもの貧困やジェンダー関連について取材。「オトナの保健室」は立ち上げ当初から2017年8月まで担当。




桝井政則(ますい・まさのり)さん=大阪本社生活文化部デスク
1968年生まれ。1992年入社。「オトナの保健室」には2015年春のスタート時から現在までデスクとして関わる。結婚時に妻の名字となり、仕事では旧姓を使っている。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター