乾燥肌対策にはコラーゲンとセラミドを美容液で補いましょう | 大人のワタシを楽しむメディア
乾燥肌対策にはコラーゲンとセラミドを美容液で補いましょう

乾燥肌対策にはコラーゲンとセラミドを美容液で補いましょう

40代に入ると、肌の潤いを保つ物質が減少していくため、乾燥肌に悩む方が増えてきます。乾燥肌の対策には美容液が効果的と言われていますが、いろんな種類があったり、質感や成分が商品ごとに大きく異なったり、どれを使ったらいいか、迷ってしまいますよね。そこで今回は、特に乾燥肌に効果的な美容液の選び方・成分・使い方を紹介します。


乾燥肌対策の基本は保湿美容液

「乾燥肌」とは文字通り、肌から水分が抜けてドライな状態にあることを指します。そんな乾燥した肌を改善するためには、保湿効果を持つ美容液が効果的です。

保湿効果の高い成分は色々とありますが、まずは「コラーゲン」と「セラミド」の2つを覚えておきましょう。この2つの成分に注目したうえで、美容液の質感をチェックすることが大切です。
 
美容液の手触りには化粧水に似た水のようなものと、少し粘り気のあるジェル状のもの、最近は乳液のようなテクスチャーのものがあります。

水の質感を持ったものは一つか、多くても数種類の有効成分に特化したものが多く、集中的に乾燥肌をケアできるというメリットがあります。

一方、ジェル状の場合は大量の有効成分を含むことができるため、乾燥肌だけでなくシワの改善など総合的なスキンケアが可能です。

また、乳液タイプのものは油性成分が含まれているので、有効成分が浸透した後に表皮に保護膜を作って肌を乾燥からカバーします。

コラーゲンはビタミンCとセットで

肌に保湿やハリを与える成分として有名なものに「コラーゲン」があります。

コラーゲンは軟骨などに多く含まれ、主に潤滑剤のような役割を担っています。皮膚では外側からは見えない真皮という部分の70%を占めている成分でもあります。

そのため、コラーゲンが不足すると真皮層が薄くなってしまい、結果的に外側の肌の潤いが不足したりハリがでなくなったり等の肌の悩みに繋がります。
 
また、水に溶けやすく細胞と細胞の間に入り込む性質があるコラーゲンは、肌への水分補給を促すだけでなく、補給された保湿成分をしっかりと皮膚にキープするという効果が期待できます。

さらにコラーゲンの特徴として、ビタミンCとともに摂取することで、活性化される割合が増えるという点も挙げられます。ビタミンCも水溶性の栄養分で血液に溶けることで、一緒に他の栄養分を全身に効率的に届くそうです。

以上のことから、コラーゲン配合の美容液を選ぶ際には、浸透を促進するビタミンCを一緒に含んでいるものを選ぶようにするのがおすすめです。

肌の表面の美容を担うセラミド

乾燥肌のケアでは皮膚の奥にある真皮と同時に、外側から直接見える表皮層のケアも欠かせません。

「セラミド」は乾燥肌に効果的な美容成分として様々な化粧品会社の美容液に含まれていますが、実は表皮層の中でもより外側にある角質層を構成する物質でもあります。

細胞間物質と呼ばれるセラミドは、細胞と細胞を繋ぎとめる役割を持ち、きめ細かい肌を維持するために不可欠なほか、肌への異物の侵入を防ぎ、細胞の間に水分をキープする効果も持ちます。

しかし、年齢とともにセラミドは減少していく傾向にあり、アラフォー世代はしっかりと美容液で補う必要があります。
 
近年ではほとんどのスキンケア商品にセラミドが含まれていますが、その他の美容成分も色々と含まれているので、セラミドを補給する際は、他の成分が自分の肌に合うのかをも確認するようにしましょう。

また、あまり聞きなれない独自の成分を持つ商品も様々なメーカーから出ていますが、乾燥肌に加えて敏感肌もある方は、できる限り知名度の高い成分を中心とする商品を選ぶ方が安心です。

正しい使用方法を覚えよう!

様々な有効成分を持つ美容液ですが、基本的に肌の保湿を目指す商品であるということを前提としたうえで、それぞれの成分を最大限に活かすために肌への正しい塗布の仕方を知る必要があります。

使用に際しては、まず化粧水で肌に潤いを与え、その水分を肌にキープさせるという流れを覚えておきましょう。化粧水をしっかりつけた後は、鼻や目元、顎など顔のパーツそれぞれに美容液を少しずつ付けていきますが、すぐに伸ばさず、まずは気になる部位に液を置くだけにしましょう。
 
各パーツに付けたら顔全体に馴染ませるように、内側から外側に向かって広げていく動作を数回繰り返し、肌全体に液が行き渡るように軽く押さえてマッサージします。

その後は再び各パーツに集中し、目元や口元など乾燥肌によるたるみなどが生じやすい部位において、内側から外側に向かって指で液を広げていきましょう。

基本的な動作が内側から外側に向かう理由には、老廃物を外側の血管に流してうまく排出させるという目的があります。

このように、乾燥肌のためのスキンケアでは有効成分を含んだ商品を正しい方法で塗布することが大切です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

年齢を重ねるごとに「お肌のハリが減っちゃった!」と、お嘆きの女性もいらっしゃるのではないでしょうか? エイジングの波は容赦なく押し寄せてくるので、日々のスキンケアや食生活から、お肌のハリをなるべくキープしていきたいところです。時短美容家の並木まきが、ぷるんとしたハリ肌を育む40代女性の美習慣についてお話します。


エイジングによる疲れ目&かすみ目を自宅で簡単ケアするコツ3つ【本気で始める美容・エイジングケア#21】

エイジングによる疲れ目&かすみ目を自宅で簡単ケアするコツ3つ【本気で始める美容・エイジングケア#21】

「最近目がかすむ」「すぐに目が疲れる」などでお悩みのアラフォー女性も多いのではないでしょうか? かすみ目、疲れ目は加齢に伴う自然な現象なので深刻なお悩みがあるのでしたら、必ず専門医を受診してください。そこまでではないな…という方は、自宅で行なうスキンケアにひと手間を加えて目元のスッキリを導くケアをご紹介します。


1本に一万個のバラのカプセル♡ ディオールから新プレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」発売

1本に一万個のバラのカプセル♡ ディオールから新プレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」発売

ディオールから新プレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」2017年9月29日(金)に新発売。1万個のローズマイクロパール入り、サプリのような贅沢な美容液の登場です。


“ECLAVIAプレスキンケア美容液”がハラール認証を取得!

“ECLAVIAプレスキンケア美容液”がハラール認証を取得!

国内外で販売を展開する「ECLAVIAプレスキンケア美容液」がハラール(ハラル)認証を取得しました! これでイスラム教徒である世界中のムスリムの皆さんや日本で暮らすムスリムの方々も安心して使うことができます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google