『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


「オトナの保健室」でしか取り上げられないテーマにこだわる

前半の記事はこちらから

―女性を対象にした企画「女子組」のなかで、特に「性」に関して取り上げるのが「オトナの保健室」なんですね。

桝井さん:そうです。

先ほども少し伺いましたが、テーマを決める時に特に心がけていることはありますか? 例えば今だとLGBTに関して日本でも広く語られるようになってきましたが、ひと昔前では考えられなかったと思います。あまり先取りしないようにしよう…とかそういった加減を考えていらっしゃったりしますか?

桝井さん:そうですね、まず読者の方が自分の問題として考えづらいテーマは設定しないようにしています。なので“先取りしすぎる”というようなことはないですね。あとは、LGBTなどマイノリティや差別に関することなどは、社会面でも広く扱うことができます。オトナの保健室じゃなくても掲載することができるんですね。なので私たちはオトナの保健室でないと取り上げられないテーマかどうか、ということに注意して企画を決めています。

―なるほど。たしかにマイノリティなど差別に関わるような問題は社会面に掲載できますね。他の紙面に掲載できることは設定しない、ということですね。

桝井さん:そうですね。

―現在、オトナの保健室は朝日新聞夕刊と朝日デジタルで掲載されていますが、新聞とWEBで掲載内容が違うことはありますか?

桝井さん:基本的には同じですが、紙面には限りがありますので、載せきれなかった情報を朝日新聞デジタルに掲載することはあります。インタビューなどですね。

―我々WOMeもそうですが、紙のメディアをもっていないWEBだけのメディアも多くあります。そういうなかで気を付けていること、心がけていることはありますか?

桝井さん:紙でやってきた人間がセックスレスや不倫などのテーマを恐る恐る取り上げているなかで、WEBの世界ではそんな情報は当たり前のように語られていたりもしますよね。なのでデジタル空間ならではのテーマ設定、というのも今後は大切になってくるのかなあと思います。また、WEBメディアの皆さんはライバルであり、よきパートナーと考えて、今回のような取材も受けさせていただきました。

―ありがとうございます! オトナの保健室が朝日新聞デジタルに掲載されるようになって、読者層は変わってきたように感じますか?

中塚さん:そうですね…新聞を購読されている方の年齢層は高いですが、反響に偏りがあるということはないです。20代の方から高齢の方まで、新聞でもWEBでも反響があります。

タブーに蓋をしても何も変わらない

―大手メディアだからこそ表現しづらいこと、大変なことなどたくさんあるかと思うのですが。

机さん:「購読を止める!」というお声をいただいたこともあります。ですが、問題になっていることに蓋をしていても何も始まりませんよね。個人的な見解になりますが、オトナの保健室を続けることで、女性にも性の悩みがある、ということを表面化したことはとても大きな功績ではないかと思っています。

―本当にそう思います。朝日新聞のような大メディアがそれを取り上げるということの社会的意義がものすごくあると思います。女性だって性に悩んでる。当たり前のことですが、それを表立って言うのはタブー視されてきました。

机さん:まさに仰る通りです。タブー視して悩んでいるところで止まってしまっているんですよね。パートナーに伝えなければ解決しないことなのに、それをどう伝えたらいいのか分からない。

桝井さん:よりよいコミュニケーションをとるためには伝えるところから始めなければいけないんですよね。

机さん:まさにこれから始まる新しい企画が「女性とタブー」なんです。無用なタブーなんか取り払わなければいけませんよね。

―本当にそう思います。女性のセルフプレジャー問題など、どんどん表面化するべきですね。

机さん:そうなんです! 新企画の第一回目はTENGA広報の工藤まおりさんのインタビューなんです。WOMeさんでもインタビューされていましたね。

―はい。ああいった素晴らしい活動をされている方々がフォーカスされていくことで女性はどんどん自由になると思っています。今後も企画を楽しみにしております! 今日はありがとうございました。

桝井さん、中塚さん、机さん:ありがとうございます! こちらこそありがとうございました。

文/和氣恵子

オトナの保健室: セックスと格闘する女たち (単行本)

¥ 1,404

セックスレス、不倫、セクハラ、そして世界的なうねりを見せる#MeToo運動。 誰しも何らか抱える性に関する問題が、識者のコメント、対談、インタビュー、一般読者投稿から赤裸々に語られる。 語り下ろしの村山由佳さんと酒井順子さんの対談の他、上野千鶴子さん、宋美玄さん、こだまさん、はあちゅうさん、伊藤詩織さん、紗倉まなさんなど各界著名人が登場。 朝日新聞夕刊連載中の人気記事、待望の書籍化。




机美鈴(つくえ・みすず)さん=大阪本社生活文化部記者
1979年生まれ。2002年入社。もとは事件記者だったが、フェミニズムに目覚めて30歳を目前に「転向」。女の生きづらさと日本にはびこる同調圧力が主な取材テーマ。「オトナの保健室」担当記者の一人。




中塚久美子(なかつか・くみこ)さん=大阪本社生活文化部記者
1971年生まれ。1998年入社。2008年から生活文化部。主に、子どもの貧困やジェンダー関連について取材。「オトナの保健室」は立ち上げ当初から2017年8月まで担当。




桝井政則(ますい・まさのり)さん=大阪本社生活文化部デスク
1968年生まれ。1992年入社。「オトナの保健室」には2015年春のスタート時から現在までデスクとして関わる。結婚時に妻の名字となり、仕事では旧姓を使っている。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター