“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

大人にとって絵本は、“人生で何度でも出会えるメディア”であり“自分自身をみつめる鏡”

あなたが最後に絵本を手にしたのは、いつの日でしょうか?

「小学校に上がる頃」とか、「子どもが小さい時は読んであげてた」とか、「めいっこへのプレゼントに」...という人がほとんどだと思います。

出版不況と言われる中、子ども向けの本だけは売り上げを伸ばしているなんてデータもあるようですが、“自分のための絵本”を選ぶ大人は少ないのが現実です。

絵本は元々文字をひとりで読めない子どものために作られたメディアです。

単純明快で楽しくて優しい。お花畑で繰り広げられるおとぎ話。そんなもの、私たち大人の女には必要な~し...って思っているのなら、ちょっと待って!

「絵本」はそれだけじゃないんです。

仕事、家事、恋愛、育児、ついでにSNS。大人になった私たちは、なんだか毎日疲れてる。毎日時間がない(ような気がする)。

「忙しいという字は心を亡くすと書く」なんて言うけれど、それじゃ、なくした心を取り戻すにはどうしたらいいんでしょうか?

・・・そんなWOMe世代の女性にこそ、絵本を推奨したいと思います。

寝不足で疲れた顔にバシャバシャ化粧水を叩きこむように。コラーゲン入りドリンクで明日の自分に気合を入れるように。
疲れてカサついた心には、内側からしっとりと潤す上質な「絵本」が効くんです。しかも、ながーく。

忙しくてイライラしてしまった日には、夜、絵本をそっと開いてみよう。
眠りにつく前の、たったの10分間ほどでいい。

読み方はあなた次第。

研ぎ澄まされた文章、心揺さぶられる言葉、うつくしい色や形、「誰かに似ている」登場人物たち。
あらためて絵本を読んでみると、こんなふうに感じられる瞬間があるはずです。

「これは、あのときのわたし(あるいは、あの人)」。

その時あなたは、昔とはちょっと違った絵本の読み方をしている自分に気がつくでしょう。小さな子供のように、虚構の世界に我を忘れる体験は、もうできないのかもしれません。

けれど、大人になった私たちは、「自分の経験に引き寄せて」「より深く」作品を読むことができるようになっています。

大人にとって絵本は、“人生で何度でも出会えるメディア”であり“自分自身をみつめる鏡”。

悩んでいる時に背中を押してくれる。
悲しみにくれる時、静かに寄り添ってくれる。
あなたにとって本当に大切なものが何なのかを気づかせてくれる。

わたしたちは、素直にそこを目指して歩いていけばいい。

大人にこそ、絵本を。

あなただけの絵本を、枕元に置いておきたい一冊を、ぜひみつけてほしいと思います。

初回は【アラフォーの今よみたい 心をうるおす絵本】を二冊ご紹介します。

『100万回生きたねこ』 佐野洋子 作・絵 (講談社)

人生には<何度でも出会える絵本>がある。
幼い子どもには、幼いなりに。若者には、若者なりに。おばさんには、おばさんなりに。
読む度に違う形で、こちらの心をいちいち揺さぶってくるやつ。

・・・
100万年も しなない ねこが いました。100万回も しんで、100万回も 生きたのです。


100万人ぶんの飼い主の愛情をソデにして、みんなみんな嫌いで、死ぬのなんか全然怖くなくて。
ある時初めて野良猫になってみたら、自分のことだけは大好きになっちゃって。
モテて、威張って、高飛車で。決め台詞は、

「おれは、100万回も しんだんだぜ。いまさら おっかしくて!」

でもそのうちに 自分よりもっと好きな相手(白ねこ)ができて。
モテるのも威張るのもやめて、ただ彼女といつまでも一緒にいることだけを願った...そんな一ぴきのねこのお話。

先日、これを一緒に読んでいた子どもが、
「100万回も“生れたて”をやるって、疲れないのかな?」と言った。

どの飼い主のことも好きじゃなかったねこ。
最後に「自分より大切な相手」に出会い、ようやく生き返るのをやめたねこ。

このにくたらしいねこが100万回も“生まれたて”(たしかにたいへんだ)をやってのけた理由を、初めて考えてみた。

もしかしたら…
ねこは、愛されても愛されても、まだ愛され足りなかったのかもしれない。
100万人の飼い主がどんなに可愛がっても、「愛がたりねえよ」・・・と、満たされなかったのかもしれない。

ちょっと、誰かに似ていない?
ほんと、にくたらしいねこだ。

いまさら おっかしくて!

クスン。

『あさになったのでまどをあけますよ』 荒井良二 作 (偕成社)

一般的に男性よりも女性の方が、人生における転機は多い。
就職、転職、恋愛、結婚、妊娠、離職、体調の変化、親の介護、様々な出会いと別れ・・・。

「これからどう生きるべきか」「どの道を選ぶべきか」決断をせまられる場面が人生にはこんなにも多いものなのだと、私たちは気づかされる。
加えて歳と経験を重ねた私たちは、「どの道を選んでもそれは自分の責任」ということも、もう十分にわかってしまっている。
だからこそ、途方に暮れたり不安になってしまったりするのだ。
自信がなくなった時、人はうつむいてしまう。

2011年、東日本大震災が起きた年の12月に『あさになったのでまどをあけますよ』は刊行された。
作者がこの作品にこめた思いは、すでにタイトルに表れている。

あの震災を機に、それまでの価値観がガラリと変わってしまったというWOMe世代の女性は少なくないのではないだろうか。
私自身の記憶をたどってみても、あの思いがけない出来事を前にして、「ほんとうの幸せとは?」を考えずにはいられない日々を過ごしていた。

あの頃、絵本の作者・荒井良二さんは東北でワークショップを行っていた。
「みんなに上を向いてもらうために」絵描きの自分のできることを探した。そして、街中にフラッグを作って掲げた。

夜はかならず明ける。
どこに住んでいても、どの街にも、どの国にも、山にも海にも、あたらしい朝がやってくるから・・・カラフルで美しい風景をたくさん切り取って、こんなにも美しい絵本を紡いだ。

きみのまちは はれているかな?

あさになったので まどをあけますよ


きっと、大丈夫。心配はいらない。
朝になったら、その窓を開けてみよう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

子どもから高齢者まですべての層に向け“毎日がちょっと豊かになる絵本”をコーディネート。講演・テレビ出演等、活躍の場を広げている。

関連する投稿


絵本でパワーチャージ! なんだか元気がない時はこの絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 04】

絵本でパワーチャージ! なんだか元気がない時はこの絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 04】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第四回目は【絵本でパワーチャージ! なんだか元気がない時はこの絵本】です。


あの頃を覚えてる? 小さな子供だった頃の私に会える絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 03】

あの頃を覚えてる? 小さな子供だった頃の私に会える絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 03】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第三回目は【あの頃を覚えている? 小さな子供だった私に会える絵本】です。


自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載。辛い時、悲しい時、困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第二回目のテーマは【自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて】です。


【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター