【#FocusOn】「腹が立つのは自分の思考のクセに気が付いていないから」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「腹が立つのは自分の思考のクセに気が付いていないから」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第三回>

自分のカラダの状態や感情に気づくことがとても大切だということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は他者への怒りの原因は自分の思考のクセに気が付いていないから、と言うお話です。インタビュー第三回目です。


その怒り、自分の思考のクセが原因です

前回の記事はこちらから

――先生はポジティブ心理学も学ばれていますが、これはどういった心理学なのでしょうか?

ポジティブ心理学はアメリカで20年ほど前に始まりました。それまでの心理学はネガティブな部分に焦点をあてて、なぜそういった状況になってしまうのか、ということを考えて治療する、というアプローチでした。ですが、ポジティブ心理学は「どうしたら幸福な状態になれるのか」というところが起点になるんです。

――素敵ですね! 具体的にはどういったアプローチになるのですか?

ネガティブになってしまう時の思考のクセを知るように心がけます。例えば「どうせ」とか「やっぱり」「いつも私ばかり」「これからもずっと」などの言葉をよく使っているな、と気づくとします。すると次にどんな時に、“どうせ”と思ってしまうのかな、ということについて考えます。なぜ、“どうせ”と思ってしまうのか、原因を考えます。すると“どうせ”と思わないようにするためにはどうしたらいいのか、ということについて考えることができます。

――なるほど。確かに家庭内で「なんで私ばっかり○○しなきゃいけないの!」と腹を立てることはよくあります(笑)でもその感情の原因がなんなのか、ということについて考えたことはありませんでした。起きた出来事について怒っているだけで。

そうなんですよね。そういう時に、「ああ、あの時、私ばっかり!」と腹を立てた原因は自分のなかにこういう感情があったからなんだな、などと気が付くことができるとそうならないように予防することができるようになります。実際に私もポジティブ心理学を学びだして子どもたちに対して腹を立てたりすることが少なくなったように思います。

――それは素晴らしいですね。私も実践しなければ(笑)子どもに対して…ということで思ったんですが、関係性が近ければ近いほど、怒りを持ちやすくなる気がするのですがその辺は関係ありますか? 例えば、親と子どもとか夫と妻、上司と部下とか…

人間の思考のクセとして、弱い者に対して怒りがでやすい、という傾向はあります。あとは慣れ親しんだ人に対してもでやすいですね。上司が部下に怒りを露わにするのはその人が明らかに自分が上で部下が下、だと思っているということです。

――なるほど…もしも自分が弱い立場の人間にイラっとして怒りを出しそうになってしまった時にはどうしたらいいのでしょうか?

時間を置くことです。反射的に言葉をださない。これはアンガーマネジメントでもありますが、イラッとしたら、10から逆に数えるとか呼吸に集中するとか、とにかく感情が沸き起こってから発言するまで間を持つように意識することですね。一呼吸置くことで怒りは沸点から下がってくるので、冷静に話ができるようになります。これも頭では分かっていてもすぐできることではないのでトレーニングが必要ですけどね。

その人の怒りはその人のもの 自分とは関係ないものとして客観視する

――自分の怒りはコントロールできるようになる、ということは分かりました。逆に怒りをぶつけられた時にはどうすればいいのでしょうか? すごく悲しくなったり腹が立ったりしてしまうと思うのですが。

先ほどの話でお分かりいただけたかと思うのですが、怒りの原因は怒っている人にあります。なので、何か怒られたり感情をぶつけられたりしても「私には関係ない」と思えばいいんです。私はそうしてます(笑)

――すごい! 私もこれからはそう意識します! …難しそうだけど…あと、これもお伺いしたかったのですが、怒ると言葉が出なくなってしまう人がいますよね。そういう人はどうしたらいいのでしょうか? またそういう人にはどう対応してあげたらいいのでしょうか?

怒ると無言になってしまう人に対して何を考えているのか勝手に考え始めるとイライラしてしまいますよね。なので同じように「あの人の怒りはあの人のもの。私には関係ない」と思って、別のことなどをしていればいいんだと思います。相手の怒りが治まって普通にコミュニケーションがとれるようになったら、怒っていた原因についても話してくれるかもしれません。

――日本人女性は自分さえ我慢すればいい、と思って怒りや悲しみの感情を表現せずにそれこそだんまりになってしまう人も多くいると思います。あとは「わかってくれるだろう」と思っていたり…。その点についてはどう思いますか?

話してくれないストレスを感じている相手のことを思うべきだと思います。話さなければ自分の思っていることは伝わりません。自分自身だってどうしてそういう感情になっているのか、考えたり話したりしないと分からないですよね。特に、怒りの感情は徐々に徐々に積み重なってとうとう爆発する、なんてことがあります。なので、なるべく小さいうちに気付いて、小出しにすることが大切なんです。それが決定的な衝突を避ける一番の方法です。

――すごく良く分かります…。ポジティブ心理学というのはマインドフルネスの一部なのでしょうか?

そうですね。マインドフルネスとポジティブ心理学にはすごく共通点があります。例えばカラダの変化に気づく、気持ちの変化に気づく、ということで思考の変化が生まれ、行動も変わってくる、などの点ですね。ですが、マインドフルネスの世界はもっと広くて…ポジティブ心理学も包括していると言ってもいいのかもしれません。

――日本ではポジティブ心理学は普及しているのでしょうか?

山下さん:普及しているとは言い難いですね。未病の分野で、治療とは違うのでなかなか臨床に応用しづらいという現実があります。

――ポジティブ心理学を知ると、随分他者とのコミュニケーションが変わってくるようですね。次回は頭で思ったことは現実になる、というお話です。第四回に続きます。※12月8日(土)公開予定


文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

山下あきこさん
1974年佐賀県生まれ。医学博士、神経内科・内科医師。診療や研究を行う中で、高齢になっても自分らしく生きるための方法を模索し続けてきた。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。主に健康や自己実現に関するセミナーや研修を企業や一般向けに行い、行動変容を促すスキルと正しい知識を提供している。マインドフルネスVRを楽しめるスマートフォンアプリの開発・配信も手がける。
山下あきこさんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

夫が家事・育児をしてくれないとお悩みの方、必読!ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんに「夫をイクメンにする方法」をお伺いしました。自身も3児の父である安藤さんが子育てを通して気づいた「父親をする」とは一体どういうことなのでしょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

『しない美容』(ワニブックス)が話題になった美容化学者のかずのすけさんですが、大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に研究されていたそう。そんなかずのすけさんがあらゆる洗剤にまつわるお悩みに答えた一冊が『秒で分かる!最強の家事』。これさえ読めば、賢く家事ができること間違いなし。今回はその一部をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター