【#FocusOn】「腹が立つのは自分の思考のクセに気が付いていないから」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第三回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】「腹が立つのは自分の思考のクセに気が付いていないから」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「腹が立つのは自分の思考のクセに気が付いていないから」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第三回>

自分のカラダの状態や感情に気づくことがとても大切だということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は他者への怒りの原因は自分の思考のクセに気が付いていないから、と言うお話です。インタビュー第三回目です。


その怒り、自分の思考のクセが原因です

前回の記事はこちらから

――先生はポジティブ心理学も学ばれていますが、これはどういった心理学なのでしょうか?

ポジティブ心理学はアメリカで20年ほど前に始まりました。それまでの心理学はネガティブな部分に焦点をあてて、なぜそういった状況になってしまうのか、ということを考えて治療する、というアプローチでした。ですが、ポジティブ心理学は「どうしたら幸福な状態になれるのか」というところが起点になるんです。

――素敵ですね! 具体的にはどういったアプローチになるのですか?

ネガティブになってしまう時の思考のクセを知るように心がけます。例えば「どうせ」とか「やっぱり」「いつも私ばかり」「これからもずっと」などの言葉をよく使っているな、と気づくとします。すると次にどんな時に、“どうせ”と思ってしまうのかな、ということについて考えます。なぜ、“どうせ”と思ってしまうのか、原因を考えます。すると“どうせ”と思わないようにするためにはどうしたらいいのか、ということについて考えることができます。

――なるほど。確かに家庭内で「なんで私ばっかり○○しなきゃいけないの!」と腹を立てることはよくあります(笑)でもその感情の原因がなんなのか、ということについて考えたことはありませんでした。起きた出来事について怒っているだけで。

そうなんですよね。そういう時に、「ああ、あの時、私ばっかり!」と腹を立てた原因は自分のなかにこういう感情があったからなんだな、などと気が付くことができるとそうならないように予防することができるようになります。実際に私もポジティブ心理学を学びだして子どもたちに対して腹を立てたりすることが少なくなったように思います。

――それは素晴らしいですね。私も実践しなければ(笑)子どもに対して…ということで思ったんですが、関係性が近ければ近いほど、怒りを持ちやすくなる気がするのですがその辺は関係ありますか? 例えば、親と子どもとか夫と妻、上司と部下とか…

人間の思考のクセとして、弱い者に対して怒りがでやすい、という傾向はあります。あとは慣れ親しんだ人に対してもでやすいですね。上司が部下に怒りを露わにするのはその人が明らかに自分が上で部下が下、だと思っているということです。

――なるほど…もしも自分が弱い立場の人間にイラっとして怒りを出しそうになってしまった時にはどうしたらいいのでしょうか?

時間を置くことです。反射的に言葉をださない。これはアンガーマネジメントでもありますが、イラッとしたら、10から逆に数えるとか呼吸に集中するとか、とにかく感情が沸き起こってから発言するまで間を持つように意識することですね。一呼吸置くことで怒りは沸点から下がってくるので、冷静に話ができるようになります。これも頭では分かっていてもすぐできることではないのでトレーニングが必要ですけどね。

その人の怒りはその人のもの 自分とは関係ないものとして客観視する

――自分の怒りはコントロールできるようになる、ということは分かりました。逆に怒りをぶつけられた時にはどうすればいいのでしょうか? すごく悲しくなったり腹が立ったりしてしまうと思うのですが。

先ほどの話でお分かりいただけたかと思うのですが、怒りの原因は怒っている人にあります。なので、何か怒られたり感情をぶつけられたりしても「私には関係ない」と思えばいいんです。私はそうしてます(笑)

――すごい! 私もこれからはそう意識します! …難しそうだけど…あと、これもお伺いしたかったのですが、怒ると言葉が出なくなってしまう人がいますよね。そういう人はどうしたらいいのでしょうか? またそういう人にはどう対応してあげたらいいのでしょうか?



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか? その名の通り、女性の疲労による症状を緩和してくれるクリニック。つまり女性の体調不良を改善してくれる、ということなんです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビューしました。最終回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google