【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松真由美さん。数万組の夫婦のお悩みに答えてきた三松さんがなぜ今のようなお仕事をしようと思ったのか、今、アラフォー夫婦たちになにが起こっているのか、セックスレスとはなんなのか、なぜセックスが大切なのか、などについてお話いただきました。刺激的なインタビュー第一回目です。


ないから作ったママが主体的に自由になれるサークル

―こんにちは! いつも刺激的でためになる原稿をありがとうございます(笑) 今日は三松さんがなぜ夫婦仲相談所をつくろうと思ったのか、現代の夫婦問題などについてお話を伺えればと思っております。

こんにちは! こちらこそいつもありがとうございます。夫婦仲相談所はね、その前があるんですよ。私が最初の結婚をした時はバブル真っただ中で結婚して専業主婦になるのが主流だったんです。どんなに優秀で大企業で勤めていても辞めてしまう女性はたくさんいました。それで、私も3高と結婚して(笑)専業主婦になって出産。そうしたらね、好奇心旺盛なhanako族と言われていた世代ですので、やっぱりエネルギーを持て余しちゃって。ママさんサークルみたいなのに行くんだけど、子供中心だからママたちはハッスルできないの。ママたち自身が主役で活動を行うようなものは当時はなかったんです。なので自分で作っちゃおうと思って、他とは一線を画したママさんサークルを立ち上げました。ママが自由に動ける時間を確保するために相互託児の仕組みをつくって。

―相互託児まで! すごいパワーですね。メンバーはどうやって集めたんですか?

まずね、誰でも良いってわけじゃないからいろんなママさんサークルに顔を出してその中で優秀そうな人とかリーダー核の人たちをスカウトして回りました。「あなた自身にスポットがあたる活動をするサークルを作りたいんだけど一緒にやらない?」って。そうしたらあっという間にアクティブですてきな人たちが集まったんです。みんなそれなりの企業やお店で働いてきた女性たちなので、本当に賢くて、元リクルートだと営業やプレゼンスキルもあって。元出版社勤務だと編集もできて。デザイナーだと洋服も作れちゃう。美容師だとカットもお手の物。あらゆる職種のママたちが集まりました。やっぱり既存の子供中心のママさんサークルでは力を発揮できていなかったんですね。彼女たちからやりたいことがどんどん挙がってきて、それを実現していきました。

―具体的にはどんなことをしたのですか?

託児付きコンサートや、託児付き英会話教室、託児付きエアロビクス、相互託児によるバーゲンツァー・・そしてキッズ本、育児本の編集、出版。なんでもできました。魔法のサークル!

そうしたらメディアにも取り上げられるようになってますます人数が増えていきました。当時はメールなんてないし、FAXだって普通の家庭にあるかないかの時代だから入会希望が手紙で届くんです。毎日、自宅にサンタさんがプレゼントを入れているような袋いっぱい手紙が届くから、郵便屋さんが私の事、歌手だって思ってたそうです(笑)

―すごいです!

けれどその手紙をひとつひとつ見ていかなきゃいけないからもう大変で。なので、各エリアに支部を作ってリーダーを作って、自由が丘サミットを数ヶ月に一回とか開催して。自分のエリア在住者の手紙を持って帰ってもらって支部ごとに処理してもらうようにしたんです。自由が丘に来れない遠方の人は私が帰省する時に新幹線のホームで待っていてもらってそこで会議をしたりしました。名古屋、大阪、神戸などホームでの子連れミーティング。専業主婦だからみんな自由に使えるお金はそんなにないんです。サークルは無料で切手代だけもらって会報誌作って全国に郵送してました。

―バブル時代の独特なエネルギーを感じます。

ママサークルからマーケティング会社設立、そして出版へ

サークルのことを「B.B.B(ベイブリッジベイビーズ)」って名付けて全国で1900人くらい会員がいたのかな。人がたくさん増えたから何かできないかと思って。そして、女性起業家コンテストで優秀賞を取ってついに起業。主婦のマーケティング会社をつくったんです。

―バイタリティが本当にすごいです。

専業主婦が会社をつくって自宅で仕事しているっていうので新聞や日経などのビジネス雑誌にも良く取り上げられました。在宅ワーカー=SOHOと名付けられてブレイク。在宅ワーカー希望主婦がたがまた登録してくれる。

そうこうしていくうちにインターネットが普及してきてメルマガブームが到来。そこで私もメルマガを始めたんです。夫婦問題、とくにセックスレスのお悩みに答えるようなものを無料でやっていたら、あっという間に会員が増えてお悩みもどんどん届くようになりました。それで心理カウンセラーの資格をとって真剣に向き合って答えるようになったんです。当時ライフシフトを考えていた時に出版の話があってそれが一冊目の本となる『となりの寝室』(講談社)です。これを機に自分の会社を売って夫婦仲相談所を一人で立ち上げました。

―やはり当時もセックスレスのお悩みはあったんですか?

ありましたね。でも浮気とか家事や子育て姑問題のほうが多かったかなあ。セックスレスという言葉がメディアを賑わせる様ようなったのは2000年代はじめ。精神科の有名な先生が提示しました。でも、当時のアラフォーの方は男女ともに性に対してアグレッシブでしたからね。なんといってもバブル期に恋愛していたの人たちなので。あとは、ドラマ『金曜日の妻たちへ Ⅲ』が大ブームだったんです。

―「金妻」懐かしい… 当時は女性も積極的に浮気してたんですか?

いえいえ今ほどできないです。ネットも普及していないし出会いの場が少ない。なのでドラマを見て悶々としちゃうんです。恋愛願望だけはあるから。夫の方が浮気していてそれで悩んでいる妻が多かったですね。

―専業主婦に飽き足らずパワフルに自分の道を切り開く三松さん。次回はいよいよ夫婦問題について伺います。

夫婦仲相談所 所長 三松真由美さん
バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。会長を務める。託児付きイベントや育児本出版等子育て中のママ達の活動の場を広げる。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察。恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。
恋愛・夫婦相談はこちら
三松真由美さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター