【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松真由美さん。数万組の夫婦のお悩みに答えてきた三松さんがなぜ今のようなお仕事をしようと思ったのか、今、アラフォー夫婦たちになにが起こっているのか、セックスレスとはなんなのか、なぜセックスが大切なのか、などについてお話いただきました。刺激的なインタビュー第一回目です。


ないから作ったママが主体的に自由になれるサークル

―こんにちは! いつも刺激的でためになる原稿をありがとうございます(笑) 今日は三松さんがなぜ夫婦仲相談所をつくろうと思ったのか、現代の夫婦問題などについてお話を伺えればと思っております。

こんにちは! こちらこそいつもありがとうございます。夫婦仲相談所はね、その前があるんですよ。私が最初の結婚をした時はバブル真っただ中で結婚して専業主婦になるのが主流だったんです。どんなに優秀で大企業で勤めていても辞めてしまう女性はたくさんいました。それで、私も3高と結婚して(笑)専業主婦になって出産。そうしたらね、好奇心旺盛なhanako族と言われていた世代ですので、やっぱりエネルギーを持て余しちゃって。ママさんサークルみたいなのに行くんだけど、子供中心だからママたちはハッスルできないの。ママたち自身が主役で活動を行うようなものは当時はなかったんです。なので自分で作っちゃおうと思って、他とは一線を画したママさんサークルを立ち上げました。ママが自由に動ける時間を確保するために相互託児の仕組みをつくって。

―相互託児まで! すごいパワーですね。メンバーはどうやって集めたんですか?

まずね、誰でも良いってわけじゃないからいろんなママさんサークルに顔を出してその中で優秀そうな人とかリーダー核の人たちをスカウトして回りました。「あなた自身にスポットがあたる活動をするサークルを作りたいんだけど一緒にやらない?」って。そうしたらあっという間にアクティブですてきな人たちが集まったんです。みんなそれなりの企業やお店で働いてきた女性たちなので、本当に賢くて、元リクルートだと営業やプレゼンスキルもあって。元出版社勤務だと編集もできて。デザイナーだと洋服も作れちゃう。美容師だとカットもお手の物。あらゆる職種のママたちが集まりました。やっぱり既存の子供中心のママさんサークルでは力を発揮できていなかったんですね。彼女たちからやりたいことがどんどん挙がってきて、それを実現していきました。

―具体的にはどんなことをしたのですか?

託児付きコンサートや、託児付き英会話教室、託児付きエアロビクス、相互託児によるバーゲンツァー・・そしてキッズ本、育児本の編集、出版。なんでもできました。魔法のサークル!

そうしたらメディアにも取り上げられるようになってますます人数が増えていきました。当時はメールなんてないし、FAXだって普通の家庭にあるかないかの時代だから入会希望が手紙で届くんです。毎日、自宅にサンタさんがプレゼントを入れているような袋いっぱい手紙が届くから、郵便屋さんが私の事、歌手だって思ってたそうです(笑)

―すごいです!

けれどその手紙をひとつひとつ見ていかなきゃいけないからもう大変で。なので、各エリアに支部を作ってリーダーを作って、自由が丘サミットを数ヶ月に一回とか開催して。自分のエリア在住者の手紙を持って帰ってもらって支部ごとに処理してもらうようにしたんです。自由が丘に来れない遠方の人は私が帰省する時に新幹線のホームで待っていてもらってそこで会議をしたりしました。名古屋、大阪、神戸などホームでの子連れミーティング。専業主婦だからみんな自由に使えるお金はそんなにないんです。サークルは無料で切手代だけもらって会報誌作って全国に郵送してました。

―バブル時代の独特なエネルギーを感じます。

ママサークルからマーケティング会社設立、そして出版へ

サークルのことを「B.B.B(ベイブリッジベイビーズ)」って名付けて全国で1900人くらい会員がいたのかな。人がたくさん増えたから何かできないかと思って。そして、女性起業家コンテストで優秀賞を取ってついに起業。主婦のマーケティング会社をつくったんです。

―バイタリティが本当にすごいです。

専業主婦が会社をつくって自宅で仕事しているっていうので新聞や日経などのビジネス雑誌にも良く取り上げられました。在宅ワーカー=SOHOと名付けられてブレイク。在宅ワーカー希望主婦がたがまた登録してくれる。

そうこうしていくうちにインターネットが普及してきてメルマガブームが到来。そこで私もメルマガを始めたんです。夫婦問題、とくにセックスレスのお悩みに答えるようなものを無料でやっていたら、あっという間に会員が増えてお悩みもどんどん届くようになりました。それで心理カウンセラーの資格をとって真剣に向き合って答えるようになったんです。当時ライフシフトを考えていた時に出版の話があってそれが一冊目の本となる『となりの寝室』(講談社)です。これを機に自分の会社を売って夫婦仲相談所を一人で立ち上げました。

―やはり当時もセックスレスのお悩みはあったんですか?

ありましたね。でも浮気とか家事や子育て姑問題のほうが多かったかなあ。セックスレスという言葉がメディアを賑わせる様ようなったのは2000年代はじめ。精神科の有名な先生が提示しました。でも、当時のアラフォーの方は男女ともに性に対してアグレッシブでしたからね。なんといってもバブル期に恋愛していたの人たちなので。あとは、ドラマ『金曜日の妻たちへ Ⅲ』が大ブームだったんです。

―「金妻」懐かしい… 当時は女性も積極的に浮気してたんですか?

いえいえ今ほどできないです。ネットも普及していないし出会いの場が少ない。なのでドラマを見て悶々としちゃうんです。恋愛願望だけはあるから。夫の方が浮気していてそれで悩んでいる妻が多かったですね。

―専業主婦に飽き足らずパワフルに自分の道を切り開く三松さん。次回はいよいよ夫婦問題について伺います。

夫婦仲相談所 所長 三松真由美さん
バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。会長を務める。託児付きイベントや育児本出版等子育て中のママ達の活動の場を広げる。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察。恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。
恋愛・夫婦相談はこちら
三松真由美さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


アラフォーセックスクライシスを憂う前に恋愛相手を見つけよ!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#35】

アラフォーセックスクライシスを憂う前に恋愛相手を見つけよ!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#35】

40代シングル女性がセックスをするためにはまずは恋愛相手を見つけることから。ではいったいどうやって恋愛相手を見つければいいのか?数万組の男女の相談にのってきた専門家 夫婦仲相談所所長の三松真由美さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター