アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


本題に行く前にアメリカのクリスマスの様子をちょっとお届けします…。

息子の通う幼稚園の教会でのクリスマスコンサートの様子です。

息子のクラスではクリスマスの飾りづくりが行われました。

パパも幼稚園に積極的に関わっている

先日、子どもの4歳のバースデーパーティーをしました。パーティーをしようと思ったのは、アメリカの新学期9月のタイミングで保育園から幼稚園(preschool)にうつったことも理由のひとつでした。こちらの幼稚園は、日本の年少さんに該当する「3歳クラス」よりも前から幼稚園が開かれていて、0~2歳の子どもたちも通っています。年少さんクラスの半分以上が下の学年から通い続けています。

新しい環境へぽん!と入ったので、クラスメイトたちと交流できたらと思い、パーティーを開催することにしました。幼稚園は保育園と違って9時から13時まで。幼稚園のあと、幼稚園で開催されている習い事を受けると14時まで。最近の日本では、働くママたちに合わせて、幼稚園でも延長保育をしているところが増えてきているように感じますが、こちらはそれがないようです。

今、通っているところを含め10箇所程度調べましたが、どこも延長保育は実施していませんでした。しかし、幼稚園に通う子どもたちのママが働いていないかというとそうではなく、大半が働いています。仕事を終えてから迎えに来ているママ、仕事の途中で抜けて迎えに来ているママもいます。 幼稚園の送り迎えは日本だとママが大半、時々イクメンのパパ、という感覚がありますが、こちらでは、送り迎えをしているのはパパとママが半々。それ以外は、おじいさんやおばあさん、シッターさんが1、2割程度です。

近所のママにお願いしている人もいるようです。スーツを着たパパが普通に毎日送ってきています。ママは会社が反対方向だからと、パパしか幼稚園に来ない人もいます。アメリカではそれがよくあることなので目立たず、パパも気後れしないでできるのかもしれませんね。

自然にママや子どもと交流するパパたち

子どものバースデーパーティーには、5人の子どもたちがきました。この年齢だとひとりでは当然来られないので、当然ママも一緒に来ます、これは日本でも普通のことではないかと思います。ですが、私がアメリカらしいなぁと感じたのは、ほとんどがファミリーで来たことです。パパも一緒に来たんですね。

「夫も一緒に行ってもいい?」と聞かれることもなく、ごく当たり前に一緒に来ました。そして、パパだけではなく、兄弟も一緒です。 アメリカのパーティーはファミリーで来るのが普通。そのため、もし人数の関係で来てほしくないときは、お誘いする時点で「兄弟は連れてこないでね」と伝えておく必要があります。

日本だと「下の子も連れて行ってもいいかしら?」と丁寧なママは事前に確認してくれたりしますが、こちらはそれも特になく、上の兄弟でも下の姉妹でも誰でも一緒に来ます。 最初に、パーティーへお誘いのメールをしたところ、1人のママから「私は行けないけれど、夫が子どもを連れて行くわ」と返事がきました。子ども+パパ、で来るといいます。私はパパとは面識がありません。すでに仲のいい顔見知りならまだしも、日本だったら「行きたくない」と思うパパもいるのではないでしょうか。自分が行けない場合、ママは「断らないと…」と思うのではないかと思います。私も今までそんな感覚を持っていました。

そしてパーティー当日にさらに驚いたのはパパたちの社交能力の高さです。 料理が美味しい、デコレーションが素敵だ、あなたの子どもは手先が器用だね、と私に積極的に話しかけてきます。いつも日本でママ達同士が行なっているような社交を自然としています。子どものパーティーに渋々というようなパパはいなく、自ら子どもたちを引き連れてラジコンで遊んだり、他のママと幼稚園のことや普段の子どもの様子を楽しく会話しています。

“ママ”と“パパ”日本は役割を分担させすぎている?

みんな第一線で働く多忙なパパたちです。でもそれができるのは、パパたちの帰りが日本より早いことも理由のひとつかもしれません。家で子どもと過ごす時間が自然と長くなり、子どもの様子がよりわかるのでしょう。そしてもうひとつは幼稚園からの連絡がすべて、あたりまえのように、パパにもママにも届くことだと思います。これは以前いた保育園でも同様でした。

幼稚園からの連絡は主にメール(正確にはアプリ)。メーリングリストには、クラスメイト全員のパパとママが登録しています。「明日は午前中で幼稚園は終わりです。お弁当はいりません」とか「工作に使うので、明日、空き箱を持ってきてください」という些細なことまで、すべてパパもママも、情報を共有しています。

パパの多くは職場のメールアドレスをメーリングリストに登録しています。仕事のメールの合間に、子どもの幼稚園からのメールもチェックするわけです。働くママにとって、それはわりとあたりまえのことですが、日本のパパたちのなかで明日、空き箱が必要なことを知っている人はどれくらいいるでしょうか? 日本では、幼稚園とのやりとりはママがメインのところが多いのではないでしょうか。

特別にこちらから希望しないかぎり、幼稚園も日常の連絡はママへ、緊急の連絡はパパへ、と捉えているようにも感じます。先日、子どものクラスの担任の先生からメールがきました。「He was able to read the numeral!(あなたの子どもが数字を読めたのよ!)」という日常のちょっとしたできごとの報告でしたが、先生はあたりまえのように、私と夫、両方宛てにメールをしてきました。日本はもしかしたら「パパ」「ママ」と役割がはっきり分かれているほうなのかもしれません。「ママ文化」があり、「ママ友」という言葉があったり、ママ向けの雑誌があったりします(こちらではママ向けではなく、“Parent(親)”向け) もちろんそれに伴う大変さもありますが、私たちママには、ママの楽しいネットワークがありますね。そんな楽しいネットワークが、もしかしたらパパを少し入りづらくさせているのかもしれません。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗


大網 理紗

リサ・コミュニケーションズ代表
世界の王室・皇室・政府要人といったVIP接遇業務に従事した後、全国アナウンスコンクール優秀賞、国際優秀賞受賞などの経歴を活かし、話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。
独自のメソッドを開発しコミュニケーションスペシャリストの育成を行なう。大学、教育委員会、企業等で数多く講演。また、宮内庁・王室主催の舞踏会などで社交界の経験を積む。

著書
『人生を変えるエレガントな話し方(講談社刊)』
『大人らしさって何だろう。(文響社刊)』



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター