【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


“引き寄せの法則”はスピリチュアルなものではありません

前回の記事はこちらから

――WOMeの記事で「思考は現実化する」というお話を書いていただきましたが、改めてそのことについてお話いただけますでしょうか。

脳は右脳と左脳に分かれていますよね。右脳はイメージを扱い、左脳は言葉を扱います。例えば「貧乏は嫌だ」と思ったとしますよね。「貧乏は嫌だ」という言葉は左脳で処理されるのですが、困ったことに脳は“NO”を理解できません。この場合はNO=“嫌だ”が理解されず、“貧乏”だけが残り、右脳では“貧乏な状態”がイメージされます。すると、そのイメージは潜在意識へと蓄積されます。

――なるほど…。ですが、それがどうして、思考は現実化する、ということになるのですか?

自分が思い描いたイメージに現実がなるように潜在意識が働きかけるんです。なので、貧乏のイメージを実現させるように潜在意識が働きかけます。さらに、脳幹網様体(のうかんもうようたい)というものがあるんですが、これは外部からの情報を脳に伝えるフィルターの役割を果たしています。自分にとって必要な情報だけを取捨選択して、脳に届けてくれるんです。

――なんだか嫌な予感が…。

その時に働きかけるのが潜在意識です。潜在意識には“貧乏”があります。なので、貧乏になるような情報ばかりを脳幹網様体が吸い上げて脳に届けるようになってしまうのです。

――いやだー! 貧乏になりたくないと思っているのにどんどん貧乏に近づいて行ってしまうじゃないですか…。

「こういうワンピースが欲しいなあ」と思ったら、同じようなワンピースばっかり目につく、ということはありませんか?

――あーありますね…自分が気になっていることについての情報は自然と集まってくるような気がします…。ではネガティブなワードが頭に浮かんでしまった時にはどうしたらいいのでしょうか? 例えばその「貧乏は嫌だ」とか。

その場合はポジティブに転換するんです。貧乏が嫌なのは「欲しいものが手に入らなくて満たされていない状況が嫌だ」ということですよね。なので、満たされて幸せだと言葉にするんです。「私は今も将来も自分が欲しいものが手に入って幸せだ」と。すると自分が欲しいものが手に入って幸せな状態のイメージが湧いてくると思います。

――なるほど! そういうことですか。これはすべての人に知って欲しいことですね。ものすごく大事なことだ…。昔『引き寄せの法則』(SBクリエイティブ)という本が流行りましたが、本当にそうなのかな? と疑問もありました。山下先生に科学的にお話していただいて、すごく納得しました。

ありがとうございます。本当にそうなんですよね。だから意識を変えていくことはとても大切なんです。

コミュニケーションのコツは「自分軸」

――脳には男女で違いってあるのでしょうか? よく男性は“ひとつのことしかできない”、とか女性は“ロジカルに思考することができない”とか言いますよね。これは脳の働き方が男女で違うのかなあ? と思ったりするのですが。

私、個人は男女で違いがあるとはあまり思いません。ただ…男女のコミュニケーションに恋愛が絡んでくると、ものすごく感情が揺れ動きますよね。些細なことですごく嬉しくなったり、逆に悲しくなったり…と、そういう状況が脳になんらか働きかけて、男女の脳の差みたいなものを生み出すのかもしれないですよね。

――なるほど…たしかに男女には色恋が絡んできますから、感情的にはなりますよね…もちろん同性同士の恋愛もあるので一概にどうとは言えませんが。しかし、男女はどうしてすれ違ってしまうんでしょうか。夫婦やパートナーとはじめは上手くいってたのに、そのうちだんだん相手の嫌なところが目についてきてイライラする頻度が多くなる…そういったものが積み重なって熟年離婚する夫婦もいますよね。WOMeの読者さんの中にはまさにイライラまっただ中の方も多いと思います(笑)

それはやっぱり脳が報酬系だからでしょうね。最初はお互い大好きだから相手のために色々尽くしますよね。そして「嬉しい!」と感じていた。けれど、そういうことって長くは続きませんよね。だんだん慣れてきて、相手のためにそういうことをしなくなる。けれど、幻想は残っているわけです。「昔はああしてくれたのに!」って。そういう「○○してくれない」と思う気持や、昔と態度が違うギャップがすれ違いの原因の一つではあると思います。なので、最初からそういうものだ、と思うことが大事だと思います。

――なるほど…頭ではわかりますが、なかなか(笑)

やはりそこも自分軸を持つことが大切です。そもそも「○○してくれない」と思う気持ちは相手に依存していますよね、そうではなくて、自分軸をもって自立する。愛情を求めるのではなく、与える。「そんなことなんでやらなきゃいけないの」と思うかもしれませんが、自分のためです。自分を幸せにできるのは自分しかいません。「相手が幸せになりますように」と思って自分がした行動で相手が幸せになったら喜びを感じると思うんです。

その時に、喜んでくれなかったからと責めたり「もう二度としない」と思うのではなくて、「自分が相手の幸せのためにやりたかったんだ」ということに目を向けてください。やりたくなければやらなくていいんです。それなのにやったのはなぜか、もしも、自分を褒めて欲しかったり認めて欲しかったりという欲求があるのではあれば、それは依存している状態なので、“自分が自分を幸せにする”という軸でもう一度考えてみて欲しいと思います。

例えば自分の子どもに対してそういったことを思うでしょうか? 子どもに「なんで料理をつくってくれないの!」「なんで掃除してくれないの?」「なんでありがとうって言ってくれないの?」って腹を立てるでしょうか? 10代以上の子どもにはそういったことを思うかもしれませんが、小さな子どもにはそうは思いませんよね。それは相手に依存していないからです。あとは無条件で幸せを望む相手だから、ということもあるかもしれませんね。

――パートナーには怒りを覚えることでも子どもにはそうはならない…確かにそこには依存する気持ちがあるように思います…。次回、最終回はセックスレスは脳科学で解消される? というお話です。お楽しみに。

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

山下あきこさん
1974年佐賀県生まれ。医学博士、神経内科・内科医師。診療や研究を行う中で、高齢になっても自分らしく生きるための方法を模索し続けてきた。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。主に健康や自己実現に関するセミナーや研修を企業や一般向けに行い、行動変容を促すスキルと正しい知識を提供している。マインドフルネスVRを楽しめるスマートフォンアプリの開発・配信も手がける。
山下あきこさんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】『子どものいない人生を考える会』主宰・朝生容子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】『子どものいない人生を考える会』主宰・朝生容子さんインタビュー<第一回>

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。2014年にある出来事がきっかけで『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げFacebookなどで活動を続けていらっしゃいます。いったいなぜ、この会を主宰しようと思ったのか。朝生さんご自身の体験も含めお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

顔と頭皮は皮1枚で繋がっています。頭皮もやはりエイジングにより固くなったり、血行不良になったり…。ストレスで頭皮が凝ることもありますよね。自宅で頭皮マッサージをして、いつまでも若々しい頭皮をめざしましょう♪


家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

年末年始は家族でのんびりと過ごすという方も多いと思います。ちょくちょく会ってはいるけれど、ゆっくりと一緒に映画を観る時間はなかなかないものですよね。せっかくの機会なので、「家族愛」がテーマの映画で改めてその大切さを再確認してみませんか。残念ながら年末年始も家族でのんびりはお預けという方は、映画で愛を感じてみてください。


カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

気の置けない仲間と一緒にワインを楽しみたい!でもカロリーが気になりますよね。そんな時におすすめなのが、「白ワイン」です。白ワインのカロリーや魅力、おすすめの品種を教えます。


大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

外はすっかり寒くなってきているこの季節。クリスマス映画で心からほっこりと温まりませんか。お家でまったりとしたクリスマスを予定している! という方は、こんな素敵な映画と一緒に聖夜を過ごしてみませんか。クリスマスの飾り付けの参考にもなりますよ。


不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

酸いも甘いも経験した大人の女性だからこそ楽しめる恋愛もあれば、いけないこと、と頭の中では分かっていても止められない不倫、ちょっとだけなら・・・と軽い気持ちからの浮気といった映画の中だけにおさめておきたい恋愛もあります。毎日の生活に追われてちょっと恋愛を忘れ気味・・・そんなときには、映画から刺激をもらってみては?




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google