【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


不倫遺伝子を持っていてもいなくても結局不倫する

――本日はよろしくお願いします。本の中であらゆる角度から「人類は不倫をするものだ」ということが書かれていて圧倒されてしまいました(笑)

はい、そうです。生存戦略なので残念ながら仕方のないことです。人間の脳は一夫一妻型にはできていないんですよ。

――(苦笑)特に衝撃だったのが“不倫遺伝子”の存在です。不倫遺伝子を持っていたら必ず不倫してしまうのでしょうか?

必ずしも100%不倫するというわけではないんです。ただし、持っている人のほうが、有意にその確率は高い。でも、そもそも不倫遺伝子を持っていなくても不倫する場合があります(笑)。

――ああ…(笑)そもそも不倫を悪いことだとして、社会的制裁(サンクション)を行うことがナンセンスということなのでしょうか。

そうともいえます。歴史を繙いてみれば、平安時代は通い婚で男女ともに複数の人と関係を持つのは当たり前でした。戦国武将だって何人も妻がいました。

――しかし、当たり前のことだったとはいえ、そこには嫉妬の感情などはありましたよね。

「安定型」「回避型」「不安型」3パターンに分けられる

もちろんそれも生存戦略なんです。自分の遺伝子を効率よく残すのに障害となる誰かを排除しようとする行動を促進するために嫉妬という感情が使われます。ただし、 複数の人との関係に比較的寛容な時代であろうが現代であろうが、やはり嫉妬という感情は良いものとしては描かれない。源氏物語に出てくる六条御息所は嫉妬感情といえばこの人、ともいうべきアイコンのような存在ですが、本人もそれに苦しみ、剰えそれで人が亡くなるという、読み手に大きな不快感を与える存在として描かれています。文学ではこれが物語に深みを与えるわけですが、とはいえ当時も嫉妬は欠点であると認識されていたわけです。

――なるほど……著書では不倫をしてしまう原因は不倫遺伝子だけではなく、成長過程において養育者との関係性の中で「安定型」「回避型」「不安型」に分けられ、「回避型」と「不安型」の人は不倫しやすいと書かれていました。できるなら結婚相手は「安定型」が望ましいと思います。見分けるポイントはありますか?

未就学児童を対象にしたテストは行われています。養育者とふたりで部屋にいるんですが、しばらくすると養育者は15分ほど席を外します。そして戻ってきた時にどういう態度をとるかでその子どもが「安定型」か「回避型」か「不安型」かわかるんです。

――それぞれどんな態度をとるんですか?

「安定型」は素直に喜ぶ。「ああ帰って来てよかった」と安心するんですね。「回避型」はしらんぷりします。「不安型」はより激しく泣いたり責めたりします。パートナーが子どもの頃にそういうシチュエーションになった際、どんな態度をとっていたか聞ければいいんですが、なかなか難しいですよね(笑)

――そうですね。ぜひ大人の男性の見極め方を教えてください(笑)

二人が離れる時、どこに行くのか、何時に行くのか、いつ帰ってくるのか、など色々聞いてくる人は不安型の可能性が高いですね。こちらも不安定型であると、これを「愛情」と勘違いして、互いに依存するような不健康な関係が形成されます。安定型の人なら、さみしいけど楽しんでおいで、と送り出してくれるでしょう。

一方、回避型の特徴的な振る舞いは、お願いごとをしたり、苦しい時に助けを求めたりすると、不機嫌になったり怒り出したりする点です。安定型の人なら、自分を頼ってくれた、とうれしく思うものですが、回避型の人はそうではない。俺に面倒をかけるな、俺の心に近づこうとするな、というわけです。


――なるほど…もしも相手が「回避型」「不安型」だったとして、どうしたら「安定型」にすることができますか?

そもそも不倫をするしないは相手の問題。自分のせいではない

まず自分が「安定型」になることですね。そもそもですけど、不倫をするしないって相手の問題なんですよ。自分の問題ではない。相手の選択なんです。

――というと?

どんな条件で不倫をするかなんて、まったく分かりませんよ。夫婦喧嘩の腹いせにする人もいるでしょうし、セックスレスが原因の人もいるでしょうし。不倫をする意思決定はその人がしていることで、自分には関係ないんです。

――ああ…女性は不倫をされると「自分の○○がいけなかった」と反省しがちですよね。

まったく落ち度がなくても不倫をされることもあります。いくら反省してそこを改善したところで、不倫をする相手なら、また違うことを理由にして不倫しますよ(笑)


第二回につづく

――中野信子さんに淡々と「人間は不倫をするものだ」ということを説かれると、「不倫をした」だ「不倫をされた」などと取り立てて騒ぐ程の問題ではないような気がしてきました…。次回は嫉妬の感情と向き合うには? などについてのお話です。

文/和氣恵子 撮影/鈴木志江菜

脳科学者 中野信子さん
脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。

著書に『戦国武将の精神分析』(宝島社新書・共著)『シャーデンフロイデ~他人を引きずり下ろす快感~』(幻冬舎新書)『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』(セブン&アイ出版)他多数

不倫 (文春新書)

¥ 896

バレたら仕事も地位も家族も金銭も失うとわかっているのに、なぜ人は不倫をやめられないのか?社会が過剰な不倫バッシングに走りがちになるのはなぜなのか? 最新脳科学の知見をもとに、進化の過程で人類が選択した「生存戦略」、「社会的制裁」の謎に迫る!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター