まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】妊活に協力してくれない夫。どうしたら自分のこととして受け止めてくれますか?

私38歳、夫40歳の夫婦です。ただいま妊活中ですが、なかなか授かりません。検査したところ、私に特に問題はなく、夫の精子の活動量に少し問題がありました。なのに、夫はタバコもお酒もやめず、運動もしません。生活スタイルを改善してほしいのですが、「子どもは天からの授かりもの」とまるで他人事のよう。排卵日に限って、深夜まで残業です…。どうしたら自分のことと捉えて妊活に協力してくれるようになるでしょうか。( Aさん・38歳)

「私の気持ちを理解してくれない」と苦しむ妻

結婚したら、自然に赤ちゃんに恵まれると思っていたけれど、なかなか妊娠の兆候が見られないと、気持ちに焦りが出てきますよね。妊娠できなくて、ただでさえ苦しい思いでいるのに、ご主人が協力的でないと、不安が増して、情緒も不安定になりがちです。

カウンセリングの現場でも、「妊活」に関する悩みは多く寄せられます。

「夫が私の話をぜんぜん聞いてくれない」
「もっと協力してほしいのに、まるで他人事のよう」
「夫も当事者のはずなのに、自覚がなさすぎる」
「あまりにも非協力的でイライラする」
「なんで私ばっかり、こんなに苦しまなくちゃいけないの」

まるで判を押したかのように一致した妻の心の声です。

赤ちゃん誕生に備えるためにも、本来ならもっとゆったりと構えて、備えてほしいのですが、そんな心境とはまったく反対の感情が渦巻いて、もんもんと苦しんでいる様子が伝わってきます。

「早く赤ちゃんを授かりたい」と焦る気持ちは、さらに不安な気持ちに拍車をかけます。
その感情は、誰よりも理解してもらいたい相手。つまり身近にいるパートナーに向けられます。
いちばん理解してほしい人にわかってもらえない…。
今までと変わらず、仕事に専念し、仕事(残業)や遊びに夢中になっている夫を目の前にして、絶望的な気持ちになってしまうのです。

子どもを産む性と産まない性の違い!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

残念ながら、子どもを産む性ではない男性は、女性ほどの自覚はありません。
女性には女性にしかない思考と感覚があり、子どもを守り育てる母性が、もともと備わっています。

ですから、夫は、妊娠や育児にまつわる妻の気持ちはほとんど理解できていないと言っても過言ではありません。こと妊活に関しては、夫は「わかってくれない人」と思うくらいでちょうどいいかもしれません。
そこを躍起になって、自分と同じように理解してもらおうと思っても、それは難しく、かえって溝を生んでしまいます。

女性は「共感」を求める生き物です。
もっと歩み寄ってほしいのに、夫はちっともわかってくれない、と相手を責めてしまいたくなりますよね。

ですがそこが落とし穴なのです。

本末転倒の結果を招いてしまうケースも

Aさんの焦る気持ちはわかりますが、夫にそれを求めるとよい方向には向かいません。
ご相談に見えた、妊活に悩む夫婦の例を紹介します。
このご夫婦は、30代後半の妻と40代前半の夫でしたが、どうしても赤ちゃんがほしいと望み、妊活をスタートしました。
ですが、思うような結果が出ず、妻からは執拗に強要され、喧嘩モードに突入し、どうしていいかわからずに、夫側からカウンセリングの申込みがあったのです。
常に妻から監視されているようで、いたたまれなかったそうです。

本当は仲良しカップルだったのに…
ふたりの間にかわいい赤ちゃんがほしいと、単純に願っていただけなのに…

本末転倒の結果を招いてしまいました。

嫌なことがあると逃げたくなってしまうのが男性です。
こちらのご夫婦は、第三者に相談することで結果的に夫婦仲は改善しましたが、このようなケースは決して珍しくありません。

「家族」に求めるものは何か根本に立ち戻る

Aさんが思い描く「結婚」「家族」とはなんですか。

多くの人か望んでいるのが、幸せにあふれる家庭です。
愛に満ちた、いつも笑顔の絶えない家庭です。

その家庭に、子どもはいなくてはならないものなのでしょうか。

ご存知のように、世の中には、子どもがいる家庭。子どもがいない家庭。
子どもを産まない選択をする家庭。子どもが授からず、養子を育てている家庭。

本当に様々な家族の形があります。

Aさんが、人生で大切にしているものは何か、今一度考えてみてください。

子どもに恵まれず、養子を育てたり、子どもに関する仕事やボランティアに就くご夫婦もいます。

Aさんが考える「家族」の形を、本気の言葉と想いでご主人に伝えてみてください。
そして、その想いを夫婦で共有できたらとても素晴らしいと思います。

Aさんの真意に触れたとき、ご主人は、耳を傾け、自覚が芽生え、行動に変化が出てきます。今は、Aさんの想いがご主人に届いていないだけかもしれないですね。

「妊活」だけに焦点を当てるのではなく、俯瞰で長期的に自分たちを眺めてみると、その後に続く行動といま何をすべきかが見えてきます。
大切にしたいことがわかると、ふたりで幸せに向かって進むことができますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター