家事のストレス 夫への伝え方のコツ【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
家事のストレス 夫への伝え方のコツ【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

家事のストレス 夫への伝え方のコツ【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

家事のストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とか夫にわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


「売り言葉に買い言葉」が雰囲気を悪くする

今日も残業でクタクタ。疲れた体を引きずって家に帰ってみると、洗濯物は干しっぱなしで部屋は散らかったまま。ソファでゴロゴロしている夫が目に入り、思わず「洗濯物くらい取り込んでよ!」と大きな声をあげてしまう。

すると夫からは「それはお前の担当だろ」と冷たい言葉。先に帰宅できたなら家事を代わってくれてもいいのに、と思ってもそれ以上言うとケンカになるのでこちらが黙って終了。

こんなストレスは、我慢していても体に良くないばかりか夫婦の仲まで冷え込ませてしまいます。「理解して欲しい」と思っても、うまく伝えるのって本当に難しいですよね。

我慢は、上のようにいずれ「怒り」をともなって爆発します。強い口調で言われれば夫だって冷静に返すことはできず、結局「売り言葉に買い言葉」で雰囲気は悪くなるばかり。何も解決しません。

夫へストレスを伝えるときは、何より落ち着いて話せる自分でいることが欠かせません。具体的にどんな話し方が良いのか、ご説明します。

【伝え方のコツ 1】ゆっくり話せるタイミングを選ぶ

Getty logo

たとえば、帰宅直後など慌ただしいときに「洗濯物くらい取り込んでおいてよ」と言っても、夫も驚くし自分だって気持ちが落ち着きません。

ネガティブなことほど、話し合うなら時間が必要。怒りで怒鳴りたくなってもぐっと堪え、その場はやり過ごします。

心を静めることは、何より自分のため。伝えたいことをもう一度しっかりと考えましょう。

食事が終わって一息ついているときや子どもが寝た後など、まとまった時間が取れる状態になったら、「話したいことがあるの」と夫に声をかけます。夫が聞ける状態であり自分も冷静になっているときでないと、最後まで話し合うことが難しくなります。

ゆっくり話せるタイミングを選び、スムーズな会話を目指しましょう。

【伝え方のコツ 2】「起承転結」を意識する

男性は、結末の見えない話を嫌う傾向にあります。「結局、何が言いたいんだ」と思われてしまうと、時間が無駄になるばかりか次の話し合いも遠ざかることに。

話すときは、起承転結を意識しましょう。やりがちなのが「こっちも忙しいんだから」「ゴロゴロできていい身分ね」など、愚痴が多くなってしまうこと。これでは夫も気分が悪くなる一方で、肝心な部分が伝わりません。

「私が残業で遅くなる日とか、先に帰宅できて時間があるときは家事を代わって欲しい」
「帰りが遅くなるときは連絡を入れるようにするから、大丈夫なら洗濯物とか掃除とかやっておいてくれたら助かる」

言いたいことはこれだけです。「どうして欲しいか」「どうなってくれたら嬉しいか」を具体的に言うことで、夫の理解が進みます。

「やっておいてくれてもいいじゃない」「何で気が利かないの?」など、“文句”がくっつくとそれだけで夫は聞く気をなくします。言いたいことはシンプルに、責めるような表現は避けるのがベターです。

【伝え方のコツ 3】夫の意見を聞く

そして、言いたいことを伝えたら必ず夫の意見を待ちましょう。「できるでしょ」など一方的に終わらせるような言い方はしないこと。言われた夫の側にも考える時間が必要であることを忘れず、「どう思う?」とひと呼吸入れる余裕が大切です。

「わかった、今度からそうするよ」とあっさり了解してくれれば話は早いですが、「俺だって忙しいんだぞ」「帰ったときくらいゆっくり休みたい」など、受け入れてもらえないことも多々あります。そうなったときは、

「うん、“お互いに“忙しいよね。私も自分の分担はしっかりやりたいけど、帰ってから洗濯物を畳んでいたらご飯まで時間がかかるし、済ませておいてもらえたら”ふたりとも“楽じゃない?」

と、大変なのは夫だけではないこと、代わってくれることでふたりにメリットがあることをはっきり伝えます。

夫だって、自分がやれば妻が楽になることはわかっています。それをしないのは、「俺も働いている」の大義名分があり、妻に甘えているから。そこを汲み、押し付けるのではなくあくまで「ふたりにとって楽」であることを強調すれば、夫も納得しやすくなると思いましょう。

「尾を引かない伝え方」を心がける

夫に対するストレスの正体は、「やってくれないこと」ではなく「自分を尊重してもらえないこと」です。本当に理解して欲しいのは、「ふたりが協力すれば今よりもっとリラックスした時間を過ごせる」という部分のはず。

こうすればもっと良くなる、が具体的にわかることで、夫の抵抗は消えていきます。「私だって」「私ばかり」と自分を主体にして話してしまうと、夫は「俺の気持ちは無視か」となり、結局最後まで納得できません。夫の中で尾を引いてしまうと、それ以外のことでも手を出そうという気持ちがなくなります。

「ふたりにとってメリットがある」のを強調するのが、尾を引かない伝え方。妻の気持ちがわかれば、夫も「俺がやるほうがスムーズだな」と実感を得ます。ケンカにならず、ふたりがよしとする解決策を見つけるには、自分が冷静になることをまずは心がけてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

どんな夫婦でも、望んで仮面夫婦になるわけではありません。 仮面夫婦とは「互いの無関心」が長い間積もってでき上がってしまった形。それは、すれ違いから始まります。 具体的にどんな原因で仮面夫婦になってしまうのか、また予防するにはどんな策が有効なのか、見てみましょう。


離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

「仮面夫婦」と聞くと、思わずドキッとする人もいるかもしれませんね。夫婦仲が冷めている、お互いに関心がない…。 既に夫婦として破たんしているつながりでありながら、離婚せずに生活をともにしている状態とは、どういうものなのでしょうか。その実態とリアルをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google