【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


アサーショントレーニングでよりよいコミュニケーションを目指す!

前回までの記事はこちら

――言いたいことが言えない人は多いと思いますが、どうトレーニングしたらいいでしょうか?

ふだんから自分の感情を言語化するクセを付けることは大切だと思います。まず自分がどうしたかったのか、したいのか、慣れないうちは少し時間をかけても、自分と向き合って考えます。そして考えたらその話を信頼できる人に話すつもりで、言葉にしてみます。それだけで随分楽になると思います。

――ここでもやはり自分と向き合うことが大切なんですね。

そうです。人とより良いコミュニケーションをとるために行うアサーショントレーニングというものがあるんですが、これは知っておくと役に立つかもしれません。何か望ましくないことをされた時、人間は相手に対して3パターンの行動をとります。一つは攻撃、一つは沈黙、そしてもう一つはアサーションです。これができるようにしていくのがアサーショントレーニング。耳慣れない言葉でしょうが、あえて日本語に訳すなら、アサーションとは「さわやかな主張」です。具体的には、“I”つまり「私はこう思う。こう感じる」と自分の中に起きた感情を出来事としてしずかに相手に伝える。

これは相手に対して「あなたが悪い」「あなたはどうしてそんなことをいうのだ」という攻撃的な主張とは異なります。アサーションと呼ばれる対応は「私はこう思う。こう感じる」と伝えることです。相手を責めているわけでも非難しているわけでもないので、波風は立たないし、攻撃してしまった場合に被る不利益を回避しながら自分の思いを伝えることができるのです。

――よく、男脳、女脳などといいますが、男女差はあるのでしょうか?

性差はありますが、個人差のほうが大きいと考えられています。

スペック重視で結婚して信頼がおざなりになっているから不倫を疑う?

――中野先生とご主人との関係をお伺いしたいのですが、先生はご主人とラブラブですよね。ですが人間は不倫をする生き物だ、とここまで熟知している中野先生だからこそ、ご主人のことが心配になりませんか? 今お仕事の関係で離れて暮らしているとのことなので余計に心配にならないのかな? と思うのですが。

うーん…心配にあんまりならないんですよね…(笑)もしかしたら他に女の人がいるかもしれませんよ。でも私と一緒の時は私が一番ですし、きちんとそう接してくれますから。

――なるほど…。

若い女性の貧困問題があるのでしょうがない部分もあると思いますが、もし仮に自分のリソースとして夫を選んでいて、そのリソースをほかの女に使われると困る、という発想なのでしょうか。それならたしかに不安感情を持つメリットもあるかもしれませんが、毎日毎日24時間、何十年も相手を監視し、コントロールし続けるなんてできます? あまりに非効率では? それなら自分で稼ぐ方法を考えたほうがはるかに楽しく、充実できるのでは? なんだかスペック重視で結婚相手を選びすぎなのではないかと感じます。

それは恋愛感情のやり取りによる結婚ではなくて、夫が雇用主で妻が従業員のような、経済的に結びついた関係ですよね。その関係の中で愛情を独占的に求めようとするのは筋違いなのでは?

――そう考えると経済的にも自立した人間同士じゃないと正常な夫婦関係は築けない気がしますね。

そうですよね…。ただ、そもそも人間は欲張りなのかもしれないとも思います。しかし経済的な問題に関しては、自分がどの程度で満足するか、ということを知っておくことがトラブルを避けるためには大切です。もちろん目指すライン、目標ラインは高く設定するのもいいと思いますが、相手にバジェットを依存しているのならそれはしにくいですよね。許容ラインをきちんと決めることが一番必要なことだろうと思います。

――足るを知る、ですね。

本当に好きな人とだったら一緒にいるだけで十分毎日が満足で幸せなのではないでしょうか。生活に必要な分以上のお金はかえって人間関係を壊すもとにもなりかねません。

――WOMeはアラフォー女性向けメディアですが、経済的に自立しているのに独身で結婚したいと思っているのに「良い人がいない」と結婚しない女性も多くいます。なぜ、なかなか結婚しないのだと思いますか?

お話していると、彼女たちは自分より早く結婚した人をかなり頻繁に想起されているようで、そのことに強いストレスを感じているようです。その人たちより上位にいきたい、あわよくば結婚で一発逆転したい、というような気持ちが見え隠れすることがあります。これは「認知のゆがみ」といっても差し支えないと思いますが、夫が欲しいというより、自分の価値を高めるための結婚がしたいのではないでしょうか。

しかしながら、ご自身もキャリアを積まれていると、そのステイタス以上の男性というのはほとんど見つからないでしょう。万一、見つかっても既婚であることが多いでしょう。こうして、なかなか相手が見つからず、選びにくいという状況になってしまうのだろうと思います。

次回(最終回)につづく※2019年1月7日12時公開予定

――結婚相手を自分の価値を高めるためのものと認識している…確かにそういう側面はあるかもしれません。経済的に自立していたとしても、自分が本当に望むこと、幸せな状態はなんなのか知らなければよりよい人生は歩めない。次回、最終回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、脳科学的にセックスレス問題は解決するのか? というお話です。お楽しみに。

文/和氣恵子 撮影/鈴木志江菜

脳科学者 中野信子さん
脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。

著書に『戦国武将の精神分析』(宝島社新書・共著)『シャーデンフロイデ~他人を引きずり下ろす快感~』(幻冬舎新書)『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』(セブン&アイ出版)他多数

不倫 (文春新書)

¥ 896

『不倫』(文春新書) バレたら仕事も地位も家族も金銭も失うとわかっているのに、なぜ人は不倫をやめられないのか?社会が過剰な不倫バッシングに走りがちになるのはなぜなのか? 最新脳科学の知見をもとに、進化の過程で人類が選択した「生存戦略」、「社会的制裁」の謎に迫る!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google