【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


アサーショントレーニングでよりよいコミュニケーションを目指す!

前回までの記事はこちら

――言いたいことが言えない人は多いと思いますが、どうトレーニングしたらいいでしょうか?

ふだんから自分の感情を言語化するクセを付けることは大切だと思います。まず自分がどうしたかったのか、したいのか、慣れないうちは少し時間をかけても、自分と向き合って考えます。そして考えたらその話を信頼できる人に話すつもりで、言葉にしてみます。それだけで随分楽になると思います。

――ここでもやはり自分と向き合うことが大切なんですね。

そうです。人とより良いコミュニケーションをとるために行うアサーショントレーニングというものがあるんですが、これは知っておくと役に立つかもしれません。何か望ましくないことをされた時、人間は相手に対して3パターンの行動をとります。一つは攻撃、一つは沈黙、そしてもう一つはアサーションです。これができるようにしていくのがアサーショントレーニング。耳慣れない言葉でしょうが、あえて日本語に訳すなら、アサーションとは「さわやかな主張」です。具体的には、“I”つまり「私はこう思う。こう感じる」と自分の中に起きた感情を出来事としてしずかに相手に伝える。

これは相手に対して「あなたが悪い」「あなたはどうしてそんなことをいうのだ」という攻撃的な主張とは異なります。アサーションと呼ばれる対応は「私はこう思う。こう感じる」と伝えることです。相手を責めているわけでも非難しているわけでもないので、波風は立たないし、攻撃してしまった場合に被る不利益を回避しながら自分の思いを伝えることができるのです。

――よく、男脳、女脳などといいますが、男女差はあるのでしょうか?

性差はありますが、個人差のほうが大きいと考えられています。

スペック重視で結婚して信頼がおざなりになっているから不倫を疑う?

――中野先生とご主人との関係をお伺いしたいのですが、先生はご主人とラブラブですよね。ですが人間は不倫をする生き物だ、とここまで熟知している中野先生だからこそ、ご主人のことが心配になりませんか? 今お仕事の関係で離れて暮らしているとのことなので余計に心配にならないのかな? と思うのですが。

うーん…心配にあんまりならないんですよね…(笑)もしかしたら他に女の人がいるかもしれませんよ。でも私と一緒の時は私が一番ですし、きちんとそう接してくれますから。

――なるほど…。

若い女性の貧困問題があるのでしょうがない部分もあると思いますが、もし仮に自分のリソースとして夫を選んでいて、そのリソースをほかの女に使われると困る、という発想なのでしょうか。それならたしかに不安感情を持つメリットもあるかもしれませんが、毎日毎日24時間、何十年も相手を監視し、コントロールし続けるなんてできます? あまりに非効率では? それなら自分で稼ぐ方法を考えたほうがはるかに楽しく、充実できるのでは? なんだかスペック重視で結婚相手を選びすぎなのではないかと感じます。

それは恋愛感情のやり取りによる結婚ではなくて、夫が雇用主で妻が従業員のような、経済的に結びついた関係ですよね。その関係の中で愛情を独占的に求めようとするのは筋違いなのでは?

――そう考えると経済的にも自立した人間同士じゃないと正常な夫婦関係は築けない気がしますね。

そうですよね…。ただ、そもそも人間は欲張りなのかもしれないとも思います。しかし経済的な問題に関しては、自分がどの程度で満足するか、ということを知っておくことがトラブルを避けるためには大切です。もちろん目指すライン、目標ラインは高く設定するのもいいと思いますが、相手にバジェットを依存しているのならそれはしにくいですよね。許容ラインをきちんと決めることが一番必要なことだろうと思います。

――足るを知る、ですね。

本当に好きな人とだったら一緒にいるだけで十分毎日が満足で幸せなのではないでしょうか。生活に必要な分以上のお金はかえって人間関係を壊すもとにもなりかねません。

――WOMeはアラフォー女性向けメディアですが、経済的に自立しているのに独身で結婚したいと思っているのに「良い人がいない」と結婚しない女性も多くいます。なぜ、なかなか結婚しないのだと思いますか?

お話していると、彼女たちは自分より早く結婚した人をかなり頻繁に想起されているようで、そのことに強いストレスを感じているようです。その人たちより上位にいきたい、あわよくば結婚で一発逆転したい、というような気持ちが見え隠れすることがあります。これは「認知のゆがみ」といっても差し支えないと思いますが、夫が欲しいというより、自分の価値を高めるための結婚がしたいのではないでしょうか。

しかしながら、ご自身もキャリアを積まれていると、そのステイタス以上の男性というのはほとんど見つからないでしょう。万一、見つかっても既婚であることが多いでしょう。こうして、なかなか相手が見つからず、選びにくいという状況になってしまうのだろうと思います。

次回(最終回)につづく※2019年1月7日12時公開予定

――結婚相手を自分の価値を高めるためのものと認識している…確かにそういう側面はあるかもしれません。経済的に自立していたとしても、自分が本当に望むこと、幸せな状態はなんなのか知らなければよりよい人生は歩めない。次回、最終回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、脳科学的にセックスレス問題は解決するのか? というお話です。お楽しみに。

文/和氣恵子 撮影/鈴木志江菜

脳科学者 中野信子さん
脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。

著書に『戦国武将の精神分析』(宝島社新書・共著)『シャーデンフロイデ~他人を引きずり下ろす快感~』(幻冬舎新書)『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』(セブン&アイ出版)他多数

不倫 (文春新書)

¥ 896

『不倫』(文春新書) バレたら仕事も地位も家族も金銭も失うとわかっているのに、なぜ人は不倫をやめられないのか?社会が過剰な不倫バッシングに走りがちになるのはなぜなのか? 最新脳科学の知見をもとに、進化の過程で人類が選択した「生存戦略」、「社会的制裁」の謎に迫る!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年5月 後半編(5/15~5/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。5月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター