【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。


選択肢がない! 知らされていない! 実は避妊具はこんなに種類がある!

前回までの記事はこちらから

スウェーデンでもらってきた避妊具を持ってきたんですが、出してもいいですか?

写真上段左から:IUDと子宮模型(紫の円盤)、その間に/避妊インプラントを入れる器具
写真下段左から:避妊リング、RFSUのコンドーム、5日間有効なアフターピル「ella one」

――おおお!こんなにあるんですか!見たことないものだらけです。

この辺は日本にないですね。これは避妊インプラントと呼ばれるもので腕に入れるとホルモンが少しずつ出て3年間避妊ができます。避妊リングは膣からいれて、これもホルモンが少しずつ放出されます。IUD(Intrauterine device、子宮内避妊用具)は、日本では主に出産経験のある女性に勧められていますが、海外ではskylaという未産婦の人にもより使いやすいちょっと細めのものが一般的です。一度入れるとなんと5年程度効果があり成功率も99%を超えるのですが、スウェーデンですと値段も手ごろで、ユースクリニックだとIUDで3,000円程度だそうです。

――私、この間(産後)IUDを入れましたが50,000円くらい払いました…。

日本は高いですよね。低用量ピルも1シート2,000~3,000円しますし。若者たちの中には、産婦人科に行きにくいし、普通に買うと値段が高いから、海外のサイトで買ってしまう子たちもいます。それで体調が悪くなって日本の病院に相談したとしても、日本で正式に販売していないピルを服用している場合にはとりあってもらえないことも少なくありません。

実はむこうでインプラントをいれようとしたのですが、日本にないものなので帰国後扱えるドクターがいないのでは、と思いやめました。帰国後知ったのですが、避妊インプラントなどはアジア諸外国でも既に一般的です。最近は日本も移民の方が増えていますが、そういう方々が来日後、避妊インプラントのことで日本の病院にかかると、日本の医師は知らない方が多いので、「なんだこれは!?」となり、母国では看護師さんが処置できるようなことなのに手術騒ぎになってしまうことがあるそうです。手術できれば良い方で、そもそも対応してくれる医師もなかなか見つからず、そのためだけに帰国するお金もなく行き場を失ってしまう、そんなことが既に起こりはじめています。それは、ネパールからの移民の方々を支える方から伺ったお話です。今後日本の中でも様々な形で開かれていくであろう中で、早急に解決すべき課題ではと感じます。早く世界で普通に使われている避妊具が日本でも使えるようになってほしいです。

避妊注射も日本にないですね。3ヶ月効果が持続するので、3ヶ月に1度注射すればいいんです。WHOのDV被害者対応の手引きでは、実は避妊注射がお勧めされています。というのも、被害者側の避妊がばれると一層暴力が深刻化することがあり、ひとまずはばれにくい注射を薦めているのです。避妊シールもありますが、これも日本にはないですね。そもそも情報がないので、「日本にない」ということにみんな気づいていません。

世界では、避妊は女性が主体的にコントロールするもの

日本は国連加盟国189カ国中最後に低用量ピルが手に入るようになった国です。女性自身も「飲まされる」という感覚で、ウーマンリブのときもひとつの団体以外ピルに反対だったそうです。

――え?ウーマンリブって女性が妊娠や出産のコントロールを自分でできるようにしょうっていう運動ですよね?なぜ反対だったんですか?

ピルで避妊=男性にとってより簡単にセックスできる女性になってしまう、男の都合を満たすだけの薬なのでは、と考えたようです。でもコンドームによる避妊は全然完璧じゃないんです。コンドームは正しく使おうとしても失敗しやすく、結果、避妊の成功率8割といわれています。そして日本は性教育がしっかりされていないので、正しい使い方を教えてもらってないので成功率は更に低いのではと感じます。日本家族計画協会クリニックの調べでは、アフターピルを求めて受診した女性の7割はコンドームの破損や失敗が原因だそうです。男性が主導権をもつコンドームでの避妊でも、失敗したときに負担を負うのは女性です。それよりも女性がコントロールできる、より確実な方法を使った方がいいと思いませんか。女性が避妊をコントロールできる方法は本当はいくつもあるんです! それぞれ成功率も異なります。インプラントは低用量ピルより確率が高いといわれています。ピルはどうしても飲み忘れてしまうことがあるので。

それなのに、日本では女性が主体的に避妊をコントロールできる方法がいくつもあることを、ほとんどの人が知りません。知っていて選択しないのは個人の自由です。でも知らないが故に考えることも選択できることもできないのは絶対よくないと思うんです。なので、選択できることが大事なんです。選択肢が広がらないといけません!

――本当にその通りだと思います。特に40代女性はもう妊娠することはないだろうという思いから避妊せずにセックスをして結果、中絶するという人が多く、10代の中絶率についで2位だそうです。出産する人数より中絶する数の方が多いなんて悲しすぎます。

本当にそうですね。避妊具は自分の性とか性生活を考える良いきっかけだと思います。私はユースクリニックでそういう体験をしました。これがもうひとつの「#なんでないの」を立ち上げた理由です。ユースクリニックにピルの相談に行ったときに、ピルの説明をしてくれるだけでなく、「他の避妊方法考えてみた?」と、ほかの選択肢についても助産師さんが丁寧に教えてくれたんです。スウェーデンの若者はこのようにユースクリニックで相談して、最初にピルを飲む女性が多いですが、その後も避妊具カウンセリングを受けて、自分のセックスの頻度、生活、パートナーとの関係などを話しながら自分にあった方法を選ぶことができるんです。一方で日本はどうでしょうか。女性が避妊と言えばただピルが出てくるだけで、日本語の避妊の冊子にもウェブサイトにも日本にない避妊具の情報はなく、知りようがありません。

避妊法に関する信頼できる包括的な情報が得られない日本

――日本にないものは、英語がわからないとインターネットでも調べられないですよね。

そうですよね。英語を話せる友達は、性に関して悩んだときは海外のサイトで検索しています。イギリスは国の機関であるNHSがセクシャルヘルスのページ(National Health Service)を作ってくれていますし…これみてください! カナダの産婦人科学会が作成している避妊のページ(The Society of Obstericians and Gynaecologists of Canada)はとてもおしゃれでわかりやすいんですよ!また注目したいのが、これらのページには避妊のことだけでなく、関係性の構築、性暴力、妊娠、性的合意、性の多様性、性感染症、セクシャルプレジャーなど、幅広い内容が網羅されていてとても包括的という点です。

――本当におしゃれだしかっこいい! 日本では考えられないですね…。

少なくとも英語ではGoogleで「避妊法」などと検索すると客観的な視点をもった信頼できるサイトがいくつか上位にきます。そしてそれらのページでは、先ほど紹介したサイトのように避妊のことだけでなく、幅広い内容が紹介されています。しかし日本語で検索した場合には、上位にくるページでもよくみると製薬会社の作ったページで、その製薬会社の扱う薬とその周辺の情報しか書かれておらず、海外のサイトにあるような包括的な情報が掲載されているページは見つかりません。信頼できて且つ包括的に情報を扱うサイトがなかなかないのです。性教育もなければ頼れるサイトもない、それではどこからどんな情報を得たらいいのか分からないですよね…。

情報にきちんとアクセスできる環境をつくることも本当に大切だと思います。今年、川田龍平議員の質問主意書の中に、「日本も若者が安心して頼れる正しい性に関する情報が得られるようにしてほしい。」というものがあったのですが、国からの返事では「すでに情報提供しているサイトがあります」ということでした。そのサイトは「女性の健康推進室ヘルスケアラボ」というものを指しており、確かに、性に関するものも含め、頼れる広範な情報を扱っています。しかし問題は、検索で上位にはなかなか来ないことがひとつ挙げられます。そしてなにより、あくまで「女性の健康推進室」であり、対象が女性に限定されています。その時点でリーチしにくくなる人たちが沢山います。しかしそれでひとまず努力しているのだから良しとする姿勢が問題だと感じています。性に関して頼れる情報にアクセスしにくいことの弊害を行政にももっと知ってもらいたいし何とかしてほしいと思います。そのためにはまずは自分が声を上げ続けたいと思っています。

――こんなにも日本の避妊具事情がガラパゴス化しているとはショックでした。

最終回は福田さんから40代のWOMe読者へ伝えたいことをお話いただきました。

最終回へ >>

文/北 奈央子、撮影/鈴木志江菜



福田和子さん
福田和子(国際基督教大学公共政策専攻 、#なんでないのプロジェクト代表)
1995年東京うまれ。大学入学当初から日本の性産業の歴史やジェンダーについて学ぶ中、2016年より1年間スウェーデンへ留学。日本とスウェーデンにおける性を取り巻く環境の余りの違いに愕然とし、帰国後、性の健康を当たり前に守れる社会を目指す「#なんでないの プロジェクト」を開始。「性で傷つくのではなく、人生豊かになる社会に」がモットー。執筆活動の他、講演活動などを行っている。世界性科学会Youth Initiative Committee委員、性の健康医学財団機関誌『性の健康』編集委員。

#なんでないの
アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター