【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回> | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


自分がパートナーに求めていることがわかると解決策がみつかる

前回の記事はこちらから

――セックスレスが社会問題にもなり、WOMeでも読者の関心の高い話題のひとつです。セックスレスは脳科学で解消されるのでしょうか?

まず、パートナーに何を求めているのか、ということを考えて欲しいと思います。愛情なのか、気持ち良さなのか、スキンシップなのか…それによって解決法は変わってくると思うんです。もしも気持ち良さだけなら自分で解消することもできるし、スキンシップがしたいだけなら手を繋いだりハグしたりするだけで満足するかもしれない。愛情だとしたら、余計にセックスでは解消しないですよね。自分が相手から愛されている実感が欲しいわけなので…その愛情を確かめるためにはどうしたらいいのか考えることになると思います。

――なるほど…確かにセックスレスの状態そのものがすべて悪いことではないですもんね。メディアが「セックスレス=悪」のように煽っている部分もあるかもしれませんね。

そういう側面はあるかもしれませんね。そもそもセックスが好きじゃない人だってたくさんいるだろうし、それでいいんですよね。それに年齢を重ねたらセックスに興味がなくなっていく人も多いです。なので、例えばパートナーから求められなくなったからって愛情がなくなったわけでも、女性として見られていないわけでもないかもしれません。

――しかし、愛情が欲しい、と思っている場合にそれを得るのはなかなか難しいですよね。どうしたらいいんでしょうか?

相手から自分がして欲しいと思っているものを得るためには、まずは自分がしてあげることです。自分が欲しい言葉をまずは相手に投げかける。自分がして欲しいことをまずは相手にしてあげる。自分がしてないのに、相手に求めるのは…それにそもそも“今あるもの、持っているもの”に目を向けて欲しいな、とも思います。「○○してくれない」ばかりに目を向けるのではなく、すでに今、当たり前のようにパートナーがしてくれていることに感謝する。

――あー…本当にそうですね。ついつい欲張りになって、もっともっととなってしまいます…。それこそ病気もせず、毎日会社に行って帰って来てくれるだけで感謝できますよね。そう思うと。

そうですね! そういう風に思考を変えていけるときっと自分が楽にもっと幸せになると思います。

――確かにそう思います。これから山下先生がやっていきたい活動などについて教えていただいてもいいですか?

自分の自律神経がどんな状態にあるのか分かる器械がある

もう私いっぱい夢があって…(笑)みんなが健康になれる、病気にならないプログラムをつくって、今は主に福岡で教えているのですが、東京にもスタジオを持ちたいと思っています。そして、そこでダイエットや認知症予防や禁煙のクラスなどを開催したいなあって。

――ぜひぜひ東京にスタジオを作ってください!

はい! あと、今日持ってきているんですが…自分の自律神経を図る「SQ‐bar」という器械を共同開発して医療者向けと個人向けに販売しているんです。ストレスチェックができますよ。やってみませんか?

――え! なんですかそれ! 興味津々です。やりたいです!

今自分がどういう状態にあるのか、ということに気が付くことができるんです。交感神経と副交感神経の状態がわかるので、自分が今どうしてこういう状態なのかわかって安心できるし、対処することもできるんですね。交感神経が高ぶっているからイライラしているのか、じゃあ深呼吸してちょっとリラックスしよう、とかね。とっても簡単に計測することができるので、さっそくやってみましょう。正しい数値を出すためにあまりお喋りせずにリラックスした状態で軽くバーを握ってください。

――…なんか…緊張してきた…交感神経が優位になっているような気がします(笑)

2分程度で結果がでますよ(笑)

すごくバランスのとれた良い状態です。4つのタイプに分かれるのですが、Aのハツラツ型で交感神経と副交感神経が両方とも高くて頑張る力があって、適度にリラックスもできています。とってもいいです。

――安心しましたー(笑)これは本当にいいですね。先生のサイトに問い合わせたら入手方法がわかりますか?

はい。ぜひ問い合わせてください。

――他に先生がやっていきたいことはありますか?

マインドフル健康士の普及ですね。私と同じように皆さんに指導できるような人を育成しようと“マインドフル健康士”という資格をつくったんです。一人でも多くの人にマインドフルヘルスのメソッドを知ってもらって病気になる人をなくして、健康寿命を延ばしていただきたいと思っています。

――未病ですね! 私もまずは自分の思考のクセに気が付いてココロとカラダを整えていきたいと思います。今日はありがとうございました。

ありがとうございました!

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

医学博士、神経内科・内科医師 株式会社マインドフルヘルス代表
山下あきこさん

1974年佐賀県生まれ。医学博士、神経内科・内科医師。診療や研究を行う中で、高齢になっても自分らしく生きるための方法を模索し続けてきた。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。主に健康や自己実現に関するセミナーや研修を企業や一般向けに行い、行動変容を促すスキルと正しい知識を提供している。マインドフルネスVRを楽しめるスマートフォンアプリの開発・配信も手がける。
山下あきこさんの記事を読む



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

どうやったら今よりもっと幸せを感じられるようになれるのでしょう。お金がたくさんあったら?あと5kg痩せたら?結婚できたら?いえいえ実は毎日の行動次第で人は幸福な人生を手に入れることができるのです。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


他人の愚痴を聞くのは正直しんどい…【幸福度を高める ポジティブ心理学#11】

他人の愚痴を聞くのは正直しんどい…【幸福度を高める ポジティブ心理学#11】

上司からの愚痴、姑からの愚痴、友人やママ友からの愚痴…。愚痴はマイナスエネルギーが満載です。人間だから愚痴をこぼしたくなるのはわかるけれどずっと聞いていると、こっちまで気持ちが暗くなったり、イライラしたり、しんどくなってしてしまいますよね。他人の気持ちに自分の気持ちが引っ張られてしまう時はどうしたらいいのでしょうか?


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google