自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】 | 大人のワタシを楽しむメディア
自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】辛い時、悲しい時、困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第二回目のテーマは【自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて】です。


◇『ガラスのなかのくじら』 (トロイ・ハウエル&リチャード・ジョーンズ 作/椎名かおる 訳/あすなろ書房)

あなたは「自分を大切にしていますか?」と聞かれたら、何とこたえるだろうか。
家族や友人、同僚...周りの人たちのことは、ずいぶん大切にできるようになった。
昔はクールぶって、生意気で、誰かを傷つけてしまうこともあったけれど、もうこの通りすっかり大人なんだもの。

友人が元気のない時には、朝までだって話を聞いてやる。必要なら「あなたのこと、大切に思っているよ」と励ましてあげる。

職場では「頼れる先輩」キャラがすっかり定着した。決して感情は表に出さない。いつだってその場のベストを優先する。自分はどう思うか、はさて置いて、大切なのはその場の空気。笑顔、笑顔、笑顔でいなきゃ・・・。

少し前まで地上波で放送していたドラマ『獣になれない私たち』で新垣結衣の演じた主人公「晶」(あきら)が、まさにこのタイプの女性だった。
仕事ができてしかも親切、誰にでも好かれるキャラの彼女は、行きつけのビアバーでも愛想笑いを顔に貼りつけている。

松田龍平演じる「恒星」(こうせい)は、そんな彼女を「キモい」と一蹴...というところから、恋のドラマが始まる。

このドラマには恋愛の他にも様々なテーマが内包されていたのだが、中でも
「自分に嘘をついて、(表面上は平和な)今の状況に流され続けるの?」
「本当はどうしたいの?」と、(登場人物たちが)終始問われていた内容が、なんだか人ごとと思えず、固唾を呑んで観つづけた。

日常を壊す覚悟、大きな決断...そこにいたるまでの彼らの葛藤が丁寧に描かれていて惹かれた。

絵本『ガラスのなかのくじら』に登場する(くじらの)ウェンズデーは、ドラマの晶みたいにずっと自分を押し殺して生きてきたわけじゃない。

街の真ん中にある大きな水槽の中に、ただ悠々と“居る”ことだけが、はじめから彼女に与えられた唯一の仕事だったし、彼女は水槽の中こそが自分の本当の居場所と信じて疑わなかったのだから。
そう、高くジャンプしたあの日、光る「blue」(海)が偶然目に飛び込んでくるまでは...。
ガラスの向こう側の女の子に、「あなたの居場所はここじゃない」と告げられるまでは...。

くじらのウェンズデーは見てしまったのだ。ここではない、どこまでも広く美しい海(blue)を。
考えてしまったのだ、「わたしは本当はどうしたいのだろう?」と。

悩んで考えて、晶はそれまでの自分に与えられていた役回りを放棄する。いや、役回りにしがみついていた自分の弱さと決別することにする。
はじめて本当の気持ちを吐き出して、長年煮え切らなかった彼との関係は解消し、頼りにされていた会社を飛び出す。
迷っておびえていたくじらのウェンズデーも、最後には、居心地の良いガラスの水槽を思いっきりジャンプして出て行こうとする。

すると、こんなにたかく とべたのです。

彼女たちがはじめて、自分のためだけに決めたこと。
はじめて、本当に自分を大切にした瞬間。

「終わってないよ、変わっただけ。鮮やかには変われなくても、ちょっとずつ…」

穏やかに語る(ドラマの)晶と、たどりついた海で高らかに歌う(絵本の)ウェンズデーの顔は、どちらも凛と輝いている。

もちろん、彼女たちのやり方は、私たち世代にとっては危険を伴うもの。ドラマや絵本に感動したからといって、その勢いでうっかり真似してはいけない。

・・・でも、こうも思うのだ。

自分を押し殺して我慢して愛想笑いをしているうちに、人生なんてあっという間に終わってしまうのではないかしら。

あなたのほんとうにやりたいこと、伝えたいことを、今、たった一つでもいいから、今。

あなたは自分を大切にしていますか?

絵本をひらいて、おだやかなblueに身も心もゆだねてみて。

◇『シルクハットぞくは よなかのいちじにやってくる』 (おくはらゆめ作/童心社)


シルクハットぞくは よなかの いちじに やってくる
こんなに たくさん あつまってても あしおと ひとつ きこえない

シルクハットぞくは、紳士でちょっと謎めいた秘密の集団。
かれらは黒い山高帽、黒いマントに身を隠し、真夜中にやって来るのだが…

表紙の絵をごらんいただきたい。にっこりと微笑みをたたえた可愛らしい目、ほっぺたはピンク色だ。「族」は「族」でも、まったく悪意のない集団であることがすぐにおわかりになるだろう。

彼らは夜中の1時になると静かに飛んできてある「仕事」を遂行するのだが、その仕事が実にユーモラスで、さりげない優しさに満ちているのだ。
(心の中だけで会話するので、声はヒソリとも聞こえない。)

せかいの あちこちで 
ちょっとだけ・・・ ちょっとだけ・・・

シルクハットぞくが一体何をするのかは、読んでみてのお楽しみ。

このさりげない優しさは、昔、小さかった頃のあなたにはいつも与えられていたのかもしれない。
あるいは今、あなた自身が知らないうちに、「シルクハットぞく」の仲間入りをしているのかもしれない。

これまでも、これからも…あなたを大切に思う人は、きっといろんな所にいる。

そのことをもし忘れてしまいそうな夜があったら、そっとこの絵本をひらいてみて。

絵本コーディネーター 東條 知美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

子どもから高齢者まですべての層に向け“毎日がちょっと豊かになる絵本”をコーディネート。講演・テレビ出演等、活躍の場を広げている。

関連するキーワード


絵本 大人の絵本 東條知美

関連する投稿


羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

羨ましい…嫉妬心が芽生えたら【心をうるおす大人の絵本 # 11】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】今まで生きてきて、一度も誰にも嫉妬したことがない、という人はとてもレアだと思います。SNS全盛期の今、特に私たちは日々色々な嫉妬の感情に苛まれ翻弄されているのではないでしょうか。そんな時、絵本コーディネーター東條知美さんのおススメする本を読めば、“自分は自分”思えてくるかもしれません。


腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】あーもうイライラする! 我慢の限界! 子どもに友人に同僚に後輩に部下に…腹が立つことありますよね。そんな時、気持ちを落ち着かせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 自分の機嫌は自分でとる、そんなオトナになりたいですね。


今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本   【心をうるおす大人の絵本 # 09】

今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 09】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】しとしと雨が続く、そんな季節は一日中家でまったりしていたい…そんな時、家にいながら旅気分を味合わせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 世界はどこまでも広がっていくのです。


上手くいかなくて落ち込んだら・・・【心をうるおす大人の絵本 # 08】

上手くいかなくて落ち込んだら・・・【心をうるおす大人の絵本 # 08】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】新しいことがスタートする春。慣れないことばかりで上手くいかなくて落ち込む…なんてことが多いシーズンかもしれません。そんな落ち込んだ心を癒してくれる大人こそ読みたい絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ!


初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

大人になると初めの一歩がなかなか踏み出せない。新しいことにチャレンジするって勇気が必要。どうしたらその勇気が出るのか? 絵本コーディネーターの東條知美さんにそんな大人のための絵本を教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

明らかにこっちのやり方が効率が良いのに、まったく聞く耳を持たない夫。こちらのアドバイスを無視する夫とは、どんな心理なのでしょうか?プライドが高く、人に意見されることを嫌う男性には、「妻の話を聞くことのメリット」をわからせるのが一番です。抵抗なく受け入れてもらうために、言い方を工夫してみましょう!


“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

歯科医師、口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。新刊『美しい口もと』は外見的な美しさだけではなく、内側から健康的に美しくなるためのメソッドが満載! なぜ、美しい口もとが大切なのか? 改めて石井さとこさんにお話を伺った最終回です。


過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

「もしかしたら私の母親は毒親…?」「私自身が毒親になってる…?」最近メディアでよくとりあげられるようになった毒親。いったいどんな行動や発言をする親のことをいうのでしょうか。具体的な例を通して紹介します。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google