この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。




今回お話を聞いたのはこのお二人!
(左)大衆ビストロLit 代表 高野翔さん (右)おみせ支援マスター 三浦桜子さん
詳しいプロフィールは文末で。

おみせ支援マスター三浦さんが「応援したい!」と選んだのは、女性が入りやすいカジュアルな雰囲気「大衆ビストロ Lit」

住みたい街に選ばれた“赤羽”。駅前の商店街には古くから続く居酒屋はもちろん、近年ではスイーツショップやおしゃれなカフェも立ち並びます。そんな赤羽にある「大衆ビストロ Lit」はオープンして数か月の新しいお店。女性でも立ち寄りやすい雰囲気とリーズナブルな価格で、すでに常連のお客様が通い詰めます。たまたまお店の前を通りかかったおみせ支援マスターの三浦桜子さんはすぐに「このお店を支援したい!」と思ったそう。

三浦:普段から食べ歩きや飲み歩きが大好きなんです。なので、いいな!と思うお店にはとにかく入ってみるタイプで(笑) おみせ支援マスターとして活動する中で赤羽を盛り上げよう! という話があって、最近は赤羽を中心に活動しています。Litさんは店構えも女性が好きそうな雰囲気。このお店を応援したい!と直感的に思ってまずはパンフレットをお渡ししようとご挨拶がてらお店のドアを開けました。

高野:三浦さんが初めて来てくれた時、僕は外出していたので後で三浦さんにもらったパンフレットを見せてもらいました。僕がこのお店をオープンさせたのは「人を楽しませたい。そして、赤羽を盛り上げたい」という思いからです。Litに来てくれるお客様に楽しい時間を過ごしてもらうため日々色々な工夫を考えているんですが、ちょうどクーポンサービスの導入を検討していたので三浦さんの提案はとてもタイムリーでした。料理が美味しいだけではなく、何か他とは違ったサービスがあることはお店を経営する上でとても大切なんですよね。

わからない事は丁寧に教えてくれる おみせ支援マスターの存在は心強い

三浦:どうしてもLitさんに導入を検討してもらいたかったので、数日後にもう一度訪ねました。時間はランチタイムが落ち着く頃にしました。今度はタイミングよく代表の高野さんにお会いできたのでマンガをお渡しして。高野さんはすごく話しやすくて、熱心に私の話を聞いてくれたんです。

高野:マンガを渡された時は驚きましたが、内容はとても分かりやすくサクサク読めました。例えばグルメサイトなども担当者さんがついて色々教えてくれたりするんですが、三浦さんも同様にすごく丁寧にサービスの説明をしてくれて。タブレットも実物をお店まで持ってきてくれました。使い方も詳しくレクチャーしてくれるので助かります。僕たちと一緒にお店を盛り上げたいという気持ちが伝わってきました。

何度も足を運んでくれて(笑) 結局、4~5回ぐらいは来てくれましたよね?

三浦:そうですね!高野さんをはじめ、お店のスタッフの方々がすごく歓迎してくれるのでつい何度もおじゃましてしまいました(笑) 

高野:“支援マスター”というだけあって、本当にきめ細やかに支援してくれてとても心強いです!

三浦:QRコード決済やスタンプカードのしくみは忙しい飲食店の店主さんはなかなかじっくり理解する時間がありませんよね。なので私たちおみせ支援マスターがスムーズに導入できるようサポートさせてもらえたらなと思っています。なんでも聞いてください!

―――おみせ支援マスターとして活動する三浦さん、訪問先のお店の代表 高野さんやスタッフの方々からも信頼され和気あいあいとした雰囲気です。まさにお店を支援しながら笑顔にする活動をされています。後半は、三浦さんの活動によりお店がどんな風に盛り上がってきたかをお届けします。

「おみせ支援マスター」とは?

“おみせ支援マスター”とは、自分が大好きなお店や商店街を応援する活動をする人のこと。自分のよく行くお気に入りのお店や、住んでいる地域のお店を盛り上げることで、お店に訪れる人々も活気づくお手伝い。具体的には“タブレットを活用してお店を繁盛させる方法”が書かれているマンガを渡し、タブレットがどんなものなのか簡単な説明をするだけ。

隙間時間や買い物に出かけたついでにお活動できて、お小遣いまで稼げちゃうという、お店にも自分にも嬉しいWinWinな活動なのです。

おみせ支援マスターになるには簡単3ステップ

STEP1:メールアドレス・パスワードを登録
STEP2:クイズ形式の検定を受講(初級)※間違えても何度でもトライできます。
STEP3:登録住所にマンガや認定証、スタンプ、ガイドブックが到着!

WOMeの読者が体験しています。詳しくはこちらの記事を読んでみてくださいね。
▶WOMe読者がおみせ支援マスターに挑戦! 保田梨江さんのスマイルデイズ

あなたもぜひトライしてみてください。

【キャンペーン情報】春だ!赤羽だ!もっと盛り上がろうよ!お得なキャンペーン大展開中!


東京都北区赤羽エリアでキャンペーンを開催します!なんと最大28,100円分のAmazonギフト券がもらえるチャンス!おみせ応援アプリ「みせもり」でをダウンロードして赤羽へGO!詳しくはキャンペーンサイトで。
キャンペーン期間:2019年3月1日(金)〜5月6日(月)
キャンペーンサイトはこちらから▶▶▶

今回対談してくださったお二人のプロフィール



おみせ支援マスター 三浦桜子さん

北海道出身。大学進学を機に上京。
実家がチーズの製造販売を行っていることもあり、美味しいものに目がない。地域活性の仕事がしたいという思いと食べ歩き、飲み歩きの趣味が高じて、“おみせ支援マスター”に!



大衆ビストロ Lit 代表 高野翔さん

キックボクシング選手から飲食業界へキャリアチェンジ後、大手居酒屋チェーン店でノウハウを学ぶ。ナンバーワン店長の経験をもとに「大衆ビストロLit」を赤羽にオープン。居酒屋甲子園での優勝を目指して日々奮闘中。

【撮影協力】大衆ビストロ Lit

赤羽駅から徒歩5分。カジュアルで明るい雰囲気で会話も弾みます。女子会にも◎。

質の良いお肉を地元から仕入れ、“肉料理”に自信あり。看板メニューの『肉盛り合わせ』は食べ応え抜群。

大衆ビストロ Lit
東京都北区赤羽1-40-6 1F
JR「赤羽」駅(東口)駅より徒歩5分
地下鉄南北線「赤羽岩淵」駅より徒歩5分

営業時間
ランチ/11:30~14:00
ディナー
(月~金)17:00~24:00
(土・日・祝)16:00~24:00







本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

PR情報をご提案いたします。

オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

【40代からの生き方】40代にもなれば「周りの目なんて気にしない。私は私」と自分軸を持って自立して生きたいですよね。ですがなかなか難しいのも事実です。いったいどうすれば自立して自信を持って生きられるのでしょうか? アメリカからお届けします。


結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

【専門家が解説・婚活はアラフォーが適齢期?】結婚の適齢期は何歳でしょうか。20代?30代?いえいえ、アラフォーでも適齢期の女性がいます。そんな女性のタイプとは?


宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター