40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】 | 大人のワタシを楽しむメディア
40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


1、楽な独身女性との女子会をやめた

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

アラフォーの独身女性が10人いたら5年後に結婚しているのはそのうち1人ぐらい。それぐらいアラフォーが結婚するのは難しいのです。しかし、できない訳ではありません。

「一体何をやったの⁉」

と知りたいあなた、その前に、彼女たちがやめたことをあなたもやめてみませんか? いろいろあるのですが、まず女子会をやっているという女性は即やめてください。女同士3人以上集まって飲んだり食べたり、ショッピングや旅行。これをやっていたら、結婚は“ムリ”です!

だって、そこで「いい男いないのよね」「そうだよね」と共感しあっていれば自分たちのことを普通と錯覚するでしょう。たまに男性とあっても、男性は相手の話に共感をしてくれません。「そうだよね~」「わかる!」という共感で成り立つ女子会トークに慣れてしまえば、男性と話しても楽しくないでしょう。それは相手の男性がつまらないのではなく、あなたが女子会ばかりやっているからです。

女子会は100害あって一利なし。女子という年齢でもないし、やめましょう。

2、“追っかけ”をやめて自分を応援する

自由に使えるお金と時間と労力を趣味につぎ込みすぎてしまって気がついたら40代だったという方もいらっしゃいます。

SMAP解散とともにジャニーズ熱が冷めたという方もおりました。ジャニオタの中でもレベルがあるんですね。テレビを見てたまにライブに行く程度の「茶の間」という人から、追っかけに力が入って全国ツアーをほぼ制覇する「オリキ」というレベルまで。

アイドルに限ったことではなく、スポーツ観戦や演劇もそうですが、一定レベルを超えたら日常生活が疎かになるでしょう。

私はハイキング好きですが、山の上には「日本100名山制覇した」「年間50日登ってます」と山でマウンティングしてくるおじさんに多々お会いします。「元気ですね」「すごいですね」と褒められ承認欲求を満たされ悦に入る彼らは果たして下界に適応しているのかなと余計な心配をしてしまう。

趣味に没頭、きっとめちゃくちゃ楽しいですよね。でも、アイドルを応援して他人の養分になるより、自分を応援してみないかい? やめろとは言わないけど程度を減らそう。

3、自分磨き、習い事、資格取得をやめる

Getty logo

キャリアウーマンや看護師などがハマるのが着物、エステなどの自分磨き。行ってもいいけど、それはなんのため? 自分磨きをたくさんしているアラフォーより、同年代の男性は結婚相手としてアラサーを選びます。必死で自分磨きをして自分を高めている女性は

「私たちに釣り合う男がいないから、独身なんだ」

って妙な理屈が成立してしまいませんか?

自分磨きをしても、男性目線の「いい女」になっているわけではない。「こんなに努力して頑張ってるから」と目的のない努力はただの娯楽でしょう。

事務職、非正規雇用の方がハマるのが資格取得や英語の勉強。キャリアカウンセラーの方からよく聞く話があります。
「ノープランで資格を取ってキャリアアップや転職をしようとする方が多い。資格を取って満足して、ただお金だけつかっているだけなのに」

資格だけ増えても、それは自分の自信にも経験にもならないのに、資格勉強する間は、不安が和らぐ。そうやって若さとお金が減るのは今すぐやめて欲しいです。

4、男の品定めをやめる

ある大手企業勤務の独身40代女性は、料理教室や着物やマナースクールにも通い自分磨きをしてきました。海外旅行で見聞を広め、同僚の独身女性とワインをあけては

「A、Bランクの男はもういない。ランクを下げてFランクの男と結婚してもね~」
「そうそう。私たちと釣り合う男がいないのよね。」

なんて話していたそうです。うわぁ~、性格最悪ですよね。

別の40代で結婚した女性は、噂話好きな独身女性と距離を置くようにしたそうです。結婚したアラフォー女性の旦那にたいし

「旦那さん見たよ。あんなおじさんとよく結婚するよね。妥協したのかな」

こんなことを平気で言っていたそうですが、自分だっておばさんなのに他人の決断を妥協しただのいう彼女と一緒にいるのは自分も同じレベルだと気が付いたそうです。

若くもなく、包容力もなく、自分を棚上げして男の品定めばかりの性格も最悪な女と誰も結婚したいと思うわけがないですよね。釣り合う男がいないんじゃなく、魅力がないだけという現実から目を背けないように。

5、行動しない言い訳をやめる

40代で結婚することになった看護師の方は、かつて

「婚活なんて、モテない人がやることだよね」

と思っていたそうです。

婚活という言葉が生まれた10年前、今よりももっと婚活のイメージは悪かった。

「必死すぎ」「そこまでしてやること?」

と受け入れられない方は大勢いたと思います。アラフォー世代はちょうどアラサーぐらいだったので、このイメージがあるのかもしれません。

とはいえ、自分の人生のために動くことってそんなにおかしなことだろうか。アラフォーになると、

「もう年だし」「やっても無駄でしょ」「婚活している男と結婚したいわけじゃない」

と行動しない言い訳ばかり。年々、傷つくのが怖くなりますよね。人との出会いは、拒絶の恐怖と隣り合わせ。相手の出方を気にしながら

「誘われるなら行ってやってもいいよ」

と男女とも自分から踏み出さない方が多いのです。

傷つくかもしれない。それでも私は、行動してと言いたい。未来に向けて。過去を見ていれば、今日が一番歳をとっているかもしれないけれど、未来をみて行動する人にとっては今日が一番若いんだよ。あなたはどっちにだってなれるのに。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連する投稿


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯住宅に両親と同居している夫婦の夜の営み事情。自分の親であれ夫の両親であれ、いるとなかなかリラックスして抱き合えないという話はよく耳にします。気を使うことに疲れてセックスレスになる可能性もあり、二世帯住宅でのセックスは難しい⁉ 実際問題どんな感じなのか、実例を元にお話しします。


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google