「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


「妻に従うのがイヤ」な夫の心理

たとえば、家族で遊園地へ行くことになったとき。「このルートで行こう」と夫が言うのは渋滞がひどいインターチェンジを通る高速道路。「一つ手前で降りて、下道を走ったほうが早く着くよ」と言ってみたら、ムッとしたように「下道だと時間が読めない」とブツブツ言う。

こんな夫の態度にはうんざりしますよね。自分のやり方以外は認めない、ほかの意見を受け入れたくないのは、「俺の考えが一番良い」というプライドがあるから。その裏には、「あなたに任せておけば安心ね」など褒めてもらいたい気持ちが隠れています。

妻の言っていることが正しい、そうしたほうが良いと思っても、素直に従うのは何だか悔しいし、気が付かなかった自分が恥ずかしくも感じるので聞き入れることができません。不都合があっても、「自分のやり方を通すこと」に意地になります。

ですが、褒めてほしいと思っても、結局妻の意見を無視してしまえばそんな言葉は出てきませんよね。「あーあ、やっぱり渋滞にはまっちゃった」とため息をつかれ、イライラだけが残ります。

こんな夫には、妻ではなく客観的な意見として話してみるのがおすすめです。「この道を通っていくほうが早いらしいわよ」と言いながらスマホを差し出してみると、夫の頭からは「妻に従う」意識が外れて目を向けやすくなります。

「ミスをしたくない」男脳を利用する

「そうね、そのルートが一番わかりやすいわね。でも、調べてみたらそのインターチェンジはいつも渋滞するらしいから、“みんな”ひとつ手前で降りて下道を走るらしいわよ」

こう言いながら、下道を走るルートをスマホで出して見せる。

「みんな」という表現で「大多数が選ぶやり方」を言われると、ミスをすることが嫌いな男性は「俺の選択は間違っているかも」と不安になります。「みんな」が選んでいるならそちらを検討したほうが良いと思い、とりあえず見てみようという気になるのですね。

大切なのは、「あなたの選択も間違いではないけれど」と最初に認めてあげること。自分もそれには賛成するけど、こんなやり方もあるみたいと示すことで夫の抵抗感をなくし、スムーズに聞き入れることを促します。

単純に「こっちのほうが早いと思うよ」と言うと、内容の前に「妻の意見」というフィルターがかかります。プライドが高い夫の場合はそれだけで聞く耳を持たなくなり、自分の意見に固執することも。

「妻に従うようでイヤ」「俺の選択はすごいと褒められたい」。こんな“男脳“は、「みんな」という自分より大きなものの意見には関心を持ちます。それを利用し、まずは「妻」としてではなく「みんな」の立場を使いましょう。

「褒められたい」欲求を満たしてあげる

Getty logo

一家の大黒柱として、夫は常に自分が家族をリードしていくことを考えます。遊園地に行くなら間違いのないルートでさっと移動し、「ありがとう」「さすがだね」と家族に言われたい。認められることで自分の存在意義を見出す男性は、ときに柔軟性を欠いて「認めさせたい」気持ちが強くなることがあります。

妻が「あなたに任せたら安心ね」と言ってくれると思ってルートを伝えてみたのに、返ってきたのは「こっちのほうが……」と自分の意見を否定する言葉。妻のほうには決してそんなつもりがなくても、期待する対応ではなかったことでまず夫はカチンときます。

「妻に従うのがイヤ」と思うのは、妻を下に見ているわけではなく「褒めてくれないから」。「さすがだね」と言われた上で「こっちのルートはどう思う?」と続いたら、夫は気分よくそちらを検討する気になれます。

「どう思う?」は男らしさを刺激する言葉。意見を求められるのは頼られている証であり、ふたりで話し合って妻の提案したルートに決定したとしても、「良かった。これで安心ね」と妻の笑顔を見れば夫は満足します。

男心は面倒くさい!?

「いちいち褒めてあげないといけないの?」とうんざりする妻もいるかもしれません。確かに、夫のプライドを満たしてあげないと自分の意見を聞いてもらえないなんて大変だし面倒くさいと感じますが、それでも、夫と衝突を繰り返して消耗するよりは前向きだと思います。

「褒める」「認める」を続けることで、夫の中から「妻に従うのがイヤ」の意識が消えていきます。受け入れてもらえることを実感するとプライドが引っ込んでいくので、自分の意見を否定されないことで妻への信頼も増していくもの、と考えましょう。

まずは夫の意見を認めてあげて、「みんな」と客観的な意見から入り、ふたりで話し合う。目指すのはお互いの気持ちを尊重しあえる姿勢です。褒めることで夫が満足することを忘れず、前向きな時間を心がけてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

夫からの誘いを断って1年、すっかりセックスレスに。まったく私に手を出してこない夫だけど、もしかしてほかの女性と浮気している?そんな疑いを持ったときは、無理に浮気の証拠などを探すのは止めましょう。その前に、まずはあなたへの関心を取り戻すことが先!セックスレスから浮気を疑ったときの対処法についてお話します。


40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

夫婦関係の専門家・三松真由美さんに「40代のセックス事情」について教えていただきます。「セックスなんかもう興味ないし」と、40代でセックスを卒業しようとしているあなたへ、多数の専門書の執筆経験もある三松真由美さんの愛あるひと言をお届けします。


産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後、心も体も不安定な時に子育てを手伝ってくれない夫。不満ばかり募って辛いけど、離婚するのはイヤ! そんな時は、自分の実家や夫の両親も育児に巻き込んで、味方になってもらいましょう。子どもが小さい頃からのお付き合いは、今後の生活にとっても大切です。両家との良いコミュニケーションについてお話します。


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

子どもの世話をするのは自分だけ。忙しい夫は育児にも私にも無関心……。「ワンオペ育児」で悩む妻は多いですが、諦めていては何も変わりません。恨みや憎しみが重なると、いずれ熟年離婚もありえます。そうならないためにも、もう一度夫を愛することから始めてみませんか? それでは具体的にどう接すれば良いか、お話します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

もともとは塗装などの際、はみ出して作業以外の場所が汚れるのを防ぐ目的で作られたマスキングテープ。最近は、かわいいデザインのものが続々登場し、インテリアやキッチン周り、雑貨のカスタマイズなど、さまざまな活用をしている女性が増えています。手軽に購入できて使い勝手のいい“マステ“で身の回りをオシャレに変身させましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google