【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


【はじめいたいこと:その1】夫とラブラブな日々を取り戻す♥

Getty logo

上のふたりの妻を見ていると、夫の状態をよく観察し、それに添って動こうとする気持ちがラブラブな状態を維持できる秘訣なんだな、と感じます。「こうするべき」のような決めつけがなく、ふたりにとって居心地の良いやり方を考えられることが、夫にとっても幸せで過ごしやすい妻。ふたりが揃えて口にするのが、「浮気の兆候は一度もない」です。

また、妻の状態が良ければ、夫もみずから動くことを考えつきます。家族を連れて遊びに行こう、妻が仕事中なら掃除をしよう、と前向きな行動が取れるのは、それを受け入れてもらえる安心感があるから。



実際にラブラブな夫婦生活を送っている方にラブラブの秘訣を教えていただきました! これさえ読めばラブラブな日々が戻ってくるかも⁉

実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

https://wome.jp/articles/2168

結婚して何年も一緒に生活をしていても、ラブラブな夫婦でいたい、そう思いますよね。新鮮な気持ちを失わないコツは、夫への関心を忘れないことにあります。実際に幸せな関係を続けている妻に話を聞いてみると、“行動”の大切さを改めて実感。具体的にどんなコミュニケーションを取っているのか、ご紹介します。

【はじめたいこと:その2】夫婦でセックストイを使ってみたい♡

Getty logo

西野さん:これなんかどうでしょうか? TENGAの商品なのですが、輪の部分を男性器に着けて使います。この状態で挿入するとやわらかい棒の部分が振動し、クリトリスを刺激してすごく気持ちが良いんです。クリトリスを刺激されるとオーガズムに達する女性は多いと思いますが、なかなか難しいんですよね。実際に「セックス時にオーガズムに達したことがあるか」という問いに「ない」と答えた方は38.3%いるんです。なのでこれを使っていただけるといいと思います。

―すごい! そんなものがあるんですね。アイテムを実際に使ってセックスしているカップルってどのくらいいるんでしょうか?

工藤さん:実際に使っている割合は分からないのですが、興味があるプレイということで「アイテムを使う」と答えた方は3割近くいらっしゃいます。また、「パートナーにアイテムを使うことを提案されたら使いたいと思うか」という問いに「思う」と答えた方はアラフォー女性では6割を超えています。さらに「アイテムの使用を提案してみたいかどうか」では5割弱の女性が「してみたい」と答えています。


セックスがマンネリ気味で楽しくないし気持ちもよくない。そんな声をよく聞きます。ならば! 視点を変えて夫婦のセックスにセックストイで刺激を与えちゃいましょう♡ 実は多くの女性がセックストイを使ってみたい、と思っているんです。

【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

https://wome.jp/articles/2123

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第三回目は初心者におススメのセルフプレジャーアイテムとパートナーと楽しむのにおススメのアイテム、そして夫婦のセックスレス問題についてお話を伺いました。

【はじめたいこと:その3】今年こそ美肌になる!

Getty logo

「綺麗になるには、まず、なにを変えればいいですか?」と聞かれたら、私は、間違いなく「クレンジングです!」とお答えします。化粧水や美容液は奮発しても、クレンジングは、「どうせ洗い流すものだから」と言う理由で、後回しにされがちです。

お選びのクレンジングの価格が、化粧水に対して半分以下になっていませんか? アラフォー世代になると、今まで気が付かないふりをしていた肌の衰えを実感し、いよいよ何かしなくちゃいけない!と感じる方が増えてきます。そんなアラフォー世代は「肌に栄養を与える」事には熱心ですが「落とす」事の重要さを見落としがちです。


スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんによると、美肌への第一歩は「クレンジング」だそうです。お肌の曲がり角を曲がりまくっているアラフォー女性の皆さま、必読です。

美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

https://wome.jp/articles/1654

新連載、アラフォーから始める美肌作り。第一回目はズバリ“クレンジング”です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに美肌の秘密をたっぷりと語っていただきます。

【はじめたいこと:その4】デリケートゾーン&膣のケア☆

Getty logo

「膣まわり」つまりデリケートゾーンは、女性の月経や排泄、セックス、妊娠、出産や閉経まで、長い人生のどのタイミングにおいても関係する、とても大切なゾーンです。しかし、自分では見たことも触ったこともない、という方もいらっしゃいますよね。顔やからだの他の部分は丁寧にケアをしているけれど、「膣まわり」は何もしていない、という方が多いのではないでしょうか。

そういった方も、今からでも遅いということはありません。これまでケアをしてこなかった方も、ぜひ始めるべきです。なぜなら、年齢を重ねるにつれて顔にシワやシミが増えるように、実は「膣まわり」も加齢とともに変化していくのです。「膣まわり」をケアしなければ、ムレやかゆみなどの症状からホルモンバランスが崩れてPMS(月経前症候群)が酷くなったり、膣の乾燥や萎縮によってセックスレスにつながっていくのを、知っていますか?

一方で、ケアをきちんとすれば、ニオイやかゆみの軽減はもちろん、冷え性の改善や尿漏れや子宮脱の予防、さらには肌や爪、髪のツヤ・ハリにもつながります。また、膣の委縮を予防することによってセックスレスの解消や、生理痛の軽減、更年期症状の緩和にも繋がるのです。なんとなく感じていたあなたの不快な症状や悩みも、膣ケアで改善できるかもしれません。


「やった方が良いんだろうな…」と思いつつも、やり方がわからないし、何だか面倒くさい、なんていう理由で先延ばしにしている方も多いと思います。ですが! 植物療法士の森田敦子さんの連載を読めばデリケートゾーンのケアがいかに大切か、やることでどんな良いことが起きるかわかります。ぜひお読みください。

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーンケア#1】

https://wome.jp/articles/1781

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!

【はじめたいこと:その5】夫婦間であってもきちんと避妊

Getty logo

学校にもよりますが、だいたい日本でいうと小学校中学年から始まって15歳までに学びおえます。1956年から義務化されていて「性教育」という科目で教わるというよりも、国語や歴史、科学など、いろいろな授業の中に「性教育」が混ぜ込まれているので、とても自然な状態で当たり前のこととして学ぶことができるんです。日本のように「保健体育」として独立していないんです。なのでもちろん男女わけて学ぶようなことはありません。避妊具のことも授業で教わります。日本のように避妊はコンドームとピルだけ、というようなことではなく、たくさんある避妊具について学ぶことができるんです。

――素晴らしいですね! 福田さんの「#なんでないの」の活動に繋がることですが、まず避妊具がコンドームとピル以外にあるということは日本ではほとんど知られていませんね。

そうですね。本当にもったいないし、本当に「なんでないの!?」と思います。あと、スウェーデンの性教育を語るのに欠かせないのが「ユースクリニック」の存在です。


夫婦間であっても子どもがいないのであれば避妊をするのは当然です。40代女性の中絶率は10代に次いで2位だということをご存知ですか? 「もうできないだろう」と思っていても生理がある間はいつ妊娠するか分からないのです。日本はピルとコンドームくらいしか避妊法が知られていませんが世界には多くの避妊具があるんです。避妊について知識を持っておくことは大人の女性として大切なことです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


夫が一人飲みすると…“セックスレス”or “浮気”の二者択一に!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#38】

夫が一人飲みすると…“セックスレス”or “浮気”の二者択一に!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#38】

夫に一人晩酌をさせていませんか?忙しい日々の中でなかなか一緒に晩酌をするのは難しいかもしれませんが、週に一度程度は一緒にお酒をのむ時間をもつか、もしくは妻がのめないのなら夫にお酒をやめてもらう日を作った方が良いかもしれません。夫婦関係を長持ちさせたいのなら…


セックスレス解消法大全【WOMe総力特集】

セックスレス解消法大全【WOMe総力特集】

セックスレスの原因は?解消するにはどうしたらいい?/セックスレス…カップルの数だけセックスがあり、カップルの数だけレス問題が付きまといます。日本性科学会は特別な事情が無いのに一か月以上セックスがないカップルをセックスレスと定義しています。そして、お互いがセックスを望まないのであればセックスレスとは定義しません。つまり、どちらかがセックスを望んでいて特別な事情が無いのにも関わらずセックスが無い場合を“セックスレス”というわけです。


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター